カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 小沢一郎代表や元秘書は、検察、マスメデイアに「冤罪」を仕掛けられた | トップページ | イラン:国産駆逐艦をカスピ海に投入 »

2013年4月11日 (木)

100年に一度の太陽フレアで巨大地震:NASAが警告

100年に一度の太陽フレアで巨大地震 NASAが警告



キューバでオーロラ観測
空が真っ赤に染まり、キューバやフロリダ州でもオーロラが現れる。通信網、送電網は破壊され、現代社会を支えるシステムがダウンする。世紀末を描いたSFのようだが、今年太陽フレアによりこんな現象が発生するのでは、と米・英の専門家が警告した。
太陽フレア
 
100年に1度の大爆発
太陽はこれまで、およそ100年に一度のペースで大爆発(太陽フレア)を発生させてきた。太陽ふれが起きると、これにより生じた太陽風が地球に押し寄せる。太陽風は磁気嵐を引き起こし、過電圧などが発生することから、通信器機や発・送電機器などに深刻なダメージをもたらす。

1859年9月1日~2日に発生した太陽フレアでは、キューバのバハマ諸島などでもオーロラが観察され、当時最新の通信手段であった電報システムが世界中で破壊された。

当時に比べ、ハイテクに依存する現代社会では、太陽フレアの影響は格段に大きくなる。米科学アカデミーの報告によると、1859年と同じ規模の太陽フレアが発生した場合、世界中で発生する停電が1億3000万人に影響。

インターネットや上下水道、食料や薬品、燃料の供給が停止。飛行機が墜落するなど、現代社会を支えるシステムが破壊される、と予想している。
「今年くる」NASAが警告
そんな大爆発が2013年に発生する確率が高い、とNASAは警告する。米国の元ディフェンス・アドバイザーであるアヴィ・シュナール博士は「漫然と待つのではなく、行動に出るべき」と指摘。

英国のリーアム・フォックス国防長官も、この問題について話し合うため、2010年にロンドンで緊急会議を招集している。

米・英で問題視されているのは、主にITインフラなどが受けるダメージだが、日本ではこういった被害に加え、太陽フレアが巨大地震の引き金になるのでは、との懸念も大きい。

太陽風が地震を引き起こすメカニズムは科学的に解明されていないが、歴史を検証すると、太陽フレアと大地震には関連性がみられるためだ。首都圏直下型地震の可能性が高まる中、太陽フレアの情報にも、注意を払う必要がありそうだ。

外部リンク

◆NASA
http://www.nasa.gov/
 

以上は「税金と保険の情報サイト」より

今は、太陽も異常状態にあります。変化すれば、地球にも多大な影響が及びます。何が起きるかわからない状況です。            以上

 

« 小沢一郎代表や元秘書は、検察、マスメデイアに「冤罪」を仕掛けられた | トップページ | イラン:国産駆逐艦をカスピ海に投入 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 100年に一度の太陽フレアで巨大地震:NASAが警告:

« 小沢一郎代表や元秘書は、検察、マスメデイアに「冤罪」を仕掛けられた | トップページ | イラン:国産駆逐艦をカスピ海に投入 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ