カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 自民党「新派閥」の研究(4/5) | トップページ | 新思想:第四部、場の転換、ト・本源集団の再生(38) »

2013年3月30日 (土)

東京のカナダ大使館で福島放射性降下物は225,000BQ/m2

東京のカナダ大使館で福島放射性降下物は225000 Bq/m²

  pochifxの投稿
テーマ:
http://enenews.com/study-fukushima-fallout-at-tokyo-embassy-was-225000-bqm%C2%B2-exceeds-limit-set-for-radiation-control-zones
考察:東京のカナダ大使館で福島放射性降下物は225000ベクレル/㎡であった - 極東放射線管理区域に設定された制限を超えて

発行:11:28 2013年3月22日はET午前

タイトル:周囲のガンマ線量率と福島原発事故の時に東京のカナダ大使館で採取した土壌試料と核分裂生成物の推定の在庫
出所:Radioanalyticalと核化学誌
華チャン、ユダフリーゼ、クルト·アンガーの著者:
日付:4月2013年、296巻、1号、ppの69から73

本研究では、土壌のサンプルは放射性降下物中の放射性核種の濃度は、総放射性降下物のインベントリ、関心の放射性核種の深さ分布を推定する目的で、2011年3月23日と5月23日(福島県から約300キロ)は、東京のカナダ大使館で収集したそして、この限られた場所で高い周囲ガンマ線量率。いくつかの核分裂生成物とアクチニドはガンマ線スペクトロメトリー、アルファ分析および液体シンチレーションカウンターを用いて分析した。131I、132I、134Cs、137Cs濃度、136Cs、132Te、129mTe、129Te、140Baと140Laの上昇放射能濃度レベルは、3月23日に収集した第一の試料中のガンマ線スペクトロメータで測定した。二ヶ月事故後、134Cs及び137Cs線のみ検出可能な核種となった。3.0 g/cm2の質量弛緩の深さは土壌コアに含まれるセシウム137の深度分布での活動によって決定された。総放射性降下物の在庫は、このように月のサンプリング日に月のサンプリング日と25 kBq/m2で225 kBq/m2として算出した。[...]

また、東京から: "セシウム検出は、1平方メートル当たり23万ベクレル、コントロールゾーンからアイテムを取ってから1を制限する放射線管理ゾーンに設定された制限と同じ高さの6倍だった。"


Study: Fukushima fallout at Canadian embassy in Tokyo was 225,000 Bq/m² — Far in excess of limit set for radiation control zones

Published: March 22nd, 2013 at 11:28 am ET

Title: The ambient gamma dose-rate and the inventory of fission products estimations with the soil samples collected at Canadian embassy in Tokyo during Fukushima nuclear accident
Source: Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry
Author:  Weihua Zhang, Judah Friese, Kurt Ungar
Date: April 2013, Volume 296, Issue 1, pp 69-73

In this study, soil samples were collected at Canadian embassy in Tokyo (about 300 km from Fukushima) on 23 March and 23 May of 2011 for purposes of estimating concentrations of radionuclides in fallout, the total fallout inventory, the depth distribution of radionuclide of interest and the elevated ambient gamma dose-rate at this limited location. Some fission products and actinides were analyzed using gamma-ray spectrometry, alpha spectrometry and liquid scintillation counting. The elevated activity concentration levels of 131I, 132I, 134Cs, 137Cs, 136Cs, 132Te, 129mTe, 129Te, 140Ba and 140La were measured by the gamma-ray spectrometer in the first sample collected on 23 March. Two months after the accident, the 134Cs and 137Cs became only detectable nuclides. A mass relaxation depth of 3.0 g/cm2 was determined by the activities on the depth distribution of 137Cs in a soil core. The total fallout inventory was thus calculated as 225 kBq/m2 on March sampling date and 25 kBq/m2 on May sampling date. [...]

Also from Tokyo: “Cesium detected was 230,000 becquerels per square meter, 6 times as high as the limit set for the radiation control zone to restrict one from taking an item out of the control zone.”
以上は「Amebaブログ」より
東京も実際はこのように高い放射能汚染になっていたのです。東京の子供たちにもその影響が出ているのは理解できます。やはり原因があったのです。真相を公表しないのは日本政府です。政権交代後の安倍政権も野田政権と同じく真相は隠ぺいしようと躍起になっています。これでは政権交代した意味がありません。                以上
 

« 自民党「新派閥」の研究(4/5) | トップページ | 新思想:第四部、場の転換、ト・本源集団の再生(38) »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京のカナダ大使館で福島放射性降下物は225,000BQ/m2:

« 自民党「新派閥」の研究(4/5) | トップページ | 新思想:第四部、場の転換、ト・本源集団の再生(38) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ