カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« A PLUNDERER’S LOGIC | トップページ | 新思想:第二部、私権時代、ヘ・支配共認=権力の共認と表層観念の共認(23) »

2013年3月15日 (金)

石原環境省の除染は出鱈目である

まっちゃんのブログ

ブログの説明を入力します。

NEW !   
テーマ:


毎週金曜日にやっている文部科学省前でやっている

福島集団疎開裁判で郡山市の女性が除染終了した郡山市の公園を

測った結果、測定器が振り切れたという話を柳原弁護士が話しています。

8分45秒ごろ

「ここに私が持っているのは、さっきいった10名のお母さんや市民の方たちが

声をあげた書面ですが、その最新版です。この方は1回だけでは書き足らなくて

もう1回書きたいというので2回目の書面を出しました。

その中で何があったというと、郡山市のお母さんですけども

自分の周辺に公園があるんだと、公園では除染が終わったんで

線量が毎時0.49μsvまでさがったと表示が書いてあります。

ところが、自分が実際に線量計を持って測ってみたら

9.999μsvまで測れる針が振り切れる場所が何か所もあったといって

その写真をとってくれました。そのような場所は決して特別な場所ではなくて

実際にその公園で高校生が部活をしているそうです。

あるいは、その公園のすぐ脇が小学校、高校の通学路になっているそうです。

そこの通学路の脇の道も写真がありますけれども、9.999μsvの針が振り切れる

場所があるということをお母さんが自分で写真を撮りました。


こんな危険な事が郡山市ざらにあるのに、郡山市の公園に張ってあるのは

除染したおかげで前は1.1μsvだったのが、0.49μsvまで下がりました。

もう心配いりませんとそういう表示だしてあたかも一件落着したような顔を

してやっている。
以上は「まっちゃんのブログ」より
環境省はもっとまじめに除染をやる義務があります。安倍内閣全体の責任です。放射能は体に良いなどと寝言を言う御用学者を使い国民をだましています。とんでもない内閣です。すでに健康を害してなくなるケースも出てきています。冗談ではありません。もっと真剣に除染をやってほしいものです。                            以上

« A PLUNDERER’S LOGIC | トップページ | 新思想:第二部、私権時代、ヘ・支配共認=権力の共認と表層観念の共認(23) »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石原環境省の除染は出鱈目である:

« A PLUNDERER’S LOGIC | トップページ | 新思想:第二部、私権時代、ヘ・支配共認=権力の共認と表層観念の共認(23) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ