カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ステイーブン・グリア博士の真実(2) | トップページ | 自民党「新派閥」の研究(1/5) »

2013年3月27日 (水)

太陽からの脱落

2013年02月26日


太陽からの脱落

先日、このブログの、

太陽のコロナの横を通過したものは彗星? それとも他の何か?
 2013年02月12日

という記事で、下のような写真をご紹介しました。




上の写真は NASA の運営している Helioviewer.org という、太陽の動画を提供しているサイトからのものですが、その同じサイトにまた奇妙なシーンがありました。

2013年2月21日のものです。

solar-2013-02-21-01.jpg


この太陽画像の下側のやや右側に見えるものを拡大します。

sun-02.jpg


sun-03.jpg


さらに拡大しますと、下のようなものが写っていることがわかりました。

sun-05.jpg


何かはわかりませんが、まるで「太陽から何か落ちていく」ように見えるような形のものとなっています。

このシーンを実際に見るには、Helioviewer.org のページの左にある設定を下のようにすれば見ることができます。

setting-sun.jpg

Date: 2013/02/21
Time: 20:33:07
Time-step: 1 Sec

として、その下も上の図と同じものをびます。
SDO とあるのは、 NASA のソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリーという太陽観測衛星で、これが最も詳細な太陽の風景を撮影しています。


最近は、 In Deep の、

太陽の天使の再来
 2013年02月21日

という記事でご紹介しましたが、太陽の画像に下のようなものが映し出されたり、いろいろなものが写ります。




宇宙から送信される画像データは、磁場や宇宙線によって影響を受けることによって不自然な形などが写ることがありますが、今回のものにしても「まるで太陽から落ちてくるような影」みたいなものまで見えていて、微妙な存在といえます。


以上は「IN DEEP」より
このような異変は太陽だけではなく、太陽系惑星群全体で起きつつあります。地球も大異変進行中ですが土星や木星・火星でも異変が進行中です。        以上

« ステイーブン・グリア博士の真実(2) | トップページ | 自民党「新派閥」の研究(1/5) »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陽からの脱落:

« ステイーブン・グリア博士の真実(2) | トップページ | 自民党「新派閥」の研究(1/5) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ