カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« アメリカの主権の終焉 | トップページ | TPP参加でサラリーマンは一層苦難を強いられる »

2013年4月12日 (金)

シリア紛争:アメリカは反アサド勢力に武器を提供はしない

シリア紛争:アメリカは反アサド勢力に武器提供はしない


先の見えないシリア紛争

◆3月20日

 リビヤ政権転覆時に英仏が主勢力となって空爆などで反政府勢力を支援したが、今回のシリア紛争でも英仏はそろって反政府勢力に対する武器供与を実施し、アサド政権を軍事的に転覆させる事を狙っている反面、二期目となったアメリカのオバマ政権は、反政府勢力に対する武器供与はしない、と言っている。

 シリアの反政府勢力の中にはアルカイダと繋がるテロリストが含まれている、とこのROCKWAY EXPRESSでは早くから指摘してきたが、ようやく欧米とりわけアメリカではその事実を認め、さすがにテロ組織に対しては武器供与はできない、という姿勢になったようだ。

 これが、米議会に提出された法案の中にも指摘されている。「外国のテロリスト組織に繋がるグループに対してはいかなる支援も施される事はない」という段落だ。しかし英仏が武器を供給する限り、シリア紛争はこれからも出口は見えにくいといえる。

 アサド大統領が指摘するように、外国が反政府勢力に武器を与えなければ、つまり、政治的な解決をしようとすれば、紛争は2週間で終わる、のだ。相変わらずシリア国民はアサド大統領を支持しアサド政権を支持しているから、軍事的にアサド政権側が勝利すれば、政治的にも終息するのである。なんとなれば、シリアの紛争は大衆動員的な民主化運動ではなく、外国勢力によるシリア政権転覆陰謀だからだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●シリア紛争:アメリカは反アサド勢力に武器提供はしない
http://www.huffingtonpost.com/2013/03/18/syria-conflict-us_n_2901737.html
【3月20日 By BRADLEY KLAPPER】

 オバマ政権は、ロシア、イラン、ヒズボラに支援されているシリアのアサド政権に対抗する戦いの均衡を破ることを狙った国の邪魔はしないと語り、シリアの反政府勢力に武器を提供する計画のイギリスとフランスに支援を与えた。

 ケリー国務長官は、2年間に渡るシリアの内戦が長引けば、政治機構が崩壊し過激派がシリアの化学兵器を手にするる危険が増大すると語った。45万人ものシリア人が隣国に難民として入っていることで、このシリアの紛争は「世界的な災害」となっていると国務長官は語った。

 ケリーはシリアのアサド大統領の目論見を変えさせることが必要だと語った。

 「もしも彼が決着を付けられると考えているのならば、シリア人とこの地域は問題を抱えることになる。そして世界もだ」とケリーはオーストラリアのボブ・カー外相との会合の後の記者会見で語った。

 ケリーは、アメリカは政治的解決のドアを開放しておきたい、と語った。しかし、シリアの反政府勢力に関しては、「アメリカはフランスであろうがイギリスであろうが、武器の提供を決定した他の諸国の邪魔をするつもりはない」と語った。

 このコメントは、フランスのオランド大統領が先週、フランスとイギリスがヨーロッパ連合に対して、反政府勢力側に武器の供給が可能となるよう、シリアに対する武器禁輸措置を撤回するよう圧力を掛けていると述べた後に成されたものだ。

 英仏両国は5月の末までに、もしくは可能ならばそれ以前に、反政府勢力側に軍事支援を行おうとしている。しかしドイツとその他のEU諸国は武器を供給することについては、不安定な地域での紛争の更なる増大の危険性を指摘して、それに対する疑念を持っている。

 アメリカはずっと同じ考えであり、オバマ大統領や他の高官らは、シリアに対する更なる武器の供給は和平の実現を更に困難にする、と言っている。紛争は去年一年で更に悪化し、アメリカはそのメッセージを幾分和らげた。反アサド勢力に対する支援は致死性のない食料と医療品とし、更なる紛争の増大を除外することは避けている。

 そしてアメリカのより一層の介入を支持する声は議会で増大している。18日、民主党の外交委員会で、反政府組織への訓練と武器供与に向けた法案が出された。

 共和党のエリオト・イーグル議員(ニューヨーク州)による法案によれば、平和で民主的なシリアを作り出さんとする諸グループはアサドに対し反対すべきであり、生物化学兵器を保障し断固保護せねばならない。外国のテロリスト組織に繋がるグループに対してはいかなる支援も施される事はない、とあるそうだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
以上は「ROCKWAY EXPRESS」より
アメリカが本当にその態度であれば、これは一歩前進です。あとは英国とフランスが反アサド勢力に武器を供給する予定としていますのでシリアに平和が戻るにはまだまだ時間がかかりそうです。                                     以上

« アメリカの主権の終焉 | トップページ | TPP参加でサラリーマンは一層苦難を強いられる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シリア紛争:アメリカは反アサド勢力に武器を提供はしない:

« アメリカの主権の終焉 | トップページ | TPP参加でサラリーマンは一層苦難を強いられる »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ