カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 目先の利益しか見えない愚か者たち、産業競争力会議 | トップページ | 様々な覚悟が必要な時期にある »

2013年5月13日 (月)

「被ばくの影響は100ミリシーベルト以下は出ない」とは真っ赤なウソです

「被曝の影響は100ミリシーベルト以下では出ない」との真っ赤なウソが自治体や政府に横行しているが、これは、とんでもない完全なウソです!
 原子力産業に乗っ取られたといわれるICRPでさえ、被曝の影響に閾値は存在しないと明言しているのです。

 これは広島長崎の膨大な被曝データを処理して得られた放射線影響研究所による報告です

 被爆に関連した小頭症および知的障害の発生増加は、1950年代後半に既に明らかにされていた。線量が0.005 Gy未満と推定された胎内被爆者においては、1,068人中9人(0.8%)に重度の知的障害が見いだされたのに対し、線量が0.005 Gy以上と推定された胎内被爆者においては、476人中21人(4.4%)が重度の知的障害と診断された。

 この重度知的障害が発生する確率は、被曝線量および被爆時の胎齢(特に発達の著しい段階)と強い関係がある。知的障害の過剰発生は、受胎後8-15週で被爆した人に特に顕著であり、受胎後16-25週で被爆した人ではそれよりも少なかった。

一方、受胎後0-7週、または26-40週で被爆した人では全く見られなかった(図1)。また、重度の知的障害に至らない場合でも、受胎後8-25週で被爆した人に、線量の増加に伴う学業成績とIQ指数の低下が認められ(図2)、発作性疾患の発生増加も明らかになった。

 6人の重度知的障害者については脳の磁気共鳴画像診断が行われており、受胎後3カ月目から4カ月目に被曝すると、脳の構造に明らかな異常が引き起こされることが示唆されている。小児期被爆者と同様、毎年行われた胎内被爆者の身体測定でも、高線量被曝群において成人時(18歳)の身長、体重の全体的な減少が観察されている。この場合には、性や被爆時の胎児の週齢は関係がない

 http://www.rerf.or.jp/radefx/uteroexp/physment.html   

http://tl.gd/n_1rji8rs · Reply
以上は「放射線影響研究所」より

政府・当局者たちは、盛んに100ミリシーベルト以下は大丈夫だ広報していますが、飛んでもありません。健康には大変な影響があることはすでに証明されています。国民に嘘をいってだまして済まそうとの魂胆があります。安倍政権も酷い内閣です。きっちり責任を取ってもらうことが必要です。後日必ず健康被害が出てきます。これは証明されると思われます。すでに各地で健康被害が出てきています。                         以上

« 目先の利益しか見えない愚か者たち、産業競争力会議 | トップページ | 様々な覚悟が必要な時期にある »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 目先の利益しか見えない愚か者たち、産業競争力会議 | トップページ | 様々な覚悟が必要な時期にある »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ