最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ハワイから消える「そよ風」、その理由は専門家でも分からず | トップページ | 福島の甲状腺がん、2次検査を実施したのはわずか半分のみ »

2013年7月 2日 (火)

倒産:1年ぶり高水準、中小企業の「息切れ」表面化

倒産、1年ぶり高水準=中小企業の「息切れ」表面化―5月

時事通信 6月10日(月)19時0分配信    

 東京商工リサーチが10日発表した5月の企業倒産件数(負債額1000万円以上)は、前年同月比8.9%減の1045件だった。7カ月連続で前年を下回ったものの、4月に比べれば146件増え、2012年5月(1148件)以来の高水準となった。経営不振の中小企業が「息切れ」する事例が表面化してきたことが背景。
 負債総額は前年同月比38.6%減の1733億円で、1億円未満の小規模倒産が738件と目立った。中小企業金融円滑化法に基づいて返済条件の緩和などを受けたにもかかわらず倒産したのは55件と、4カ月連続で最多を更新した。
 東京商工リサーチは「経営改善が進まない小規模企業の息切れ、淘汰(とうた)が増えている」と指摘。その上で倒産件数は秋以降、「緩やかに増加する可能性が高まっている」としている。 

【関連記事】
 

以上は「時事通信」より

アベノリスクは誤魔化しで一部の利益者だけでほとんど被害を受けるだけです。今後それは現実化します。                                 以上

« ハワイから消える「そよ風」、その理由は専門家でも分からず | トップページ | 福島の甲状腺がん、2次検査を実施したのはわずか半分のみ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倒産:1年ぶり高水準、中小企業の「息切れ」表面化:

« ハワイから消える「そよ風」、その理由は専門家でも分からず | トップページ | 福島の甲状腺がん、2次検査を実施したのはわずか半分のみ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ