カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 避難地区でない福島駅周辺で毎時40マイクロシーベルト | トップページ | 新思想:第四部、場の転換、ヘ・秩序収束ー規範・制度の共認圧力と政権闘争(37) »

2013年3月29日 (金)

米国のドラキュラ寡頭勢力はネットで覚醒する米国民を強制収容所に入れようとしている

米国のドラキュラ寡頭勢力はネットで覚醒する米国民を強制収容所に入れようとしている:われら日本国民にとっても他人事ではない!

 
新ベンチャー革命201338日 No.728
 
タイトル:米国のドラキュラ寡頭勢力はネットで覚醒する米国民を強制収容所に入れようとしている:われら日本国民にとっても他人事ではない!
 
1.1%の米国寡頭勢力は米国のみならず日本のマスコミも監視している
 
 本ブログ前号に米国のテレビ番組デモクラシー・ナウ!について取り上げました(注1、注2)
 
 これまで、1%の米国寡頭勢力(米国戦争屋を含む)にも余裕があって、米国が民主主義国であり、言論自由の良い国であると米国民を錯覚させるため、このような反体制的番組が一定程度、黙認されてきました。この番組の主役エイミー・グッドマン氏が彼らの身内ということもあってあまり弾圧されてこなかったのでしょう。
 
 また、米国にはADL(注3)SWC(注4)などのマスコミ監視団体があって、彼らは当然、デモクラシー・ナウ!も監視しているはずですが、エイミー・グッドマン氏はおそらく、彼らの監視システムに熟知しており、巧みにかわしているでしょう。
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.687の注記をご覧ください。
 
 かつて、田中真紀子氏がテレ朝のサンデープロジェクトに出演し、父、田中角栄・元総理はCIAに嵌められたと発言したとき、SWCからテレ朝にクレームが来ました(注3の1)
 
 このように、1%米寡頭勢力は、CIA(注5)や米陸軍諜報部隊(注6)や中立第三者を装った民間のマスコミ監視機関を駆使して日本のマスコミを監視しています。
 
 そのため、今では日本のマスコミは米寡頭勢力に不利な情報を一切、流せない状態です、したがって、TPPの話題でも、米寡頭勢力に不利な情報を流すとたちまち、日本のマスコミにクレームが来ているはずです。そして、日本のマスコミ連中は彼らを異様に恐れています。
 
2.米国は強制収容所を大量に建設している
 
 米国にはエイミー・グッドマン氏と並び、米国の闇の暴露に挑戦している猛者がいます。それはジェシー・ベンチューラ氏(注7)です。
 
 彼の番組・コンスピラシー・セオリー(注8)はときどき、JCOM-TVで放映されます。その中のPolice State(20101112)を筆者は観たことがあります。
 
 そこで、証言されていたのが、現在の米国における強制収容所(注9)の建設ラッシュでした。
 
 それらはフュージョン・センターと呼ばれているそうです(注10)。主に、ブッシュ戦争屋ネオコン政権時代に70以上の施設が建設されているそうですが、一般の米国民はそのことをまったく知らないそうです。
 
 さらに、米国では大量の棺桶が秘密裏に貯蔵されていることもベンチューラ氏は暴露しています。
 
3.ネット社会は国民を覚醒させる
 
 2000年代に入り、世界はネット社会となっています。その最先端を走っているのが米国ですが、米国を乗っ取っている1%の寡頭勢力は、マスコミを完全統制できても、ネットは完全に統制できていません。
 
 そのため、米国ではNYのウォール・ストリートを発端に、草の根反体制運動が起き始めています。ここに参加する米国民はネット情報で覚醒しており、ステルス化してきた寡頭勢力の正体を見破っています。そして、米国は民主主義国ではなく、1%寡頭勢力のステルス独裁国家であると見破っています。
 
 だからこそ、TPPの闇も簡単に暴露されています(注1)
 
 しかしながら、米寡頭勢力はすでに、ネット社会の到来で、新潮流の反体制運動が出現すると予期していたとみなせます、だからこそ、秘密裏に、反体制米国民の急増への対策準備を進めてきたということです。
 
 これまで、米国での暴動はマイノリティの黒人が多かったので、黒人発の大規模暴動にならないよう、オバマがあえて大統領になっているとみなせないこともありません。
 
4.覚醒する国民が増えれば、寡頭勢力の謀略は頓挫する
 
 上記、エイミー・ゴッドマン氏の番組(注11)では、1%寡頭勢力をドラキュラにたとえていましたが、言い得て妙です。ドラキュラは光に弱いわけですから、ステルス化している寡頭勢力に国民が光を当てれば、彼らはしぼみます。
 
 しかも彼らは、ネット社会の進歩に充分、対応できず、相当あせるようになっています、そして、彼らの手口が粗雑になり、露骨になり、国民にも見えやすくなっています。
 
 われら国民は米寡頭勢力に監視され、徹底的に抑え込まれている日本のマスコミに依存せず、ネットで積極的にウラ情報をとって、ドンドン、情報拡散させていきましょう、それこそが、寡頭勢力の謀略を頓挫させるもっとも有効な平和的対抗手段となります。
 
注1:本ブログNO.726日本の政官財の推進するTPPは単なる貿易自由化協定ではなく、1%寡頭勢力の謀略なのか:デモクラシー国家からコーポレートクラシー国家に転落させられる日本』201333
 
注2:本ブログNO.727TPPで暴走する58歳の安倍総理と真逆の反骨大統領チャベスが58歳で死す:地震兵器の秘密を世界にばらしたからか?20133月7日
 
注3:ADL
 
注3の1:SWC Japan
 
注4:SWC
 
注5:Foreign Broadcasting Information Services
 
注6:MIC 
 
注7:Jesse Ventura
 
注8:Conspiracy Theory with Jesse Ventura
 
注9:強制収容所
 
注10:Fusion Center
 
注11:You Tube“アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容とは”2013226
日本の安倍政権も米国に倣いして、強制収容所をつくることを検討するようです。政府に反対するものはすべてテロにして監獄送りにしようとしています。  以上
 
 

« 避難地区でない福島駅周辺で毎時40マイクロシーベルト | トップページ | 新思想:第四部、場の転換、ヘ・秩序収束ー規範・制度の共認圧力と政権闘争(37) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 避難地区でない福島駅周辺で毎時40マイクロシーベルト | トップページ | 新思想:第四部、場の転換、ヘ・秩序収束ー規範・制度の共認圧力と政権闘争(37) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ