カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 群馬県・赤城大沼のワカサギはいまだ食べられず | トップページ | アンドロメガ銀河の周囲で起きている異変 »

2013年2月 1日 (金)

極端な気候の変化に備えること

極端な気候の変化に備えること

2013-01-09 11:35:05 | 自然現象

北極海温暖化で日本は厳冬に 海洋機構 氷減少、寒波招く(北海道新聞1月7日朝刊掲載)

地球温暖化で北極海を覆う氷が減少すると、日本の冬は寒くなる―。そんな意外な気候変動の仕組みが、独立行政法人・海洋研究開発機構(神奈川県横須賀市)の研究で分かった。北極海の氷の面積は昨年、過去最小を記録。これが今冬の全国的な寒波や、道内の大雪に影響している可能性が高いという。研究者は「地球温暖化が改善されているわけでなく、北極海の氷の状況を注意深く見守っていく必要がある」と警鐘を鳴らしている。

研究チームが同海で結氷面積と周囲の気圧配置を調べたところ、通常はシベリア沿岸部を東に移動する低気圧が、氷が少ない年ほど北極点に近い北寄りのルートを進む傾向にあることを発見。氷がなくなったことで地表付近の気温が変化した影響とみられ、その結果、シベリア高気圧が北極域まで張り出して、より強い寒気を南へと押し出していることを確認した。

(感想)
これは北極海の氷減少により、気圧配置が変更されることでの日本の厳冬を予測しています。
私は、北極海の氷減少で溶け出した低温海流と気温の低下を考えていました。(http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/7cc8eaf814fec74ca6f9b8d9e983ff5d
とにかく言えますことは、北極海と南極海の氷の量が、これからの地球の気温を大きく左右することが検証され始めています。

去年の12月にロシアなどを襲った記録的な寒波は10日間以上続き、 ロシアは首都モスクワでマイナス25度、シベリアで同50度近くまで下がり、凍死による死者数は12月25日までに123人となり、 寒波に慣れた東欧や旧ソ連諸国でも最悪の被害を出しています。
このほかウクライナで83人、ポーランドで57人が凍死しました。

これと対照的に南欧では異常な暖冬となっており、先月のクリスマスにはフランス南西部やイタリア・シチリア島では22~ 24度まで気温が上がり、例年より最大10度ほど温暖な気温を観測しています。
異常な低温と高温が、同じ大陸内で生じ始めています。

このような現象で感じますことは、これから異常乾燥と水不足に悩む地帯と、異常な豪雨・降雪被害に遭う地域が発生し始めることを思います。地域により、極端な気象に成る感じがします。
日本は水不足には一部を除いて成りませんが、大陸側の近隣国では水不足と砂漠化が深刻に進む感じがします。
やはり日本は、近隣国からは恵まれた宝の島に見えて、狙われることでしょう。しかし、原発事故が逆に幸いして、これを防止することにも成る意味を感じます。
後は、この日本で安全に暮らせるように日本人が進化することが大切です。

これには、日本人特有の遺伝子に意外なカギが隠されている、太古からの意志を感じます。
ユダヤ人と日本人の遺伝子と、放射線の耐性を調べることで、全人類に効果する放射線へのワクチン?のようなものが製造出来ると脳内に啓示されます。
遺伝子治療の研究過程において、放射線との関係に着目する研究者が出れば、ノーベル賞が取れるでしょう。

ところで、年が開けて以来、新年からの太陽黒点数が凄く多いです。(http://swc.nict.go.jp/sunspot/

年月日(UT)    黒点数   

2012年12月28日  54 
2012年12月29日  49 
2012年12月30日  37 
2012年12月31日  87 
2013年01月01日  99 
2013年01月02日  90   
2013年01月03日  116 
2013年01月04日  167 
2013年01月05日  181 
2013年01月06日  186 
2013年01月07日  196 
2013年01月08日  144

これは、地球内部を電子レンジ効果で温度上昇させて、北極海の氷の融解を促進し、火山活動の活発化にも影響すると感じます。

人間には、偏頭痛と異常な眠気を起こさせることでしょう。
とにかく心臓への違和感と頭痛を感じる人が、黒点数と比例して増加すると感じますから、短い仮眠を挟むなどして自分の肉体への配慮をして欲しいです。
若い人でも、心筋梗塞による突然死に注意したほうが良いと思います。適度な運動は大事ですが、過度な運動や肉体疲労には注意が必要です。

黒点数による太陽電磁波の増加は、人類を進化させる有り難い刺激だと思って頑張りましょう。
怖がる人にはマイナスに作用し、黒点数にも放射線にも感謝する人には進化と耐性をもたらすと真剣に私は思っています。この仕組みについては、遺伝子の話と合わせて、時期が来れば話したいと思います。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

注意報のまとめ(http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html 防災用品http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
以上は「伊勢ー白山道」より

これも「地球大異変」の影響です。以上

« 群馬県・赤城大沼のワカサギはいまだ食べられず | トップページ | アンドロメガ銀河の周囲で起きている異変 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 極端な気候の変化に備えること:

« 群馬県・赤城大沼のワカサギはいまだ食べられず | トップページ | アンドロメガ銀河の周囲で起きている異変 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ