カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 米露のUFOをついに発見した | トップページ | 3月18日、港区赤坂衆議院赤坂議員宿舎ストロンチウム90byNNSA »

2013年3月 4日 (月)

伊藤園・緑茶から68.6ベクレルのセシウム検出

【注意】伊藤園 緑茶から68.6ベクレルのセシウム検出!




放射能測定伊那谷市民ネットワークさんの自主検査により
明らかになったデータです。


西友飯田鼎店(長野県飯田市)で購入し、2012年1月9日に測定した
伊藤園の商品『農家の自家出し茶』(緑茶)から68.6ベクレルの
セシウムが検出されてます。





◇品名             緑茶(伊藤園農家の自家出し茶300g)
◇産地(採取地/購入先)  西友飯田鼎店で購入
◇採取日
◇測定日             2012-01-09
◇結果             セシウム合計68.6Bq/kg
◇ヨウ素131         <4.4
◇セシウム137         =43.2±11.0
◇セシウム134         =25.4±7.7
◇備考             LOT2012.9.7/HI
◇測定量             300g
◇測定時間         2時間

========================================


ちなみに伊藤園の放射性物質対策についてはHP上では
こう表記があります。


当社では、日ごろより製品の原料から製造、流通に至るまで厳しい品質管理体制を確立させ、
製品の安全性確保に努めております。東日本大震災発生後は、さらにお客様への安全・安心を
ご提供するため、放射性物質の確認を下記のとおり実施しておりますのでご報告いたします。

●当社は緑茶原料につき、トレーサビリティを完備した仕入れ体制を確立しており、そのうえで、
通常の品質管理に加え、放射性物質による汚染の確認体制を整えております。国産原材料は
原子力災害特別措置法による「産地からの出荷制限」「摂取制限」に抵触しないものを使用し、
合わせて、放射線量測定器による自主検査を行っております。
●緑茶原料については、2011年産のすべての荒茶、仕上げ茶(製茶)について、放射線量測定器
による自主検査を行っておりますが、現時点で異常値は出ておりません。異常値が出た場合は、
速やかに精密検査を実施・確認したうえで、国の定める暫定規制値を超えるものは使用
いたしません。リーフ、ティーバッグなどの最終製品につきましても、製造日ロットごとの検査を、
放射線量測定器を用いて実施しております。

なお、緑茶飲料を含む すべての飲料製品 については、製造委託工場にて放射線量の監視、
使用する水の検査および最終製品の製造日ロットごとの検査を、放射線量測定器を用いて
実施しております。

===============================================


正直知らずに多くの人が飲んでいる商品ではないでしょうか。

またしても市民検査によって、こうしたデータが明らかになってます。
明治粉ミルクにしかり、メーカーサイドの放射能対策が軽視されがちな
印象をぬぐえません。国の規準値以下だからという文言を出すこと自体が
危険な証拠です。何故なら規準値が極めて高いからです。


メーカーによる自主検査充実や情報公開を求めていくと同時に
やはりこうした市民測定所をもっともっと社会に根付かせていく、
支援していく流れも同時に必要と感じます。
 
Posted by 子ども達を放射能から守るネットワーク@ちば at 10:41 │Comments(8)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://takumiuna.makusta.jp/t161950
この記事へのコメント
初めまして。ツイッターからきました。
北海道在住です。
お茶に関してなんですがうちは東京で放射性物質が検出されてから
台湾のお茶を自分の家で水出しでつくってるんですが
1月の末に子供の小学校の給食で『静岡の日』というテーマで
静岡の食材を使った静岡の郷土料理を食べる日があるんですが
静岡の茶葉を使ったお茶プリンなどがメニューです。
給食センターに問い合わせたところ
事故後に収穫された茶葉を使うそうです。
『今この時期になぜ静岡の食材を食べなきゃいけないんですか?』
って言ったら『市場に出回ってるものなので大丈夫です』としかいいません。
市場に出回ってたって基準値が高く設定されてるから全然安全じゃないです!!って文句いったんですが聞いてもらえずその日の給食は食べさせないつもりでいますが私のまわりはネットで情報入れるような人もいなくて
みんな食べ物なんか気にしないで購入してます・・・
うちの子だけお弁当にしたら『気にしすぎ』とか思われそうで・・・
といっても私は子供を守る義務があるのでお弁当も認めてもらえなかったら
最悪早退も考えてます。

できれば給食のメニュー改善してもらいたんですが・・・
私 気にしすぎですかね???
子供に食べさせていいものじゃないですよね??
Posted by emi at 2012年01月14日 18:12
emiさんの行っている事は私は正しいと思います。
子供を守りたいなら、周囲の行動は気にせず、
自分の信じた事を貫く意志がないと今は難しいと思いますよ。

気にしない方がおかしいのですよ。
ただ、気にしない人たちは数でいうと多数なので、
あえて周囲から色眼鏡で見られるような行動をする必要はないと思いますが、
そこは上手に立ち回ってください。

食べさせたくないのであれば、
病院に行く予定があるなど、適当な理由をつけて早退させてもいいと思います。
Posted by そろいすと at 2012年01月14日 21:16
>emi さん


コメントありがとうございます!
気にしすぎではないと思います。うちの息子が卵アレルギーでして
やはり相当気をつかいます。セシウムは感覚からいうともっときおつけなければ
ならないと思います。全て排出されるわけではない以上、取り込まないことが大事だと感じます。行政やメーカーは「市場に出回っているものが安全」と言いますが、一部のサンプル検査で?ストロンチウムなど他の核種は?などを考えると本質ではないことは明らかです。
東京の文京区では給食弁当の選択制度を導入してるようです。
もっとこうした流れが全自治体で普通に行なわれるようにしていかなければなりませんね。
Posted by K.Youhei at 2012年01月16日 11:23
> そろいすとさん


コメントありがとうございます!
おっしゃるとおり、放射能問題を考えている親御さんは
現状の社会では少数派だと思います。
ただ結構紙一重なところもあって、口に出せないけど心配してる
層って結構多いとも思っています。
もっと多く人に対して問題意識を共有していけたらと思います!
Posted by K.Youhei at 2012年01月16日 11:30
はじめまして。
貴重な情報をありがとうございます。

もっとたくさんの方に関心をもってもらい、考えていかなくてはならない問題だと思います。

風評という言葉で真実を葬ってしまってはいけないと思います。

この記事をブログで紹介させていただきたいのですがよろしいでしょうか?
これからも参考にさせていただきます。
Posted by hanhan at 2012年01月30日 22:41
> hanhanさん


はじめまして。コメントありがとうございます。
全く同感です。
多くの人がしっかり考えて今、動かないとそれは数年後
自分や子ども達にかえってくる可能性があると思うのです。

転載等々自由ですので、できる限り情報拡散していただけたらと思います。
今後もよろしくお願いします!
Posted by K.Youhei at 2012年01月31日 14:11
この問題に取り組んでいただきありがとうございます、本当にあなたが選択した方法は、このトピックで非常に到達可能です。
Posted by ノバミン at 2012年04月21日 15:30
放射性物質が排出されるには無限大の時間がかかります。決してゼロにはならない。99%排出されてもゼロにはならない。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%8A%E6%B8%9B%E6%9C%9F#.E3.81.84.E3.82.8D.E3.81.84.E3.82.8D.E3.81.AA.E7.89.A9.E8.B3.AA.E3.81.AE.E5.8D.8A.E6.B8.9B.E6.9C.9F.E3.81.AE.E4.B8.80.E8.A6.A7

ここの表にあるように、一度摂取したセシウムが排出されるには2、3年以上はかかる。9割排出される時間がたつごとに、90%,99%,99.9%...と排出されるが、絶対にゼロになることはありえないのだ。プルトニウムは一度でも摂取したら排出されるのになんと約700年。しかもこれらは一度だけ摂取した場合だけで、継続摂取した場合は何百倍から何万倍にもなる。誰も生物学的半減期をろくに理解していない。
Posted by erstea at 2013年02月02日 09:29

以上は「子ども達を放射能から守るネットワーク@ちば」より

普段安心して食していた有名ブランドまでがこのように汚染されているとは驚きです。ほかのメーカーも注意が必要です。今は、政府も同じく隠蔽が主ですから信用出来ません。民間が力合わせて対策を立てることが肝心です。                以上

« 米露のUFOをついに発見した | トップページ | 3月18日、港区赤坂衆議院赤坂議員宿舎ストロンチウム90byNNSA »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤園・緑茶から68.6ベクレルのセシウム検出:

« 米露のUFOをついに発見した | トップページ | 3月18日、港区赤坂衆議院赤坂議員宿舎ストロンチウム90byNNSA »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ