カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 日本の水道をすべて多国籍企業に売り渡す自民党 | トップページ | 「わけの判らん虫」に占拠されていく地球 »

2013年6月15日 (土)

淡路島地震は「南海トラフ大地震」の前兆だ(4/4)

淡路島地震(歴史が示す)は「南海トラフ大地震」の前兆だ!

2013年04月28日(日) フライデー

      
upperline

「政府は沿岸部の堤防や防波堤、水門、護岸などの施設がすべて機能する、つまり破壊されないという前提で被害想定を出していますが、実際は壊れる可能性が高い。そもそも政府の想定では、幅が10m以上の堤防は、堤防ではなく壊れることのない『地形のひとつ』と見なしている。これでは正確な想定はできません」

 とくに、実際の被害が政府の想定を大きく上回ると考えられるのが、名古屋と大阪だという。

「名古屋と大阪は海抜0m地帯の面積が広い。一度水門や堤防が壊れると、この地帯に一気に水が流れこむので、津波の被害がほかの場所よりはるかにひどくなります。また、伊勢湾、大阪湾ともに、湾から海水が抜けにくく、何度も津波が押し寄せる危険がある。

 50cmの津波が来れば、車やコンテナは流され、2mあれば木造家屋が流れ出します。人は数十cmの津波でもう立っておられず、1mの津波に遭遇したら死亡率は100%になります。数十cmの高さの違いが生死を分けるのです」

 海抜が低い名古屋、大阪では津波が去った後の経済被害も大きいという。

「私のシミュレーションによると、名古屋では沿岸から9kmまで浸水することになっています。名古屋駅は50cmの浸水、有名な地下街は完全に水に浸かってしまう。経済的な打撃は大きい。

 大阪も同じです。津波は淀川を伝って東淀川区あたりまで浸水してしまいます。梅田駅も当分は利用ができなくなる。沿岸部の新幹線や高速道路も浸水の被害を受け、東西の交通網が分断されてしまいます。政府想定では新幹線の被害が考慮されていませんが、実際には大きな打撃があります」(前出・川崎氏)

 南海トラフ地震の可能性から目をそらしてはならないのだ。

「フライデー」2013年5月3日号より

previous page
4

 
データセンターに効率性を。Windows Server 2012 新登場     アスリートとの特別対談!現場に迫るスポーツ記事!Sportsプレミア     成功企業はこうして顧客をつなぎとめる!今だけ無料動画配信中      
 
 
以上は「現代ビジネス」より

« 日本の水道をすべて多国籍企業に売り渡す自民党 | トップページ | 「わけの判らん虫」に占拠されていく地球 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 淡路島地震は「南海トラフ大地震」の前兆だ(4/4):

« 日本の水道をすべて多国籍企業に売り渡す自民党 | トップページ | 「わけの判らん虫」に占拠されていく地球 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ