カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 1900年前に中国で作られた世界最初の地震計の再設計を試みる科学者たち | トップページ | ドイツ公共第一放送、福島のチョウの奇形 »

2013年4月14日 (日)

南アフリカで「女子学生の4人に1人」がHIV陽性である

2013年03月15日


南アフリカで「女子学生の4人に1人」が HIV 陽性であることが調査により判明

sa-students.jpeg

▲ 南アフリカの女子学生たち。
--



南アフリカの保健省が、南アフリカの女子学生の「28パーセント」が HIV 陽性だという驚くべき統計結果を明らかにしました。タイトルでは「4人に1人」としていますが、28パーセントというと、むしろ3分の1に近いものすごい数字です。

この報道の悲劇というか、重大性は「女子学生」というところにあります。

調査した年齢区分の範囲は、はっきりとは書いていませんが、南アフリカの教育制度の区分も私たちとそれほど変わりません。なので日本でいう中学生から大学生くらいまでのことを言うのだと思いますが、この年齢の女性たちの多くは、

「これから母親になる」

という人たちであり、保健省の大臣が「私の魂は壊されてしまった」と言ったのも、あながち誇大な表現とも言えない面もありそうです。

記事にもありますが、南アフリカを含めて、アフリカ大陸の南部は HIV 感染者とエイズ患者の人口中の比率が世界最大です。

下の図は 2006年のものですが、世界保健機構 / WHO の統計によるアジアとアフリカ地域でのエイズの感染率の分布です。

aids-asia.png



アフリカ大陸南部では、多くの国で人口の 15パーセントから 35パーセントの間という非常に高い HIV 陽性のレートであることがわかります。

しかし今回、南アフリカでは、「これからのその国の未来と関係する若い女性たちの感染率の高さ」がというものがわかったわけで、確かに深刻だとは思います。

ちなみに、私たちの日本での状況については、リアルタイムの状況はよくわからないですが、2008年くらいまでは下のように一直線に増え続けていました。

jp-aids.png



まあ、増えているとはいっても、1億人以上の人口を持つ国として率を考えると、アフリカ諸国と比較になる数ではないです。今回の南アフリカの比率を日本の人口に適用すれば、3000万人以上の HIV / AIDS 潜在者がひとのつ国に存在するというような計算になります。

そう考えると、アフリカ諸国の懸念の大きさも理解できるような気がします。


それでは、ここから AFP の記事の翻訳です。





Over quarter of S.African schoolgirls HIV positive: minister
AFP 2013.03.14


南アフリカの女子学生の4人に1人が HIV 陽性であることを南ア保健相が発表した


durban.jpeg

▲ 南アフリカのダーバン市内の目立つ位置に掲げられた「若い女性が、年長の男性との性行為の危険性」について記されたボード。


南アフリカ共和国のメディアが 3月15日の報道によると、南アフリカ保健相は、国の女子学生全体の 28パーセントが HIV 陽性であることが判明したと発表した。

統計を発表したアーロン・モッソーレディ( Aaron Motsoaledi )保健相は、会見の席で、「この結果に私の魂は壊されてしまった」と感想を述べた。

また、保健相は男子学生では4パーセントが HIV 陽性であることを付け加えた。

この統計の比率(女子学生 28パーセント、男子学生 4パーセント)は、女子学生への感染ルートが同じ年代の男子生徒からではないことが明らかであると地元メディアは報じている。

モッソーレディ保健相は「これ以上このようなことが続いていては、未来はない」とし、南アフリカの若い女性たちが HIV 感染に巻き込まれていく傾向に終止符を打たなければならない」と述べた。

また、南アフリカでは、2011年に9万4000人の女子学生が妊娠し、最少では10歳の女子生徒の例もあったことも報告された。

エイズで死に至る例は減少傾向にあるが、南アフリカでは、世界で最も高い比率での HIV / AIDS 患者をもつ。

公式な統計は南アフリカの人口 5000万人のうち 600万人が HIV 陽性であることを示す。


aids-south-africa.jpg

▲ コンドームなしでの性行為の危険について書かれたグラフィティ。南アフリカ。


南アフリカは、170万人に提供できる抗レトロウイルスプログラムを有する世界最大のエイズ治療国でもある。

保健省は、最近、エイズの自発的な検査を導入し、また、学校でのコンドームの配布することによって、学生たちの間での HIV 感染の拡大を抑制するためのプログラムを導入することを検討している。


以上は「宇宙の中の地球と太陽系記録」より
これも一種の人口削減のために行われたことが原因です。同じようにアジア人のみ感染するウイルスが時々現れますが何とかやって来ています。油断はできません。日本は放射能汚染にやられています。いずれ数千万人の人口削減になりそうです。白人優先の政治です。                                    以上
 

« 1900年前に中国で作られた世界最初の地震計の再設計を試みる科学者たち | トップページ | ドイツ公共第一放送、福島のチョウの奇形 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南アフリカで「女子学生の4人に1人」がHIV陽性である:

« 1900年前に中国で作られた世界最初の地震計の再設計を試みる科学者たち | トップページ | ドイツ公共第一放送、福島のチョウの奇形 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ