カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 逆臣・羽毛田 | トップページ | アメリカ国内重視政策の行方 »

2013年5月 1日 (水)

沈黙する太陽、いろいろな「宇宙ゼリー」を地球に投げ続ける天体群

沈黙する太陽。そして様々な色の「宇宙ゼリー」を地球に投げ続ける天体群

spheres-p.jpg

▲ 2013年1月27日に米国アリゾナの砂漠で見つかった紫の球。正体はわからないままです。記事「米国アリゾナの砂漠で見つかった紫の玉の正体は?」より。
--





「太陽もジョークを演じているのだろう」: NOAA の予測官


昨日(4月1日)の米国スペースウェザーを見ましたら、最初の記事の見だしが「太陽活動最大期がついに来たる!」でした。

s-w-0401.png


上の記事です。

しかし、このタイトルは実は「エイプリールフール」に合わせた記事だったようです。

実際のとろは「来るはずのものが来ていない」のです。

記事の中には、「太陽もエイプリールフールなのでジョークを演じているのだろう」という NOAA の予測官の言葉と共に、上に赤線を引いたように「太陽は一体どうなってしまっているのだ?」というようなことがかかれていまして、記事は 2009年5月8日に NASA が発表した今後の太陽活動の推移のページにリンクされていました。

それは下のようなページです。


Solar Cycle 24 Prediction Update released May 8, 2009
NOAA/Space Weather Prediction Center 2009.05.08

2009年5月8日に発表されたサイクル24の今後の予測

NOAA (アメリカ海洋大気庁)は、第24太陽活動(サイクル24)が 2008年 12月に最小の活動だったことを確認し、今後そこから反転し、太陽活動最大期に向けて黒点活動は大きくなると予測されるという意見で一致した。最大期の黒点数の平均数は 90と予測され、過去の太陽活動最大期と比較すると低いと予測される。


会議では太陽活動最大期は 2013年 5月に訪れるとの予測を発表した。これは NOAA の予測として正式な決定事項だが、統一見解ではない。この予測に同意しないメンバーもいた。

prediction-2009-05.png




というものでした。
上のグラフの日本語はこちらで加えました。

そして、「一体どうなってるんだ?」というのは、太陽は上の予測とはまったく違った動きをしているからです。



昨年12月の記事、

「太陽の休止」の現実化: 2013年に最大を迎えると予測されていた太陽活動のピークがすでに終わった可能性を NOAA が示唆
 2012年11月06日

では、 NASA もほぼ同じことを発表していたことをご紹介したことがあります。



▲ 太陽活動の予測と実際の太陽活動を示したグラフ。上記の記事より。


現実として、ずっと太陽フレア活動も静かで、下はこの数日間のNOAAの太陽フレアの推移のグラフのに注釈を加えたものです。

flare-2013-04.png


Bクラスの弱い太陽フレアがたまに発生するくらいで、昨年などより弱い太陽活動と言えます。


それでは、「黒点そのもの」は全然出ていないのかというと、そんなことはないのです。下の図は4月1日の黒点群の状況です。

sunspot-2013-04-01.jpg


「1711」などの番号がふられているのは、それぞれが「黒点が集まっている」黒点群で、 黒点全体の数は、上の日で 83個と発表されています。

これは、記事の最初に書いた 2009年の予測にある

大期の黒点数の平均数は 90と予測


のあたりの数となっていて、決して少ない黒点数とはいえないです。

しかも、2012年と2013年は毎日黒点は出現しており、「黒点が出なかった日は1日もなかった」のです。

ss-2012-2013.png

▲ 太陽に黒点が観測されなかった日。2012年と2013年では1日もありません。


毎日黒点そのものはあるのです。
そこに関しては、 NOAA も NASA も予測は正しかったといえるのですが、黒点がいくら出ても「死んだかのように」何の活動もしないということになっていて、それが最初の「太陽もジョークを演じているのだろう」という NOAA の予測官の言葉につながっているようです。

しかしまあ、こちらのクレアの記事のタイトルのように、

「これはゲームじゃないんだ」

という言葉もこの世にはありますし、どうなりますかね。

これからの太陽活動ばかりは、とにかく時間の経過の中で見ていくしかないようにも思います。

世界中の専門家たちの予測が外れ続けているのですから、これからも「外れる」という可能性も確かに高いわけで、まして私のような素人に何かが予測できるはずもありません。






宇宙ゼリーと呼ばれる物質が以前にも増して多く見つかっている


太陽とは関係ないものですが、中国の新聞で興味深いものを見つけましたので、それをご紹介しておきます。


yellow-001.png

▲ 新四川という新聞より。「空から降って来た黄色の物体」という記事が出ています。


これらは、昔から「隕石の通過する後に降るもの」というように言われていたりもするようで、名称についても、スターゼリー(星のゼリー)とか、アストラルゼリー(宇宙のゼリー)というように呼ばれていることを最近知りました。かなり昔から観測されているもののようです。


そういえば、今年2月のことでしたが、英国で下のような報道がありました。「緑の " 宇宙のスライム " が専門家たちを困惑させている」というタイトルの記事です。

green-bloblike-123.jpg

▲ 2013年2月18日の英国 SkyNews より。


英国サマセット州のハムウォール自然保護区( Ham Wall Nature Reserve  )という場所で見つかったものだそうですが、その時間がちょうど、ロシアの上空で爆発した隕石が地球上空を通過していった時と同じ頃だったために、話題となっていたようです。


隕石が通った後に、地上に「様々な色のゼリー状の物質」が残ることは古くから知られていることを最近の出来事で知ったという次第ですが、だとすると、 In Deep で過去ご紹介したうちのいくつかもそれと関係したものが含まれている可能性もありますね。

過去記事には、


英国で空から降って来た青いゼリー状物質( 2012年 1月)



カナダのテレビニュースでの謎の音についての報道
 2012年01月29日



米国ニューヨーク州で降って来た黄色の物質( 2011年 1月)



ニューヨーク州で空から広範囲に降り注いだ「ネバネバとした」緑と黄色の謎の物質
 2011年01月21日



アラスカで空から降って来たオレンジ色の物質( 2011年 8月)



アラスカの空から降り注ぐ正体不明のオレンジ色の物質
 2011年08月07日


などの「空から降ってきた正体不明の物質」に関しての記事がありました。


今回ご紹介するものは、中国の四川省に降ったもので、隕石のような「火球」が目撃された翌朝に発見されたもののようです。この形状はこれまで見たことのないものなので、ご紹介しておきたいと思いました。


地球の「アストラルゼリー・コレクション」は増え続けているようです。


記事はここからです。





ch-yellow.png
華西都市報 (中国) 2013.03.25

夜の空が光った翌日に発見された黄金色に変色する物質


yellow-pancake-uf6.jpg


3月23日の午前8時、松樹梁村の警察署に、この村の住民である鵬さんから不審物を見つけたという報告があった。

現場に出向いた警官たちが見たものは、上の写真の黄色の物体で、ケーキのようにも見える正体不明の物質だった。大きさは子どもの手のこぶしくらいの大きさだ。

村人たちによると、前日の夜の3月22日、この付近では数百メートルに及ぶ光の尾を持つ流れ星のような光が目撃されていた。また、爆発の光を見た村人たちもいた。

翌朝、鵬さんの家の庭にこの物質が、1メートル間隔で4つ並んで落ちていたのだ。

表面は柔らかく、ゼリーや茶碗蒸しのような質感だ。

隕石の専門家によると、隕石などの天体は大気圏に突入する際に、摩擦により数千度の高熱を発するという。そのため、隕石そのものからこのような水分を多く含むゼリーのような物質が組成されて地上に落ちてくるとは考えにくいと語る。

しかし、海外でも隕石や流星の後にこのような「ゼリーのようなもの」が発見される事例はとても多いといい、天体と物質の関係を巡るひとつの謎となっている。

以上は「IN DEEP」より
世界各地に、不思議なゼリー状の物体が落下しているのは不気味です。地球上には存在しないもののようですが、ではどこから来たのか見当もつかないようです。誰のいたずらなのか宇宙からの贈り物なのか本当に不思議なことがあるものです。   以上
 


« 逆臣・羽毛田 | トップページ | アメリカ国内重視政策の行方 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 逆臣・羽毛田 | トップページ | アメリカ国内重視政策の行方 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ