カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 癌の宣告をする病院が激増中 | トップページ | 火星探査機オポチュニテイが撮影した「火星の不思議な光」 »

2013年4月30日 (火)

近畿圏中心領域大地震(続報ー2)

Tabatha     ‏@araran100                4時間       

宏観亭見聞録: 近畿圏中心領域大型地震 (続報-2)  串田情報続報出ています。

近畿圏中心領域大型地震 (続報-2)

4月26日付「近畿圏中心領域大型地震 (続報)」の続報です。

4月29日前後に琵琶湖を含む近畿圏中心領域で大地震が発生するとの予測について、八ヶ岳南麓天文台の串田氏が更新情報を4月28日付で出しています。結論から言うと、地震発生時期は先送りということのようです。「4/29±2時期が新たな前兆群の極大となっている可能性が示唆され、現状の状態からは、4/29±の地震発生は考えにくく、第5ステージ前兆に入った可能性が示唆されます」:

関連記事
以上は「宏観亭見聞録」より
4/29前後との予測でしたが、先送りになりそうです。そのまま発生しないで済めば良いのですがそうもいかないのが自然です。                         以上

« 癌の宣告をする病院が激増中 | トップページ | 火星探査機オポチュニテイが撮影した「火星の不思議な光」 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近畿圏中心領域大地震(続報ー2):

« 癌の宣告をする病院が激増中 | トップページ | 火星探査機オポチュニテイが撮影した「火星の不思議な光」 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ