カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« アベノミクス相場の仕掛け人たち | トップページ | 軍事費カットでペルシャ湾での米空母数半減 »

2013年3月30日 (土)

自民党「新派閥」の研究(4/5)

自民党「新派閥」の研究 安倍首相一人勝ちでも次は麻生元首相

週刊朝日 2013年03月08日号配信掲載) 2013年2月27日(水)配信

5ページ中 4ページ目

前のページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次のページ

 元気なのは旧来の派閥だけではない。無派閥議員らが参加するグループや勉強会も結束を強めている。

 その最大勢力は、超党派議連「創生『日本』」だ。保守系の議員が集う政策勉強会で、メンバーには無派閥の議員も多い。昨年の総裁選では安倍応援団の中心となり、現在でも安倍首相自身が会長を務めている。所属議員が言う。

「安倍さんにもう一回、首相をやってほしくて、支持母体になりました。事実上の安倍派。“裏派閥”ですよ。メンバーからは麻生太郎副総理(72)、菅義偉官房長官、下村博文文部科学相、山本一太沖縄・北方相、小野寺五典防衛相、新藤義孝総務相、稲田朋美行革相らが入閣。党役員人事でも高市早苗政調会長らが抜擢された。町村派と合わせるとすごい勢力。安倍さんの一人勝ちですよ」

 旧古賀派の分裂で総裁選の出馬断念に追い込まれ、派閥を飛び出した谷垣禎一法相(67)が中心となって立ち上げた勉強会「有隣会」も、毎週水曜日に例会を開いて新人議員を取り込み、勢力を盛り返しつつある。

 こうした自民党内の各派、各グループが早くも見すえているのは、「ポスト安倍」レースの行方だ。

 この2カ月間で、新人議員の囲い込みが「最もすごかった」(前出の新人議員)のは、昨年の総裁選で安倍支持をいち早く表明し、「勝ち組」になった麻生派。選挙前の12人から3倍近い34人へと一挙に増やし、党内第4派閥の地位を確保した。

「人が増えて事務所が手狭になったので、近々引っ越す予定です。麻生さんは、さらなる拡大を目指して盟友の大島理森前副総裁(66)と相談し、2カ月以内に両派を合併させるつもりです。創生『日本』の協力も織り込み済み。本気で安倍さんの次を狙っているんですよ」(麻生派議員)

 そんな麻生派の積極的な動きに焦りを隠せないのが、石破氏の周辺だ。

続きを読む : 1月末には、総裁選で石破氏…

以上は「週刊朝日」より

« アベノミクス相場の仕掛け人たち | トップページ | 軍事費カットでペルシャ湾での米空母数半減 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自民党「新派閥」の研究(4/5):

« アベノミクス相場の仕掛け人たち | トップページ | 軍事費カットでペルシャ湾での米空母数半減 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ