カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 福島県の子供たちに体調異変が急増か! | トップページ | 伊達市立小国小学校、高濃度の場所で開校とは驚いた! »

2013年2月10日 (日)

自然再生エネルギーの一つ、磁力発電

自然再生エネルギーの1つ磁力発電!! これは面白い!

まさに、エーテル発電機だ・・・
残念ながら、動画では具体的には分からないが、
きっと、
佐野千遥博士が講演した原理と同じものだ・・・?!

 その講演とは、『あれは、太陽が子供(惑星)を産む歴史的瞬間?!!』として、拙ブログでも取り上げさせて頂いたが、その内容を彷彿させる。

 サイトも立ち上げていらっしゃる。

Data10


 SATOさんと呼ぶらしい。

 まさにエンジニアリングが先行した形だ。原理は佐野千遥博士に詳しい。

 それにしても、宇宙観が大きく揺らいできている。『どこでもドア』(異空間経由の瞬間移動)も製作中らしい。テスラ・コスラの日本版がそこに見られる。

76


 しかし、相当ひなびた場所で、一人(?)コツコツ取り組んでおられる姿が、孤高の天才を彷彿させる。相当、人間の裾野に広がっているものと喝破する。

Jitak12


 もうすぐ、地平は開かれるだろう・・・・。

 その巻頭言だけを紹介しておこう。

【転載開始】自然再生エネルギーの家 (※転載者の責任で段落を付けた)

私のホームページにようこそ、

 私の家は深い山の中にあります、すぐ前には水力発電所があり下には渓流が流れています某大手企業会長が邸を作りたいと来られた事もあります、

 私の自宅は特 殊な密閉構造になっています地下部分半地下部分地上部分と3つのブロックに分かれています、これは万一何かが起きて過酷な環境になった場合に備えて作った為です

 今回の原発事故ではこの構造が役に立ち内部の放射能レベルは外部の10分の1以下で事故以前とほとんど同じでした、

 原発事故の時には非常用の発電機を動かしていました、停電が3日程度続いていましたので、あの時には放射線検出器が通常では有り得ないレベルになり警報が鳴りっ放しになりました、某国の核攻撃でも有ったのか思った程です、

 大災害に乗じて他国に侵攻する事は軍事戦略として有り得る事でしたので、しかしその後に原発事故とわかりある意味で ほっといたしました、想定された事でしたので東電さんが40年過ぎた福島原発1号機2号機を引き続き使用するとの判断をなさった時から遅かれ早かれ事故は起きるものと想定していましたが以外に早く起きた事は予想外でした、

 問題は停電が長引くにつれて燃料の供給がひっ迫しまして燃料の入手が困難になり自家発 電も連続発電が厳しい状態になりました今回の経験を生かし燃料の入らない自然再生エネルギー磁力発電装置を製作し地下の発電室に設置しました、

 磁力発電は数年前より開発を続けていましたので短時間で実用機を製作出来ました、、まだトラブル続きですが必ず自宅の全電源を賄うのを目的に鋭意改良を続けていま す、原理的には100万Kクラスの発電装置も可能ですので原発の替わりになる発電システムとして私個人は期待して開発しています。【転載終了】


自然再生エネルギーの1つ磁力発電を毎日使用して節電しています。


転載開始】公開日: 2012/07/02         

 

   自然再生エネルギーは太陽光や風力だけではありません強力な永久磁石の吸引と反発力を使った磁力発電も自然再生エネルギーの1つです。 

永久磁石の吸引と反発力を使ってエネルギーを取り出せないかというアイデアは誰でも考える事で す、しかし専門家は出来ないと言われますなぜならそのエネルギーがどこから来­るのか説明が付かないからです、でも実際に装置を製作すれば動き太陽光も風力もとても真似の出来ない大出力の電力を安定して取り出せます、これは磁力磁場というものがわか­っている様で実際はその本質はあまり良くわかっていないからだと思います、磁力についてはわからない事ばかりなのです。

磁力発電の特徴、
1.燃料といわれるものを必要としない、ただし磁力低下の事はデータ不足で不明
2.環境気象の影響をまったく受けない、宇宙空間でも海低でも真空でも嵐でも
 無風でも夜でも安定的に発電できます
3.二酸化炭素の排出もありません、
4.ただ起動の時や制御システムの別電源が必要です、
5.小規模装置では必要電力が発電電力を上回ります、少なくとも500W以上の
 規模でないと発電電力が必要電力を超えません
6.この事から磁力発電システムは大規模発電システムに向いています
7.磁力発電システムは原発の様な危険性はまったくありません、
8.設備費用も保守点検費用も原発の1万分の1以下です。

  現在私は太陽光発電と組み合わせたハイブリット発電システムとして使用しています、磁力発電を使い始めてからほぼ3ヶ月以上経ちました、磁力の低下はまったくありません、
­詳細は私のホームページの開発日記に書いてありますが重故障はローター主軸ベアリング外れて振動過大緊急停止一件しかありません、電力も安定しています し、 原発廃止の国民的議論が日本のあちこちで起こりデモも毎週起こっていますが、 個人的見解ですが磁力発電システムは十分原発の替わりに成り得るもの という確信を得ております、日本の未来の電力を原発に替わって担う発電として検討してもらいたいと思い­ます、私も全面的に国民の一人として協力いたします。

ここに来まして見学に来られる方が急増しています、原発廃止が国民全体の70パーセントになっていますので原発に替われる発電システムを探しているのでしょうが、磁力発電
­装置が実際に稼働しているのを見て大抵の皆様はヒビリます、回転する迫力が段違いに凄いからです、装置全体が振動していますので「これは凄い装置だと」いう評価が多くでて­いる事も御報告いたします。

エンジニアの方の評価は磁力発電は完全に人間が制御できるのでベストだとの事です、太陽光や風力は勝手に発電し勝手に停止する実に勝手気ままな発電方式だそうで制御できな
­いとのお話でした、磁力発電は火力と同様出力を自由に変えられますし、起動停止もスイッチ1つで操作できます、必要な時に必要量の電力を簡単に送れますので実に使い勝手が­良いとの評価を得ています.

政府の試算では2030年までに原発をゼロにすると電気料金が今の2倍になるとの事ですが、磁力発電を現在の原発と火力の分全てに替えますと2倍どころか今の30パーセン
­ト以下の料金になり、二酸化炭素排出ゼロの発電方式なので25パーセント削減も十分余裕を持って実現できます、ただ磁力発電は理論的に解明されていない部分が多くありそこ­が障害になっていますが、理論は不明でも使い方はわかっていますので、個人では限界がありますのでここは国の関係者の皆様が御英断を持って試験的にでも試作プラントを作り­実際に使って見るべきだと私は思います。

実は磁力発電装置は私が個人的に開発しています時空間移動システムに大電力を供給する為に先行して製作していたものなのですが、例の大震災で予定を変更して自宅にも給電す
­る事にしたものなのです、時空間移動システムの製作過程は順次動画として発表して行きます興味のある方は御覧下さい。

 

御参考資料、私のホームページです、 http://www7.ocn.ne.jp/~sato4862/【転載終了】

« 福島県の子供たちに体調異変が急増か! | トップページ | 伊達市立小国小学校、高濃度の場所で開校とは驚いた! »

宇宙文明」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自然再生エネルギーの一つ、磁力発電:

« 福島県の子供たちに体調異変が急増か! | トップページ | 伊達市立小国小学校、高濃度の場所で開校とは驚いた! »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ