カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« トルコ:反政府デモで1,000人弱の負傷者 | トップページ | 日本の右傾化が北東アジア安保の深刻な障害に »

2013年6月25日 (火)

ランチョ・ミラージュ余話(4)

2013/06/10(月)  ランチョ・ミラージュ余話 (4)
OX3
ふたりは ふたりきりで はなしあった…
OX4
国益を守り 覇権を握り 歴史を変えるために 真剣に 話し合った…
OX5
最初は作り笑いが多かった習近平だったが、やがて満面の笑み…
OX6
すこし苦みばしったオバマの表情。習近平は、してやったり! という表情…
一国の指導者に必要な条件は、ひとつしかない。
それは、国益を守る! この一点だけだ。

プーチン、金正恩、オバマ、そして中国の歴代指導者たちは、
みな、国益を守る! この点においては第一級でR。

サダム・フセインも、カダフィも、自国の国益を必死で守って
きたが、戦争屋勢力の謀略に引っ掛かり、殺されてしまった。

日本の場合は…、
国富を外国や外資に売り飛ばし、私益のために国益を平気で
毀損する政治屋が大半だった。今もそーだ。

日本の国富と国益と国民の健康と幸福を本気で守る! こう
いう気概をもち、命と体を張っている政治家が日本には皆無!
そこへ4基の原発が爆発し、放射能まみれなのに、放置。

だから この国は間違いなく滅亡する!いや、牛ー滅びている。
22世紀。日本という国は、跡形もなくなっているだろう。
美しかった想い出の日本列島も、核廃棄物の処分場だ夜!

美しいといえば…、
ランチョ・ミラージュも、もの凄く美しいらしいな。
そのランチョ・ミラージュに、たった一人だけだが、米国大統領
に呼ばれた日本国総理大臣がいる。
呼んだのはパパ・ブッシュで、呼びつけられたのは海部俊樹。

1990年の春、秋に中間選挙を控えたブッシュ大統領は、日米
構造協議の失敗の報告を聞き、日米経済摩擦の早期解決を
日本側に迫るため、電話一本で海部首相を呼びつけたのだ。

その時期、パパ・ブッシュは重要な先約でランチョ・ミラージュに
滞在しなければならず…、やむをえず海部首相との会談場所
を、急遽、ランチョ・ミラージュにしたのだった。
だから…、
ブッシュ大統領が海部首相をランチョ・ミラージュに呼びつけた、
という表現でEーワケ。
米国の植民地・日本の総理など、この程度の扱いなんだ罠ー。

以上、『ランチョ・ミラージュ余話』、日本人の鷲は、どーも後味
が悪い。
だから、鷲のこの文章、読まないほーがEーです。>皆の衆

えーーっ! 牛ーーすべて読んでしまったぁ?!
それは、それは、どーも、どーも、御苦労様でした! m(__)m
(了)
 
以上は「飯山一郎氏」ブログより

« トルコ:反政府デモで1,000人弱の負傷者 | トップページ | 日本の右傾化が北東アジア安保の深刻な障害に »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ランチョ・ミラージュ余話(4):

« トルコ:反政府デモで1,000人弱の負傷者 | トップページ | 日本の右傾化が北東アジア安保の深刻な障害に »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ