最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« TPP締結で、家庭菜園もできなくなる! | トップページ | エトス・プロジェクト その6 »

2013年4月15日 (月)

福井ラドン濃度急上昇中、要注意か!

地震予測情報:ラドン濃度の上昇傾向が続く!過去半年で最大!電子数データなどもやや強い数値! 

NEW !   
テーマ:
今月に入ってからラドン濃度で上昇傾向を観測し続けています。4月1日に観測していたラドン濃度は10万ちょっとでしたが、4月3日辺りから急激な上昇が発生し、現在は40万以上の数値にまで上昇してしまいした。


☆福井ラドン濃度
URL http://lll.physics.gifu-u.ac.jp/~radon/cgi-bin/place.cgi?key=hei&type=adc&nday=1&nweek=1&period=long&nmonth=1&ysel=2013&msel=03&dsel=10&yselm=2013&mselm=04&spanm=d

↓2013年3月~2013年4月のラドン濃度
正しい情報を探すブログ
↓2012年10月~2013年4月のラドン濃度
正しい情報を探すブログ
*何度も言うように観測点は福井ですが、このラドン濃度は東日本の太平洋側と連動して動いている傾向が強いので、福井で地震が起きるということではありません。


流石に4倍以上の数値にまで上昇するのは、ここ最近では非常に珍しいです。ラドン濃度というのは高い数値から急落に転じた時に地震が発生しますので、今のところは地震が発生する心配はありませんが注意は必要であると言えるでしょう。
数値の高さから考えて、マグニチュード7クラスの地震が発生する可能性があると考えられますが、具体的な震源地に関しては詳細は不明です。

他にも電子数データなどで高い数値を観測しています。NASAの電子数データは今までよりも強い数値を太平洋の広範囲で観測。海水温データも日本の太平洋側で高温を捉え、行徳地震予知データも強いノイズを先日から観測中です。

以下、最新の各種データ紹介。


☆NASA世界電子数情報
URL http://iono.jpl.nasa.gov/latest_rti_global.html

↓東南アジア、日本南部沖を含む太平洋中部で高い数値。
正しい情報を探すブログ


☆行徳地震予知データ 千葉香取観測点
URL http://earthq.system-canvas.com/index.html

↓昨日の昼頃と本日の朝にノイズ
正しい情報を探すブログ


☆気象庁海水温データ
URL http://www.data.kishou.go.jp/kaiyou/db/kaikyo/jun/sst_wnp.html

↓東日本太平洋側で高温状態が続く。既に4ヶ月目に突入。北海道南部では海水温が急低下。
正しい情報を探すブログ


↓麒麟地震研究所でも相変わらず、高い数値を捉え続けています。
☆麒麟地震研究所
URL  https://twitter.com/kirinjisinken

引用:  
観測機1フルレンジのデータです。11時50分に振り切っています。13時40分にも最大級の反応が出現。今の日本列島は日本海溝の東で発生するアウターライズ地震や別の大きな地震に注意すべき時期に入っています。  #jishin  #津波 pic.twitter.com/S7cqc9zBa9
正しい情報を探すブログ
:引用終了


今回は大きな動きを観測していなかったので紹介しませんでしたが、地場データやHAARPデータは比較的静かなので、今直ぐに大きな地震が国内で発生する可能性は低いと予測されます。ただ、太平洋側の電子数などで高い状態が続いているため、小笠諸島などでやや規模の大きな地震が発生する可能性はあります。
もちろん、日本本土から相当離れているので揺れはないでしょうが、地殻変動のパターン次第では内陸の地震を活発化させてしまうことがあるので注意です。

各種データの変動幅があまり大きくなかったので、地震予測情報の更新は今回はしません。


◎大地震予測情報
*発生日時:3月23日以降(詳細は調査中)
*発生場所:北海道、三陸沖周囲、関東沖周囲(小笠原諸島、伊豆諸島含む)
*地震規模:マグニチュード7以上
【注意:大地震の前兆現象は非常に長く継続しますので、現時点ではまだ断言できない箇所がありますがご了承してください】
:地震予測作成時刻2013年3月23日11時50分
*大地震の発生時期は各種データで終息を観測してからでないと、断言は難しいです。予想よりも長く続いているので、当面は様子見とさせて頂きます。

☆地震の前兆現象は科学的に説明できる


地震対策は以下の過去記事などを参照してください。

☆過去記事:私のしている災害対策用備蓄品の詳細と紹介
URL http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11253827274.html


☆過去記事:大地震が発生したときの対処法。机に隠れるのは間違い!?非常用バックに入れるもの
URL http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11194278543.html


☆大震災の経験者が語る大地震時の正しい知識
URL
http://www.satonao.com/column/variety/jishin.html 
 

以上は「正しい情報を探すブログ」より
福井・山陰地方での大地震の可能性もあります。最近の琵琶湖での異変もあり、いよいよその時期が近いのかもしれません。大飯原発も再稼働しているので二度目の事故も起きることになるかもしれません。予定通りです。                  以上

« TPP締結で、家庭菜園もできなくなる! | トップページ | エトス・プロジェクト その6 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福井ラドン濃度急上昇中、要注意か!:

« TPP締結で、家庭菜園もできなくなる! | トップページ | エトス・プロジェクト その6 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ