カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« イギリス:シリア内のアルカイダ系テロリストに援助 | トップページ | 検察の暴走と報道被害 »

2013年3月31日 (日)

希代の亡国首相:安倍首相の高揚する目つきが異様だ

希代の亡国首相・安倍首相の 高揚する目付きが異様だ

希代の亡国首相・安倍首相の 高揚する目付きが異様だ
(日刊ゲンダイ2013/3/21)

株価が上がり、70%という高い支持率をキープしているからか、最近の安倍首相は、異常なハイテンションだそうだ。発言もどんどん強気になっている。

17日の党大会では、「世界の真ん中で日本という国を咲かそう」と自信満々に挨拶している。翌18日には「参院選で自民党が勝つことが日本の幸せだ」とまで口にしたという。いくらなんでも、言い過ぎじゃないか。


「まさかクスリの副作用ではないでしょうが、首相はすっかり高揚しています。決断する時、迷いや躊躇がない。お気に入りのフレーズは“政治は結果だ”です。民主党の海江田万里代表にアベノミクスを批判された時も、〈政治は結果だ。民主党は3年間やってできなかったが、2カ月で変わろうとしている〉と得意顔で反撃しています」(政界関係者)

持病の「潰瘍性大腸炎」が悪化し、朦朧とした表情で政権を放り投げた5年前とは、まるで別人である。特効薬によって持病が改善したのなら結構なことだ。

しかし、自信を強めているのかどうか知らないが、ヤバイのは「TPP参加」や「日銀へのリフレ政策の導入」といった重要政策をイケイケどんどんで決めていることだ。TPP参加も、リフレ政策の採用も、国民生活を大きく変えるものだ。異論も多い。本来なら慎重に議論を重ねるべきものである。なのに、簡単に決めるなんて危険すぎる。

◆国民生活にトドメを刺すアベノミクス

リフレが何をもたらすか、安倍首相は分かっていないのじゃないか。
「2年以内に2%のインフレ目標を達成する」――という“リフレ派”の黒田東彦氏(68)を日銀の新総裁に就けた安倍首相は「市場が反応している」と浮かれている。

しかし、紙幣をジャブジャブに刷って、無理やりインフレを起こす「リフレ政策」は、副作用が大きすぎると、日銀が拒否してきた禁じ手である。朝日新聞あたりは「やってみて、うまくいかなければ軌道修正すればよい」などと主張しているが、無責任もいいところだ。このまま「リフレ政策」を推し進めたら、日本は大変なことになる。

「これ以上、金融緩和を実施しても実体経済にはカネは回らないでしょう。有り余ったカネが株や不動産に流れ込み、モーレツな資産バブルを引き起こすだけです。世界の資本市場は“資産”と“実体経済”が分断され、緩和マネーは資産に向かうようになってしまった。リフレ政策の大きな欠陥は、貧富の格差を拡大することです。株や不動産が高騰し、富裕層はますます豊かになるが、株も不動産も買えない圧倒的多数の国民は恩恵がない。むしろ、給料は上がらないのにモノの値段だけがジワジワと上がり、さらに生活が苦しくなるだけです。しかも、株高も不動産の値上がりも実体を伴わないバブルだから、いずれ破裂する。ただでさえ日本は疲弊しているのに、株や地価が暴落したら日本経済はもたない。アベノミクスが国民生活にトドメを刺す恐れがあります」(筑波大名誉教授・小林弥六氏=経済学)


TPPの怖さは“関税障壁”だけでなく、法律や商習慣といった“非関税障壁”まで撤廃することだ。対象は労働や公共事業などあらゆる分野に及ぶ。かつてアメリカの要求に屈して“大店立地法”を成立させただけで、地方の商店街はシャッター通りになってしまった。TPPに参加したら、日本はガタガタにされてしまう。

◆勝算もないのに突っ込んだ戦前と同じ

このままリフレ政策を推し進め、TPPに参加したら、日本はどうなるか。答えはハッキリしている。リスクが大きすぎる。
なのに、どうかしているのは、朝日新聞を筆頭に「とりあえずやってみたら」という無責任な意見が蔓延(まんえん)していることだ。多くの国民はTPPの詳細な中身を知らないはずなのに、世論調査でも「TPP交渉参加表明」への支持が71%に達しているのだから異常だ。

まるで、戦前の日本軍が、勝算もないのに「なんとかなるだろう」「座して死を待つよりいい」「すぐに講和に持ち込めばいいさ」などと、アメリカとの無謀な戦争に突き進んだ時とソックリである。

「いまの日本社会は、戦前の日本とよく似ています。デフレ不況が15年間もつづき、社会が閉塞感に包まれている。だから、少しでも突破口になりそうだと、簡単に飛びついてしまう。不気味なのは、“国益”という単語に敏感に反応するようになったことです。日本の国力が低下している裏返しでしょう。ちょっと隣国と揉めるだけで、すぐにイキり立ってしまう。気をつけなければならないのは、政治家が使う“国益”という単語です。その“国益”が本当に国民の利益になるのかどうか。ほとんど庶民の利益とは無関係のはずです」(政治評論家・山口朝雄氏)

「政治は結果だ」「私を信じて欲しい」と絶叫する安倍首相の姿は異様だ。あの姿は危ない。この先、国民生活はとんでもないことになりそうだ。


※この貴重な媒体を応援しよう!
http://e.gendai.net/
http://bit.ly/LFNwYk
関連記事

« イギリス:シリア内のアルカイダ系テロリストに援助 | トップページ | 検察の暴走と報道被害 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 希代の亡国首相:安倍首相の高揚する目つきが異様だ:

« イギリス:シリア内のアルカイダ系テロリストに援助 | トップページ | 検察の暴走と報道被害 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ