カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« シリア紛争:アメリカは反アサド勢力に武器を提供はしない | トップページ | エトス・プロジェクト その3 »

2013年4月12日 (金)

甦るアイスマンの真実

甦るアイスマンの真実


   アイスマン5300年前のミイラ掘り出し時の映像 (NHKではありません) 


アイスマン~5000年前の男は語る~ 

iceman-04.jpg 

「アイスマン」は1991年にイタリア・オーストリア国境付近にあるアルプスの氷河
から発見された世界最古の冷凍ミイラである。その身体は人類にとって“至宝”とも
言うべきもの。

5000年前の人体、着衣、道具類が氷漬けになって保存されていたため、文字の無い
当時の暮らしぶりや文化、風習などを知る極めて重要な手がかりが詰まっているからだ。

しかし解凍して詳しく調べようとすると、微生物によって腐敗する危険性が避けられない。
そのため発見から20年間、アイスマンは厳重に冷凍保存され続けてきた。
このアイスマンを完全解凍するという画期的な調査が、ついに始まった。
最新の医療技術を駆使して腐敗や損傷の危険性を押さえながら、体内からサンプルを
採取、それを世界中の研究者が分析する。アイスマンはどんな人物だったのか?

当時はどんな暮らしぶりをしていたのか?そして、アイスマンの不可解な死の真相は・・?
これまで謎に包まれてきたアイスマンの全貌が次第に明らかになってきている。
「アイスマン」の解凍・調査に密着、人類史上の壮大な謎解きを堪能する。 

2013年4月13日(土) 夜11時
2013年4月20日(土)午前0時45分(金曜日深夜) ※再放送


-----------------------------------------------------------------------------

日曜日の深夜、NHK総合TVで放送された「アイスマン:5000年前の男は語る」
を興味深くみました。今週の土曜日にEテレでも放送されますので、是非どうぞ~。
ざっと、かいつまんで説明します。NHKさん、怒らないでね~(笑)

アイスマン発見

1991年9月19日に,アルプス山脈の高い尾根に沿って登山をしていた夫婦が溶けた
氷の中から姿を現した死体を発見しました。2人は滞在していた山小屋へ戻ると当局へ
通報しました。当局は始め、行方不明の登山者の遺体だと思い込んでいました。
遺体は左腕を曲げた状態でうずくまっていました。周囲に木や皮は見られません。

   iceman-05.jpg

しかし、遺体がオーストリアのインスブルックに運び込まれると、インスブルック大学の
考古学者シュピンドラーは、その遺体が有史以前のものであることを確認しました。 
標高3000mのアルプスで発見された【アイスマン】のニュースが世界に配信されました。

    iceman-06.jpg

その後、アイスマンは特別な冷凍室で保存されます。(ー6℃、湿度94%)
発見から20年、やっとアイスマンは政府の許可を得て、解凍されて調査されること
になったのです。24人の特別チームが編成されました。

アイスマンは5300年前の人間と判明しました。青銅器時代の遺品も見つかりました。
身長160cm、体重50キロ、46歳前後と推定され、エジプトのミイラような人工的な
ミイラではなく、今回のアイスマンは自然にできたミイラと判明しました。

    iceman-02.jpg

胃の中の内容物は内視鏡カメラを使用し、脳には5mmの穴をあけてサンプルを取り
出しました。皮膚、腸などからもサンプルを採取し、合計149点にものぼりました。

   iceman-03.jpg   

① 胃の内容物

動物の脂肪、動物の毛が発見されました。ヤギ、鹿の肉も発見。
植物もハーブが発見され、味や香りを気にした食事をしていたことが伺えます。
小麦の痕跡も見られ、煤(すす)も発見されたため、パンを焼いていたようです。

② 所持品

靴は丈夫なクスの皮でできていました。毛皮のマントは結構おしゃれです。
驚くのは「銅の斧」でした。純度99.7%です。高度な精錬技術があったようです。

③ 皮膚

右ひざ、背骨、足のくるぶしに奇妙な煤(すす)であらわした模様がありました。
全身に15か所もあり、全て服で隠れる場所にあったのです。それはなに?
なんと、それは刺青(タトゥー)だったのです!その後がまたすごいのです。
15か所のタトゥーは鍼灸治療で用いられる【つぼ】と完全に一致したのでした。

    iceman-07.jpg 

④ 腸

植物の花粉が多く発見されました。肛門ではモミ、小腸ではアサダ、トウヒです。
これが様々な憶測を呼ぶことになります。数種の花粉は気温の違う地域を指すと
考えると、わずか55時間の間に、アイスマンは低地から標高3000m級の山々を
激しく移動したと考えられるからです。シュピンドラー博士はアイスマンは災難に
遭遇したのだという説を打ち立てました。

⑤ 胸部レントゲン写真

左肩に矢じりの痕跡が見られ、その矢じりが大動脈を傷つけ、大量出血で瀕死の
状態になったのではないか?何者かに後ろから矢を撃たれた・・殺人事件では?

⑥ 脳

赤血球は5300年前の血液でした。CTスキャン撮影では、後頭部に大量出血の跡。
右目に亀裂があり、左腕を不自然に大きく曲げたままで死んでいました。
たぶん、犯人が矢を抜いて逃げたのではないか?矢じりを抜いたのは名刺のような
意味があるので、自分の仕業だというのを隠すためではないか?(謎)

iceman-08.jpg   

まぁ、ざっとこんな感じの内容でして、これから世界中の学者たちによって様々な
調査結果が発表されることになります。それにしても、20年間も解凍許可が出なか
ったというのがミソですね。つまり、2012年辺りにならないとダメってことですか?

問題は、みなさんも気がついたと思うのですが、冷凍マンモス君の謎と一緒。
胃の内容物を調べると、わずか55時間の短期間で登山、下山、登山とすごい
アップダウンをしていたというアスリート顔負けのアイスマンです。(*'▽')

そして、紀元前5300年ごろというのは、世界最古の文明であるエジプト文明のころに
なります。今までの定説では、ヨーロッパ、アルプス付近には人類は文明を作って
いないことになっているそうです。つまり、エジプトから移住した人々がいた?
また、純度99.7%の銅斧・・かなりの高度な文明社会。あれ?これって何かな?

世界の四大文明が塗り替えられるか?

四大文明の前に存在した高度な文明と、突如として消えた謎・・。

興味のある方は、是非、13日の放送をみてくださいね~。(#^.^#)
以上は「MUのブログ」より
紀元前5300年ということは、約7300年前ということです。小生が住んでいる千葉県八千代市はその頃は海の底でした。大変貴重なミイラです。          以上
 







 

« シリア紛争:アメリカは反アサド勢力に武器を提供はしない | トップページ | エトス・プロジェクト その3 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甦るアイスマンの真実:

« シリア紛争:アメリカは反アサド勢力に武器を提供はしない | トップページ | エトス・プロジェクト その3 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ