カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 福島第一原発1号機注水9割漏水 | トップページ | 96条改正、今国会提出へ »

2013年5月 5日 (日)

全米に拡大するアメリカの「謎の振動と爆音」

2013年04月05日


全米に拡大するアメリカの「謎の振動と爆音」

mi-top.jpg

Fox17 Onlineより。
--




最近、米国のミシガン州で「謎の振動と原因のわからない揺れ」に関しての報道が多くなっていました。上の記事はブランチ郡というところの地元メディアです。

そんな中、「ミシガン州だけではない」というタイトルの報道記事があり、米国の各州での最近の「揺れ」について記載されていましたので、ご紹介しておきたいと思います。

現在、アメリカ全土には「大地に亀裂が走る場所」も多くなっていて、そちらに関しては少しずつ資料を集めていますので、そのうちこちらか In Deep に書きたいと思っています。


ali.jpg

▲ 2013年3月に米国アリゾナ州に突如開いた巨大な亀裂。 Navajo Post より。



今回の記事に出てくるミシガン州フリント郡という場所は、下の地図の「A」のところで、「MI」と書かれたところがミシガン州です。

michigan-s1.jpg


今回の記事によりますと、今年になって、さらに全米に謎の騒音と振動を感じる地域は広がっているようです。

ここから記事です。





Flint isn't the only place with mysterious explosions
m Live (米国) 2013.04.01

謎の爆発音は、ミシガンのフリントだけで起きているのではない


mi-sounds.jpg


最近、さらに謎の振動と爆音が激しくなっているミシガン州のフリントの住民たちは、この数ヶ月間から1年近くにわたり、雷あるいは大きな花火のような激しい騒音と振動を報告し続けている。

しかし、フリントだけがこの「謎の騒音」が報告されている唯一の場所ではない。

アメリカのほぼ全土で、このような原因のわからない爆音や騒音、あるいは振動といったものの報告がなされているのだ。


ユタ州

2013年1月に、ソルトレイクシティにあるテレビ局の報道によれば、ウェーバー郡などで何百人もの住民たちが、また、ワイオミング州にまたがる州でも多くの人々が激しい音を聞いた。当時、その地域では地震活動はまったくなかった。



マサチューセッツ州

2012年11月、セーラム市のブリッジストリート地区で、激しい爆発音が報告された。



オクラホマ州

2013年1月、オクラホマの地元メディアは、ガスリー地区で、住民たちが形容のしがたい不思議な音を聞いたことを報じた。騒音の原因に関してはわからないが、住民はそれぞれが「自分自身の解釈」を持っているようだと述べた。



ウィスコンシン州

2012年3月、クリントンビルの町の住民たちは非常に大音量でミステリアスな音を聞いた。雷鳴のようにも聞こえるその音は、2時間ごとの間隔で鳴り、住民たちの多くはその夜、眠ることができなかったという。



ウエストバージニア州

カノワ郡で謎の振動の報告があった。しかし、謎はすぐに解決された。近くにある鉱山で、石炭を抽出するための地雷の爆発が原因だったと考えられる。



カリフォルニア州

サンディエゴの住民たちは、今年のはじめから謎の振動を経験している。地元のメディアによると、地元の海軍基地の動きと関係があるのではないかと言う。しかし、今のところ原因はわかっていない。






(訳者注) 世界での謎の音と振動に関しては、昨年の In Deep で「世界中で響き渡る音からヨハネの黙示録の天使のラッパを考える」というタイトル3回にわけて取り上げたことがありますので、リンクしておきます。

ご参考いただれば幸いです。

世界中で響き渡る音から「ヨハネの黙示録」の天使のラッパを考える(1)
 2012年02月21日


世界中で響き渡る音から「ヨハネの黙示録」の天使のラッパを考える(2)
 2012年02月23日kan-001.png


世界中で響き渡る音から「ヨハネの黙示録」の天使のラッパを考える(3)
 2012年02月23日

以上は「宇宙の中の地球と太陽系の記録」より

大地震か大噴火(イエローストーン)または大陸を二分する割れ目ができることも考えられます。これも「地球大異変」の一環です。「3.11テロ」の天罰の意味もあるかもしれません。人間がいくらごまかしても神様はお見通しなのです。             以上

« 福島第一原発1号機注水9割漏水 | トップページ | 96条改正、今国会提出へ »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全米に拡大するアメリカの「謎の振動と爆音」:

« 福島第一原発1号機注水9割漏水 | トップページ | 96条改正、今国会提出へ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ