カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 電磁波(とみられる)攻撃を受けて | トップページ | 地球の出産 »

2013年5月 2日 (木)

福島で起きている異変と懸念される健康被害

福島で起きている異変と懸念される健康被害

 先日、東洋経済に以下の記事が掲載された。

福島原発周辺で「動植物異常」相次ぐ

 ヤマトシジミの異常については以前にも取り上げたことがあるが、ウグイスの異常やニホンザルの白血球数の減少など、さまざまな野生生物で異常が出ているようだ。また、以下の情報によると、飯館村の牧場で馬がバタバタ倒れているという。明らかに尋常ならざる状況だ。

【転載】福島県飯館村「大変なことが起こっているよ」2013.3.20 FB (心の自由を探す旅の途上にて)

 これらの異常が被ばくによるものであると断定はできないにしても、これだけさまざまな生物に異常が出ている以上、被ばくの影響である可能性が極めて高いというのが自然だろう。福島の原発事故による放射能汚染が生態系にかなり影響を及ぼしており、それが顕在化してきたということだと思う。しかもこれはかなり深刻な状況を物語っている。

 私は、事故が起こった当初は主として放射性セシウムをもっとも警戒すべきではないかと思っていた。しかし、事故から時間が経つにつれ、アルファ線やベータ線を出す核種にも気をつけなければならないと思い始めた。

 というのは、やはりチェルノブイリと福島では事故のタイプが違うということからだ。福島の場合、何回にもわたって放射性物質の大量放出があった。おそらく大量放出ごとに含まれていた放射性物質の核種の割合なども違っていただろう。そして、気になるのがMOX燃料を使っている3号機からの放出だ。3号機は大爆発を起こしたが、その後3月20日前後にも大量放出があった。

福一の放射能放出の真相や被ばくの実態は解明されていない

原発事故から2年、いまだ真相を語らないNHK(追記あり)

 ということはプルトニウムが微粒子となってかなり放出されたのではなかろうか? しかも、20日前後の大量放出の時は関東地方もかなり線量が上がった。東電が20日前後の大量放出をずっと隠しつづけてきたのは、そのためではなかろうか。

 クリス・バズビー氏は、事故から少したった時点で、ホットパーティクルが車のエアフィルターから検出され、ウランとプルトニウムが確認されたことを伝えていた。そして、それは首都圏にも飛んできている。

クリス・バズビー氏の講演会[早稲田]  (安禅不必須山水)

 ここで気になるのが、上記の記事にある「だから核実験のピークの空気と比べて東京は250倍の汚染で、チェルノブイリの約1000倍です」「福島の車のエアフィルターは、核実験の1000倍で、チェルノブイリの約3500倍くらいです」という話しだ。

 もちろん放射性セシウムによる被ばくも重大だし、セシウムは生態系に大きな影響を及ぼしているだろう。しかし、セシウムだけではなくウランやプルトニウムを含むホットパーティクルが空中に浮遊し多くの人が呼吸で取り込んでしまったということこそ、福島の事故の深刻さなのではないかと思えてならない。とすると、早川マップの土壌のセシウム汚染だけを考えればいいということにはならない。

フクシマとチェルノブイリの比較(改定版) (早川由紀夫の火山ブログ)

 また、厄介なのは、地面に落ちたこれらの微粒子は、風が吹く度に空中に舞い上がるということだ。放射性セシウムの微粒子も、プルトニウムやウランなどの微粒子も、再度吸いこんでしまうことになりかねない。しかも、アルファ線やベータ線はホールボディ・カウンターでは計測できない。

 たとえば、ウランを吸い込んでしまった時の症状には以下のようなものがある。

ウランを吸い込んだ時の症状(Um sentiment triste)

 アルファ線やベータ線核種の影響については以下にまとめられている。

内部被曝で現れる症状、α,β線の脅威(ねこってのフリーダムワールド)

 日本では今後どのくらいの地域にどのような健康被害が出てくるのか、また被害はチェルノブイリより小さくて済むのか大きくなるのかはもちろん分からない。ベラルーシやウクライナでは野生のきのこやベリーを貯蔵して食べる習慣があり、それが内部被ばくに大きな影響をもたらしたが、日本ではそれは回避可能だ。しかし、これからも食品はもちろんのこと呼吸による内部被ばくに気を付けたほうがよさそうだ。

以上は「鬼ぐもおばさんの疑問箱」より
安倍政権は、福島原発事故による放射能汚染被ばくについては、あまり心配ないと説明して福島県民には徐々に現地に帰還させていますが、今後大変な健康被害が予想されます。風疹多発はその前兆現象でもあります。今後放射能汚染による健康被害が出ても関連性を徹底的に否定するものと思われます。PM2.5による大気汚染による健康被害であるというつもりです。すでにマスコミを使って事前報道を繰り返しています。まことにあくどいやり方です。以前の自民党のやり方です。              以上

« 電磁波(とみられる)攻撃を受けて | トップページ | 地球の出産 »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島で起きている異変と懸念される健康被害:

« 電磁波(とみられる)攻撃を受けて | トップページ | 地球の出産 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ