カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« クモ膜下出血、心臓病・・・40歳がなりやすい病とは | トップページ | アメリカの主権の終焉 »

2013年4月12日 (金)

超巨大モスキート:米国フロリダに「通常の20倍の大きさの蚊」

2013年03月08日


超巨大モスキート: 米国フロリダに「通常の 20倍の大きさの蚊」が侵入している

フロリダはいろいろなことがあります。

最近も、

「シンクホールだらけ」の歴史を持つ米国フロリダの「大地の陥没」の歴史
 2013年03月04日

という記事で、フロリダのシンクホールの状況などを書きました。





また、 In Deep では、下のようなフロリダのサメの大群の記事をご紹介しています。






今回は「蚊」の話題です。

フロリダでは、昨年の熱帯暴風雨の後に、通常の蚊の 20倍ほどの大きさになるという「超巨大」な蚊が侵入しており、今年も夏に現れる可能性があるとのことです。

大きいからといって、特別に被害が大きくなるということでもなさそうですけれど、見た目的には厄介な感じの報道であります。

現地の記事をご紹介します。
ここからです。




UF Researcher: Mega mosquitoes set to invade Central Fla
Click Orlando 2013.03.05

フロリダ大学の研究者によると、フロリダ中央部に通常の「20倍」の蚊が侵入する可能性


mos-20.jpg


熱帯暴風雨やハリケーンによる洪水が、もともとこの地域には生息しない巨大な蚊の幼虫が洪水によって運ばれてくる可能性について、昆虫学者たちはその可能性を指摘している。

昆虫学者によれば、これらの蚊の大きさは、フロリダに棲息する通常の蚊の 20倍の大きさがあるという。また、攻撃性も高いということで、昆虫学者たちは「悪名高い攻撃者( Notoriously Aggressive )」と呼ぶ。

昨年の夏にフロリダで発見されたこの蚊は、今年もフロリダに侵入してくる可能性が高いと学者たちは述べる。

これらの超大型蚊を防ぐためには、虫除けスプレーなどを用いると同時に、可能な限り肌などの露出を避ける。

しかし、これらの蚊は、攻撃的ではあるが、有害なウイルスを媒介する昆虫ではないということが唯一の良いニュースといえる。




以上は「宇宙の中の地球と太陽系の記録」より
地球の異常気象に合わせるようにして新たな生き物に置き換えられる動きになるかもしれません。今の人類は何に置き替わることになるものか想像もできません。しかし自然は着実に入れ替わる方向に動いて進んでいます。                  以上

« クモ膜下出血、心臓病・・・40歳がなりやすい病とは | トップページ | アメリカの主権の終焉 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超巨大モスキート:米国フロリダに「通常の20倍の大きさの蚊」:

« クモ膜下出血、心臓病・・・40歳がなりやすい病とは | トップページ | アメリカの主権の終焉 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ