カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 「火星のシャドウ・プロジェクト」:太陽系をまたにした「奴隷貿易」の開始か? | トップページ | あらゆる手段で「光」を求める生命:松果体の意味 »

2013年2月20日 (水)

日本の原発、当初の図面もなく廃炉も困難な状況に

東京電力 福島第1原発2号機の正確な図面がない事が発覚

NEW !
テーマ:
2号機、穴開けたら予想外の配管 東電福島原発、調査難航も

東京電力は28日、福島第1原発2号機の原子炉建屋で、圧力抑制室周辺を

調べるため上の階の床に開けた穴の先に、調査の障害となる予想外の配管

などが見つかったと発表した。今後の調査は難航も予想される。


東電によると、穴の真下に複数の配管や格子状の鋼材などが通り、調査機器を

下ろすスペースがほとんどなかった。

東電は「図面を見て穴の位置を決めた」としているが、重要施設の内部を

正確に把握できていない実態が露呈した。

東電は2号機の圧力抑制室を収める「トーラス室」という空間で、溶けた

燃料がないか確認し放射線量を測る調査を計画。

カメラや堆積物を採取する装置などをつり下げて調べる方針だった。

ソース
http://www.47news.jp/CN/201301/CN2013012801002181.html

原発の廃炉の問題点の一つに、正確な図面がないという問題点があります。

Wikiより引用

20世紀半ばから建設された原子力発電所では数十年の運転を終え廃炉と

なる原子炉が増えてきたが、建設当時の設計図が無く解体作業用ロボットが

作成できない、そもそも廃炉を前提とした造りではない等で作業に大きな支障が

出てきている。火力発電所であればボイラーなどに立入って確認できさらに

直接解体できるが、原子炉では長年の運転により放射化が激しくなかなか

立入れない状態となっているため建設当時の設計図が必要。

1970年~80年代は設計図を保管する義務がなかった事から資料の劣化が

激しく或いは散逸して問題に直結している原子炉もある(東海発電所)


(NHKスペシャル 原発解体~世界の現場は警告する~)

ソース
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BB%83%E7%82%89

ちなみに福島第1原発の1号機~6号機は1970年代に運転を開始したので

当時は設計図を保管する義務はありませんでした。

私のtwitterのURLです。フォロワーになっていただけるとプログ更新を早く知ることができます。
https://twitter.com/#!/Matufuji1216
以上は「まっちゃんのブログ」より
原子炉の設計図も保管していないとは、日本の原子力行政が如何に杜撰なものかを物語る一つの例と言えるでしょう。これでは廃炉もままならないことになります。元々日本には原子力を扱う能力がないのです。子供の火遊びと同じものです。福島原発事故は起きるべくして起きたと言えます。日本にはその資格も能力もないのです。  以上

« 「火星のシャドウ・プロジェクト」:太陽系をまたにした「奴隷貿易」の開始か? | トップページ | あらゆる手段で「光」を求める生命:松果体の意味 »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の原発、当初の図面もなく廃炉も困難な状況に:

« 「火星のシャドウ・プロジェクト」:太陽系をまたにした「奴隷貿易」の開始か? | トップページ | あらゆる手段で「光」を求める生命:松果体の意味 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ