カテゴリー

  • 3.11テロ9.11テロ
  • gesara nesara
  • アベノミクス破綻
  • アメリカ合衆国・内戦
  • ウクライナ紛争
  • ゲサラ・ネサラ
  • コロナワクチン
  • サル痘
  • ジャーニーズ事務所問題
  • スポーツ
  • スマートシテイ
  • デジタル通貨
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マイナンバーカード
  • マスコミ
  • レプリコンワクチン
  • 世界大恐慌
  • 世界政府
  • 中東戦争
  • 二パウイルス
  • 人口削減
  • 人工地震
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 大阪・関西万博
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 岸田軍拡大増税
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 憲法改正
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 政権交代
  • 文化・芸術
  • 新世界秩序
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日本の開国
  • 日本の隠蔽体質
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 汚染水・(処理水)。海洋投棄
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 紅麴
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 能登半島地震
  • 自然災害
  • 裏金・パーテイ券問題
  • 趣味
  • 遺伝子治療
  • 食料危機
  • 鳥インフルエンザ
  • mRNA
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« 新思想:第一部、前史、ヘ・人類極限時代の観念機能(15) | トップページ | 日韓トンネル計画着々と »

2013年3月 8日 (金)

日本の核武装を阻止せよ(2/2)

日本の戦争の芽を摘むのは国連の責任 (2)

 

 (4)違言。日本の村山富市首相はかつて侵略戦争の犯罪行為についてアジア太平洋の人々におわびした。だが、現在日本の右翼分子はこれと矛盾した言動をし、南京大虐殺、性奴隷的酷使、細菌戦などの戦争犯罪を頑として否認している。A級戦犯14人を祀る靖国神社を日本の多くの政治屋が頻繁に参拝し、ファシストの霊魂を呼び戻している。日本が戦争問題を深く反省しなければ、日本の武士道精神から再び軍国主義が派生する可能性がある。

 国際社会は日本の背信行為を断じて放任してはならない。国連はなおさらに当時の国際連盟のように、日本の軍国主義の動きに対して宥和政策をとってはならない。さもなくば、大きな災禍を招くのは必至だ。前人の失敗は後人の教訓である。

 国連はいくつかの中・小国に対しては何かと制裁を発動し、核査察を行う一方で、日本の核の動きと再武装の意図については見て見ぬふりをするというダブルスタンダードを用いてはならない。今国連は果断な措置を講じて、日本の核武装の傾向と戦争の兆候の息の根を揺りかごのうちに止めなければならない。日本の核物質備蓄の状況と用途を綿密に調査し、その核カードを完全に透明化させる。これも日本国籍の天野之弥IAEA事務局長にとって試練だ。国連は日本の右翼分子・団体の中の一部の過激分子を制裁のブラックリストに入れ、こうした団体を「テロ組織」のリストに入れ、戦争やテロ活動に用いられないようその海外資産を凍結すべきだ。日本が平和憲法を改正し、再武装の道を歩もうとするのなら、国際社会はエネルギー、貿易、運輸、銀行、保険など多くの分野を含む対日制裁を発動し、武器製造に転用可能な物資の対日輸出を禁止して、日本を強制的に平和的発展の道に戻らせるべきだ。

 日本の右傾化に対して痛棒を喰らわすことができるか否かによって、国連の正義、公平性、権威が試される。国連が中・小国に対しては正当な活動にも制限を加え、日本という大国に対しては違法な活動も許すということがあってはならない。(編集NA)

 以上は「人民網日本語版」2013年1月16日より

  「3.11テロ」攻撃を受けた日本政府は、未だその反省もせずに却って右傾化しつつあり、大飯原発再稼働をして引き続きプルトニウム生産を強行しているようです。今年の参議院選挙で2/3の議席を得て、憲法9条を改正して本格的な再軍備を目指しています。もちろん核武装も当然です。軍事力を背景にしたファッショ政治を進めるためです。第二次世界大戦の雪辱を期す狙いがあります。しかしこの狙いが予定とおり行くかどうか甚だ疑問です。福島原発事故で既に放射能汚染で東日本地域は何れ人が住めない方向に進んでいます。ここで核武装の動きが出ればすぐさま第二の原発テロ事故が起きます。今度は西日本が放射能汚染される番です。これで日本は完全に崩壊してしまいます。それでも再軍備するのかどうか世界がじーと見守っているところです。以上

« 新思想:第一部、前史、ヘ・人類極限時代の観念機能(15) | トップページ | 日韓トンネル計画着々と »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の核武装を阻止せよ(2/2):

« 新思想:第一部、前史、ヘ・人類極限時代の観念機能(15) | トップページ | 日韓トンネル計画着々と »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ