カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 自民党「新派閥」の研究(4/5) | トップページ | 新思想:第四部、場の転換、ト・本源集団の再生(38) »

2013年3月30日 (土)

オーストラリアの気象操作とHAARP

オーストラリアの気象操作とHAARP!

気象操作は現存する・・・
それにはHAARPとケムトレイルが
連動しているとみられているが・・・
ちょっと調べてみた!?

 

 というのも、オーストラリア在住の読者から、メールを頂いた。その中に気がかりな文面があった。承諾を頂いたので掲載する。

 【メール転載開始】

<T・Kさん(女性)オーストラリア・ゴールドコースト在住の方である。>

《前段省略》

 オーストラリアのこの夏の天候はひどい有様です、
今までは1年の300日は晴天といわれていたゴールドコーストですがこの数年は1年の半分位は雨になっています。各州でも今までにない暑さの記録、今までにない洪水の記録など記録を破る現象がたくさんでています。晴れていると飛行機がきて曇り雨になるのです。私の住んでいる州にはシェールガスがたくさん埋蔵されていてそれを採集するのに多量の水が必要な為らしいのです。
ですから洪水の被害に遭った方には手厚い政府の補助があります。

《後段省略》【転載終了】


 やはりな!? と感じたので、ちょっと調べてみた。

 

 オーストラリアは、曾てから、大きなHAARPの電磁波が観測されるところとして、知る人ぞ知る場所だ。円形の巨大な電磁波が所々発せられている。

 

 今月3月4日にもそれがあったようだ。たまたま、UFO関連のサイトで見つけた。残念ながら、肝腎のUFOは、サイト画面の間接画像であるから、良くは確認できなかったが、見事なHAARP照射画像である。

 

 このサイトは、National Radar Loop で常時見られる。過日のデータを探したが、遡ることは出来ないようだ。で、その動画を掲載しておこう。

 

 動画によると、UFOはさておいて、間断なく照射される電磁波で、気のせい何らか周辺の気象現象に変動を与えていることが見て取れる。確かにゴールドコースト(大陸の東端)付近には、間断なく雨雲が発生して、押し寄せている。

 

 当地に行ったことも、住んだこともないからこれまでの環境は知らないが、メールにあるように、1年の300日は晴天といわれていたゴールドコーストとしたら、相当な様変わりであろう事は、想像される。

 

 あたかもモンスーンに襲われている感じである。


 現時点での National Radar Loopであるである。

 時々刻々表示が変わるので、常時監視していると、又、観測されるかも知れない。下記の動画が、3月4日HAARP電磁波出現の間接動画だ。

 気象操作は、確かに現存する。

 その詳しいメカニズムは、しかとは分からないがケムトレイルとHAARPの連動だと思われる。それにして、シェールガスと水の関連は知れているが、そのために雨まで降らすというのは、欲に絡んだ気象操作版と言えるだろう。

 そんなことまでして、環境を変えることは罰当たりも程々しい所業と言わざるを得ない。はたして、その真偽の程は各自お調べ頂ければと考えている。

Harrp ring ufo glitch Australia 4 march 2013



【転載開始】Giant UFO Over Australia Caught On Weather Radar On March 4, 2013.



Date of sighting: March 4, 2013 11:42 UTC

Location of sighting: Australia

This is a fantastic video of the weather radar map over Australia. This has  happened before and I am very excited that someone was nice enough to  video it and post it to Youtube so that UFO researchers world-wide can  see it. This shows us a giant mothership coming from the ocean area and  moving over Australia. The UFO is cloaked however it is so massive in  size that weather radar picked up the UFO. It appears and disappears  because the UFO cloak is changing in phase over a 3 second cycle. Radar  confirmations are very rare with UFO sightings and come only once ever  few years. SCW【転載終了】

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.blog.ocn.ne.jp/t/trackback/50682/24075844

この記事へのトラックバック一覧です オーストラリアの気象操作とHAARP!

以上は「つむじ風」より

オーストラリアも異常乾燥したと思ったら、今度は大雨になったりで気候がメチャメチャです。したがって一部にはHAARPを使って気候調整している可能性もありそうです。良い方に使えば利点もありそうですが人工地震に使ってほしくありません。以上

« 自民党「新派閥」の研究(4/5) | トップページ | 新思想:第四部、場の転換、ト・本源集団の再生(38) »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリアの気象操作とHAARP:

« 自民党「新派閥」の研究(4/5) | トップページ | 新思想:第四部、場の転換、ト・本源集団の再生(38) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ