カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« アメリカとエルサルバドル民営化 | トップページ | 世界一の自殺大国・日本に政治なし »

2013年2月 9日 (土)

大熊町の除染作業員の大半は町民

Monday, January 14, 2013

大熊町の除染作業員の大半は町民、意味のない雑草刈りと表土剥ぎで被爆しながら、5年間は除染作業を続ける方針(1/12 福島民報)

 大熊町が「帰還困難」「居住制限」「避難指示解除準備」の3区域に再編され、10日で1カ月が過ぎた。居住制限区域で本格化した先行除染に取り組む作業員の大半は大熊町民で「自らの手で元の古里を取り戻す」と意気込んでいる。東日本大震災から1年10カ月となった11日、課題を抱えながらも歩みが始まった現地を取材した。

 居住制限区域に当たる町南部の大川原字南平では防護服姿の作業員約90人が約20ヘクタールの田んぼで、先行除染の一環の雑草刈りをしていた。まだ半分も終えていないが、その次には、表土剥ぎが待っている。重機が入れない山林もある。工期の三月末まで、時間は少ない。
 作業員の多くは地元の建設会社などに勤務していた。自前の重機を提供して作業に加わる果樹農家もいる。県内で不適切除染が問題になっているが、現場を指揮する相双リテックの塚本泰英CEO兼会長(48)は「古里のため使命感を持って作業している人たちばかり。手抜きは起こり得ない」と言い切る。
 厳しい現場だが、来週には地元商店が弁当を届けるサービスを始め、飲み物の自販機も設置される。昨年の意向調査で45%の町民が「戻らない」と回答したが、塚本さんは「町に戻るかどうかは別にして、同じ町民が汗を流す現場を一度見てもらいたい」とつぶやいた。
 平成25年度は居住制限区域と避難指示解除準備区域の本格除染が行われる。町はこの他、高線量の帰還困難区域で市街地のモデル除染を行うよう、国に働き掛ける考え。町は全区域とも最低5年間帰還できないとの方針だが、担当者は「この5年で除染効果を町民にどれだけ示せるかが勝負」と話している。

http://www.minpo.jp/news/detail/201301125981
 
  • 以上は「東京江戸川放射線」より

根本的な除染は困難です。このように地元民に除染をやらせて、結果が悪ければ自分達の除染が悪かったからと逃げることができます。酷いことです。チエルノブイリの例からも除染は無理なのです。今後数百年間は人が住めない土地になります。場所に寄れば半永久的に住めない場所になるのです。少し知識のある人であればすぐにわかることですが、それを地元民の知識がない事を良いことにして、さも除染可能なことであるように騙してやらして逃げる策略などは悪徳役人の良くやる手段です。健康被害が出る頃には担当役人は既に退職して知らぬ存ぜぬで逃げるだけです。結局損するのは騙される地元民なのです。現代版会津の悲劇です。歴史は繰り返すようです。    以上                     

« アメリカとエルサルバドル民営化 | トップページ | 世界一の自殺大国・日本に政治なし »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大熊町の除染作業員の大半は町民:

« アメリカとエルサルバドル民営化 | トップページ | 世界一の自殺大国・日本に政治なし »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ