カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« アメリカにおいて真実に未来はあるのか? | トップページ | ファーストフードに子供の喘息と関連性か »

2013年2月 8日 (金)

インスリン注射不要な糖尿病治療に光明

インスリン注射不要な糖尿病治療に光明、米豪研究

三次元構造の人間のインスリン細胞外ドメイン(スクリーン上の黄と赤部分)にインスリン(同白部分)が結合する方法を検証する豪ウォルター・アンド・イライザ・ホール医学研究所(Walter and Eliza Hall Institute)のマイク・ローレンス(Mike Lawrence)准教授(2013年1月10日撮影)。(c)AFP/Walter and Eliza Hall Institute

【1月11日 AFP】インスリンの働きを分子レベルで位置付ける画期的な研究結果が、10日の米科学誌ネイチャー(Nature)に発表された。インスリン注射の要らない糖尿病治療が可能になるかもしれないという。

 米豪の合同研究チームは、ホルモンの1種であるインスリンが細胞の表面に結合し、血液からグルコースをエネルギーとして取り込む仕組みを分子レベルで詳細に提示することに初めて成功した。

 研究を主導したマイク・ローレンス(Mike Lawrence)氏によると今回の研究では、インスリンと細胞表面のインスリン受容体との「分子レベルでの握手」が解明された。同氏は「インスリンとその受容体の双方が相互に作用しながら再構成を行っている。インスリンの一部が開き、受容体の主要な部分が移動してインスリンに働きかけようとする」と説明し、「珍しい」結合方法だと表現している。

 ローレンス氏によれば、今まではインスリンがどのように受容体に結合するのかが分かっていなかったため、新しい種類のインスリンの開発には限界があった。しかし、今回の発見が「注射以外の治療法に道を開く新種のインスリンや、効果の向上や長期化によって頻繁に注射する必要がなくなるインスリンの開発につながるのではないか」(同氏)という。

 またローレンス氏は、現在より安定した冷蔵保存の必要ないインスリンの開発も可能になるため、発展途上国での糖尿病治療をも変えるだろうと語った。インスリンが関与するがんやアルツハイマー病といった疾患の治療にも応用できるという。(c)AFP/Amy Coopes
以上は「AFP BB NEWS」より早く実用化して欲しいものです。  以上

« アメリカにおいて真実に未来はあるのか? | トップページ | ファーストフードに子供の喘息と関連性か »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インスリン注射不要な糖尿病治療に光明:

« アメリカにおいて真実に未来はあるのか? | トップページ | ファーストフードに子供の喘息と関連性か »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ