カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 遺伝子組み換え作物の危険性 | トップページ | アメリカの平均寿命は先進国中で最低 »

2013年2月 2日 (土)

首都圏に流通している宮城県産米、基準値超の放射能検出

首都圏に流通している宮城県米、自家消費用に生産したコメ16袋全てから基準値超の放射性セシウム検出。回収を要請するも昨年11月以降に出荷済み(1/10 朝日新聞)

 宮城県は10日、同県栗原市の旧沢辺村地区の農家が生産したコメから、国の規制値(1キロあたり100ベクレル)を超える最大240ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。

 規制値が変わった昨年4月以降、福島県以外で基準を超える放射性物質が検出されたのは初めて。

 宮城県が昨年12月、この農家が自家消費用に生産したコメ16袋(1袋30キロ)を検査。全ての袋から1キロあたり110~240ベクレルが検出された。県は、同地区に出荷の自粛を要請し、全袋検査を始めた。同地区のコメは同11月以降、首都圏や東海、近畿に39トン流通しており、県は同日、卸売業者に回収を要請した。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130110-OYT1T01250.htm
関連記事
以上は「東京江戸川放射能」より
これらは氷山の一角です。もう既に出荷されて消費されているものと思われます。汚染食材をどんどん国民に食べさせて人口削減しようとしている模様です。今はあらゆる手を使い次元の低い人間から間引く方針のようです。注意深くて放射能汚染を回避できる次元の高い人だけ残す方針のようです。何れ日本も人口半減となるものと思われます。「3.11テロ」はそもそもその目的があり実行されています。                               以上

« 遺伝子組み換え作物の危険性 | トップページ | アメリカの平均寿命は先進国中で最低 »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首都圏に流通している宮城県産米、基準値超の放射能検出:

« 遺伝子組み換え作物の危険性 | トップページ | アメリカの平均寿命は先進国中で最低 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ