カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 大気から飲料水を作る装置が市民に提供される | トップページ | 新思想:第四部、場の転換、ホ・支配共認根絶の共認闘争(36) »

2013年3月28日 (木)

福島原発敷地内の降下物放射性物質、急増中なぜ?

福島原発敷地内の降下物放射性物質、3500Bq/m2!先月のデータは620Bq/m2!増加中!!

NEW !   
テーマ:

福島第一原発敷地内の降下物放射性物質に関する資料を見つけたのでご紹介します。この資料によると、今月の福島第一原発敷地内に降下した放射性物質の量は、セシウム合算で3500Bq/m2とのことです。(Cs-134が1200、Cs-137が2300)


☆福島第一原子力発電所敷地内外における降下物中の放射性物質の核種分析結(3月25日発表)
URL http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2013/images/fallout_130325-j.pdf

正しい情報を探すブログ


この3500Bq/m2という数値は、先月に発表された数値と比較してみると非常に高いと言えます。先月に発表された福島第一原発敷地内の降下物放射性物質を見てみると、セシウム合算で620Bq/m2となっており、今月の3500Bq/m2と比べてみると、実に5倍以上もの差があるのです!


☆福島第一原子力発電所敷地内外における降下物中の放射性物質の核種分析結(2月22日発表)
URL http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2013/images/fallout_130222-j.pdf

正しい情報を探すブログ


念の為に1月に発表された数値もチェックしてみましたが、やはり、2月の数値と大差はありませんでした。


☆福島第一原子力発電所敷地内外における降下物中の放射性物質の核種分析結(1月23日)
URL http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2013/images/fallout_130123-j.pdf

正しい情報を探すブログ
*合計710Bq/m2


つまり、2月から3月末にかけて放射性物質の量が増加したということです。福島県で測定している「定時降下物環境放射能測定結果」の方でも、今月に入ってからは妙に高い放射能を検出していますし、放射能が増加傾向にあるということは間違いないでしょう。


☆定時降下物環境放射能測定結果(暫定値)(第453報)
URL http://wwwcms.pref.fukushima.jp/download/1/koukabutsu453.pdf

正しい情報を探すブログ
*3月13日9時~3月14日9時に今年の観測史上最大の値を捉えています。


放射能が増加した原因については色々と考えられそうですが、今年の福島原発を振り返ってみると、このような爆発的な放射能の増加を発生させた原因としては2号機の異常が一番に考えられますね。

当ブログでは何度も取り上げているのですが、福島第一原発2号機の温度データは今月の上旬まで公表されていたのに、現在は全て見れない状況にされてしまっているのです。最後に測定していた温度は、2号機上部で約180℃、2号機下部で約250℃と非常に高温でした。


☆ふくいちプラントメーター
URL http://fukuichi.mods.jp/?p=5%2C10&fname=p02.csv&cnt=48&update=%E6%9B%B4%E6%96%B0

↓今まで公開されていたデータ。
正しい情報を探すブログ
↓3月12日の最新データ。全て消えています。
正しい情報を探すブログ


2号機の温度上昇の速度が急加速してきたのは2月です。1月末は格納容器下部で100℃台の温度を計測していましたが、2月に入ると温度上昇が加速して、最終的には300℃手前まで上昇しています。この傾向は3月に入っても続いており、福島で放射能の降下量が増加している時期と見事に一致していると言えるでしょう。

ここまでデータが一致していると、「疑うな」と言われる方が無理というものですね。温度データなどが東電によって非公開にされてしまったため、現在の状況はよく分かりませんが、劇的に状況が改善したとは到底思えません。

いずれにせよ、福島や周囲にお住まいの方は放射能測定などを定期的にしたり、緊急時の非難用意をしたりと備えだけはしっかりとしておきましょう。


☆私たちは2号機の人為的な弁の開放により被曝した。


関連過去記事

☆福島原発で発生している異常は全て繋がっている!除去設備の遅れ⇒汚染水タンク満杯⇒温度上昇
URLhttp://ameblo.jp/kennkou1/entry-11445994194.html


以上は「正しい情報を探すブログ」より
政権交代後の安倍政権になってからも、福島原発事故処理があまり進んでいないように見られます。現実とは逆に、放射能汚染に係る情報はますます少なくなっています。環境省の石原大臣がそのような方向にさせているようです。今では放射能汚染よりも、大気汚染のニュースのほうが多くなりました。放射能汚染を忘れさせようと図っているのです。国民には放射能汚染を測定するガイガーカンターを持たせないようにした方が良いと発言している大臣だけのことはあります。安倍内閣の酷い人選です。安倍内閣の性格がこれでも良くわかります。国民無視の内閣です。米国属国の傀儡内閣の安倍政権です。TPP強硬参加などは良い例です。完全なる公約違反です。         以上

« 大気から飲料水を作る装置が市民に提供される | トップページ | 新思想:第四部、場の転換、ホ・支配共認根絶の共認闘争(36) »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発敷地内の降下物放射性物質、急増中なぜ?:

« 大気から飲料水を作る装置が市民に提供される | トップページ | 新思想:第四部、場の転換、ホ・支配共認根絶の共認闘争(36) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ