カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 自然再生エネルギーの一つ、磁力発電 | トップページ | 石原慎太郎を操るヘリテージ財団の知られざる闇(2/2) »

2013年2月11日 (月)

伊達市立小国小学校、高濃度の場所で開校とは驚いた!

こんなとこで小学校なんかしちゃダメじゃないか、伊達市立小国小学校!

伊達市立小国小学校
小国小学校

校庭で、0.35マイクロもあるじゃないか。




通学路の1Mの高さで1.5マイクロ、側溝で70マイクロもあるじゃないか。

こんなところでまだ学校なんかやっていたのか、信じられん。

全村避難の飯館村よりも線量が高いところがあるというのは、ここのことか。


民の声新聞
地域を荒らすだけ荒らした「特定避難勧奨地点」制度~高線量は変わらぬ伊達市霊山町下小国地区

これだけの汚染地帯で農業をやって誰が買ってくれると思っているのか。

ベクレルが出たとか出らんとか以前の問題だ。住民はなぜ一丸となって伊達市役所に殴りこみをかけないのか。
厳しく訴えかけないのか、このままでは被曝者続出となるぞ。そして誰もいなくなるぞ。

命がかかっているのだから、猛然とアタックしても誰も非難する人はいない。
そのやる気がないと本当に国や県や市に殺されてしまうぞ。


原発村の茨城県は馬鹿が多いと笑ってみていられるが、福島県は悲惨すぎる、見てると腹が立ってきてイライラする。だから、しばらく遠ざかっていたのだが、また福島県民に警告を発し続けなければならない。

人のよさそうな県民が多そうで、哀れでならない。


戦わないと、こどもが死んで、子孫が絶えるぞ!!!

以上は「原発は今すぐ廃止せよ」より
このような放射能汚染地区で学校が開校されていることは理解出来ません。当然子供に健康被害が出ることは承知のうえでやっているので関係者は皆犯罪を犯していることになります。知りませんでしたではすまない重大なことです。現代のアウシュビッツです。歴史的な犯罪が現在進行中なのです。どうして誰も意義を申し出ていないのか不思議です。地元民の考えが理解出来ません。子供が殺されるというのに親御さんたちはそれをただじーと見ているだけなのでしょうか放射能で思考停止になってしまったのかも知れません。哀れなことです。このような事は真似しないようにしたいものです。  以上

« 自然再生エネルギーの一つ、磁力発電 | トップページ | 石原慎太郎を操るヘリテージ財団の知られざる闇(2/2) »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊達市立小国小学校、高濃度の場所で開校とは驚いた!:

« 自然再生エネルギーの一つ、磁力発電 | トップページ | 石原慎太郎を操るヘリテージ財団の知られざる闇(2/2) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ