カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ロシア海軍は地中海に機動部隊を展開 | トップページ | 40歳の危機をどう生き抜くか、傾向と対策を探る »

2013年4月 7日 (日)

福島原発・健康被害はすでに深刻

2013年03月31日

このブログの内容早分かり--健康被害はすでに深刻 被曝回避を--

1.福島第一原発からの放射性物質の放出は止まっていない。福島県内だけでなく関東でも放射性物質の追加的降下で空間線量率が下がらない。山武市内の空間線量率。青線が実測値、赤線が減衰曲線。

2.し尿汚泥焼却灰のセシウム濃度からはセシウム経口摂取の抑制努力が働いているようには見えない。セシウム134が2年経過して半分近くになっていることが減少の主因。

3.内部被曝による深刻な健康被害が多発している。福島県の子供3人に甲状腺がんが見つかった。柏市の50代男性の小学校同級生が1年で8人死亡。多摩南部地域では心臓に穴の開いた「チェルノブイリ・ハート」が複数例生じている

4.「放射能」、「健康被害」などのキーワードで検索エンジン経由このブログに来訪する方が急増している。突然死などが多くの人の身の回りで起きていることの表れ。

5.芸能人やスポーツ選手などに体調不良が続出。詳しいサイトは

6.人口統計は、福島第一原発事故後、汚染地域で出生数が減り、死亡数が増えていることを示している。突然死の事例は、情報源が確実なものだけでこんなにある

7.関東のほぼ全域は、2011/3/15午前に茨城県、埼玉県、東京都を通って神奈川県に達したプルームによる内部被爆が大きかった。これが神奈川県等で早い時期から突然死が出た原因。

8.このプルームは、キセノン、ヨウ素、セシウムなどを大量に含み、甲状腺、心筋、脳血管の障害を引き起こしている。ウクライナの研究者は、甲状腺病変は被曝量による非確率的影響であるとの見解。同程度の被曝をした人には同じような病変が生ずる

9.市原市で米などを自給していた元フジTVアナウンサー山川建夫氏は、「呼吸器、消化器、循環器系に違和感を覚える事が継続的、断続的にありました。その原因の或る「部分」が自給米や野菜にあった事は間違い無いと思います」と綴っている

10.2011/3の初期被曝は、今となっては取り返しがつかない。放射性物質の排出促進に効果があるというキレート剤はセシウム以外の元素も排出促進するだろうから乱用は弊害がある。被曝に治療法はない。

11.家族から死者を出さない、重大な疾病にかからないためには、放射性物質によって汚染された地域から脱出し、飲食物による放射性物質の体内取り込みを徹底的に排除することが必要。現在、死者や新生児の奇形が続出しているということは、放射性物質の体内蓄積が進んでいることの現われ。

12.残念なことに、関西と東京の子供のエコー検査をした医師は、「事故時に関西にいた赤ん坊は全くのう胞がないが、東京にいた赤ん坊は、ほぼ全員に小さいのう胞が数多く出た」と述べている。甲状腺のガンとその転移は、チェルノブイリ事故による被災者の治療に当たった医師の経験と、福島県立医科大学副学長の研究論文によれば、すさまじいものになるだろう

13.政府や新聞、テレビはそんなことは言っていないとの疑問も無理はない。国民の将来的な健康リスクの面では、被災地域の経済社会体制の維持が困難になっている。福島第一原発事故がもたらした膨大な損失で、日本という国は、事実上の経済破綻。政府などによる情報遮断は、歴史上例を見ない大悲劇を個人の不幸のレベルに押しとどめ、一見しては分からなくするもの。

14.政府の情報統制に操られ、福島第一原発事故で世界が一変したとの認識を持ち得ない者、生活慣行を変えようとしない者から発症し、そのうち静かに死んでいく。原発がもたらした悲劇は人口統計だけが記憶することになる。放射能に関しては臆病者でないと生き延びられない。
posted by ZUKUNASHI at 23:00| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
以上は「ずくなしの冷や水」より
一般のマスコミが隠ぺいして報道しないために国民は真相を知らないが実態は深刻なほどに被害が広がりを初めています。時間が経てば経つほどに隠すことができないまでに被害が大きくなります。安倍政権はそれを知りつつ真相を国民に知らせていません。これほどの国民だましの政権が続くことは国民にも責任の一端があります。このような酷い政権を国民が選択したのです。自業自得でもあります。もはや救いようのない日本になってしまったようです。                                 以上

« ロシア海軍は地中海に機動部隊を展開 | トップページ | 40歳の危機をどう生き抜くか、傾向と対策を探る »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発・健康被害はすでに深刻:

« ロシア海軍は地中海に機動部隊を展開 | トップページ | 40歳の危機をどう生き抜くか、傾向と対策を探る »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ