カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 日本と韓国で児童手当がもらえる韓国人駐在員 | トップページ | 祭りの後、資産課税か? »

2013年5月 4日 (土)

子宮頸がんワクチンは効果なしを厚生省が認めた

子宮頸がんワクチンは効果がないことを厚労省が認めた 追記あり

   
テーマ:
 追記 

 反響の大きいこちらの記事ですが、本日関連記事をアップしています。

 こちらの記事も併せてどうぞ。
 

 「子宮頸がんワクチン お医者様がうそを言っているのではありません。」2013.4.4


 おはようございます。

 何かと問題になったいる子宮頸がんワクチンですが、厚労省が効果がない事を認めました。

 こちらの動画をご覧下さい。


 2013.3.28の厚生労働委員会質疑の模様です。

 先日定期予防接種になった子宮頸がん予防ワクチンについての事実です。

 日本で現在認可接種されているワクチンはガーダシルとサーバリックスの2種類です。

 どちらも、16型と18型のHPVに対するワクチンです。

 ここで質疑を見てもらうと、

 日本人の一般女性でHPVの16型に感染している人は0.5%、18型に感染している人は0.2%だと厚労省が発言しています。

 99.5%の人は感染していないウィルスのためのワクチンだったんですね。

 さらに副反応については、

 インフルエンザワクチンに比べて、

 サーバリックスは38倍 そのうち重篤な副反応は52倍

 ガーダシルは26倍 そのうち重篤な副反応は24倍

 こんなにも多いんです。

 また子宮頸がんについても、

 HPVウィルスは性活動のある女性の50%は感染し、感染しても90%以上は自然に排泄されると認めています。

 その上、適切に治療すれば治癒率はおおむね100%と発言されています。

 つまり、HPVはありふれたウィルスで多くの人が感染し、感染しても90%以上は自然に排泄してしまうもの。

 仮に持続感染しても適切に治療を行えばほぼ100%治る。

 このウィルスのなかのしかも99.5%の人が感染していないタイプのウィルスに対して、インフルエンザワクチンの何十倍もの副反応が出るワクチンを打つという事はどういう事なんでしょう?

 しかも対象は小学校6年生から中学生、高校生。

 10代の若い女の子に打つわけです。

 厚労省が認めたこの事実をあなたはどう考えますか?



 資料  HPVワクチンに関する ファクトシート - 厚生労働省
以上は「il-manoのアロマでサンバ」より
ほとんど効果のないワクチン接種をなぜ実施するかと言えば、人口削減が裏の目的なのです。接種すると女性は妊娠しづらくなります。接種しない方が良いのです。 以上

« 日本と韓国で児童手当がもらえる韓国人駐在員 | トップページ | 祭りの後、資産課税か? »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子宮頸がんワクチンは効果なしを厚生省が認めた:

« 日本と韓国で児童手当がもらえる韓国人駐在員 | トップページ | 祭りの後、資産課税か? »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ