カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 高官を乗せた米軍機が複数回「極秘訪朝」日本はカヤの外 | トップページ | 「北京の窓」(友好の旅)その8 »

2013年4月23日 (火)

福島の甲状腺ガンは既に10例発生している

 

2013年04月18日

福島の甲状腺ガンは既に10例発生している。日本小児科学会



マスコミがしっかり伝えない、福島の児童における甲状腺ガン問題。
一体どこまで真実と向き合わず、黙殺し続ける気なのか。

日本小児科学会自由集会が4/20 開催されることになってまして
その予備かけ文が公開されてました。

こどもたちを放射線障害から守る全国小児科医の集い

日 時: 4月20日(土) 18:30 - 21:00
会 場:広島市まちづくり市民交流プラザー 「研修室B」

:「日本小児科学会-150mSv見解の撤回を求める!」
「福島県県民健康管理調査-甲状腺がん多発を受けて
子どもたちを放射線障害から守るために何をすべきか?」


福島甲状腺ガンが3例として報道され、これは原発由来ではないと伝えられてます。

しかしながら、こちらの予備かけ文においては
10例がガンになっていると明確に伝えてます。

10例と発表すれば、与えるインパクトが大きい為
操作された感は否めません。


4/20 こどもたちを放射線障害から守る全国小児科医の集い
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/files/shonikai_shukai2.pdf





全国の小児科医の皆さまへ

4月19日(金曜日)~21日(日曜日)広島市での日本小児科学会の開催
期間中に、「こどもたちを放射線障害から守る全国小児科医の集い」を開催い
たします。

2011年3月11日の福島第一原子力発電所の事故で放出された放射能
による健康被害が懸念されています。実際に、2月13日の福島県県民健康管
理調査の報告では、2011年度(原発事故の年)に行われた38,114人
(0歳から18歳)の甲状腺がん検診から3例の甲状腺がんが、すでに手術を
されて確認されています。さらに、「がんの疑い7人」と報告された子どもた
ちも、実際は、病理細胞診断により、がんが確認されており、甲状腺がんの症
例数は9例もしくは10例です(*)。


これは統計学的に有意な多発であり、
福島県のこの地域で大変な異常事態が生じていることを意味しており、疫学の
専門家からも証明されています(津田先生の講演を、是非お聞きください)。

このままでは甲状腺がんが数年後に爆発的に増加する可能性もあります。また、
今後、甲状腺がんだけでなく、白血病や様々な小児がん、免疫力の低下、妊娠
―出産の異常、先天性障害など様々な小児の健康障害が懸念されていますが、
それまで国や県が事実を認めなければ、多くの子どもたちの命や健康が犠牲に
されてしまいます。プラバシーを保護した上で早急に全てのデータを公開させ、
全国の小児科医の英知を集めて必要な対策を議論すべきです。


ところが放射線被ばくの健康被害に関して、現在の日本では100mSvを
放射線の発がん影響の閾値とし、100mSv以下の被ばく量では、放射線被
ばくによる人体影響がないかのごとき議論がなされています。しかし世界の医
学文献の検討では、低線量被ばくでのがん増加は多数報告されており,低線量
放射線の被ばくは明確にリスクを示しています。

一方、日本小児科学会は、放射線被ばくによる小児の健康への影響について
(2011年5月19日)「東京電力福島原子力発電所事故が小児に与える影
響についての日本小児科学会の考え方(150mSv見解と略す)」(広島大学
原爆放射線医科学研究所細胞再生学研究分野田代聡教授の御指導と記載)の中
で、「統計学的には、約150mSv以下の原爆被爆者では、がんの頻度の増
加は確認されていません」と、低線量被ばくの危険性を否定しています。この
「150mSv見解」の根拠とする文献を検討してみても、日本小児科学会の
見解を支持する内容は見当たりませんでした。日本小児科学会のこの立場は、
日本の数ある学術団体の中でも突出して異常であり、直ちに「150mSv見
解」の撤回を求めなくてはなりません。


また,2011年6 月から福島県で行われている「子どもたちの健康相談
会」や、放射能汚染から避難した子ども達を対象にした「健康相談会」の取り
組みの報告を予定しています。低線量被ばくの厳しい現実に向きあって生活す
る不安な思いを受け止めて,私たちに何ができるかを考えていきたいと思って
います。さらに,大変に悲しく残念なことですが,今後生じてくるだろう健康
被害に対し、何をすべきか、何ができるかを共に考えたいと思っています。
この集いは,放射線から子どもたちやあなたを守るために,きっと皆さんの
お力になると思います。この広島での集いに是非ご参加ください。

(*)この甲状腺がん 3 例という数字ですが、すでに手術が終わって切り出した甲状
腺から病理組織診断でがんを確認した症例とのことです。実際は、病理細胞診断によ
りがんが見つかっている症例は、この 3 例以外にさらに 7 例あります。病理細胞診断
においては、約 10%の偽陽性があると言われており、実際は、甲状腺がんの症例数は 9
例もしくは 10 例ということになります。
以上は「子供たちを放射能から守るネットワークちば」より
安倍政権は放射能汚染の実態を隠ぺいして国民に真相を知らせず、原発再稼働を押し進めています。早く手を打たないから次々に健康被害が激増するはずです。   以上

« 高官を乗せた米軍機が複数回「極秘訪朝」日本はカヤの外 | トップページ | 「北京の窓」(友好の旅)その8 »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島の甲状腺ガンは既に10例発生している:

« 高官を乗せた米軍機が複数回「極秘訪朝」日本はカヤの外 | トップページ | 「北京の窓」(友好の旅)その8 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ