カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 減り続ける人工ー日本とイラン | トップページ | 「私が日本株をすべて売り払った理由を話そう」2/3 »

2013年7月 7日 (日)

「福島の子供、12人甲状腺がん」の謎 2/3

「福島の子ども、12人甲状腺がん」の謎

がん発見率は定説の85~170倍、なのに原発事故と無関係?

      • だが、今回の調査で甲状腺がんが見つかった子どもの数は「100万人に1~2人」どころか、その85~170倍にものぼる。

        この倍率は、11年度に1次検査を実施した4万0764人を分母として設定。一方、分子には「悪性、悪性疑い例数11人」(右上表)のうちの、7人(甲状腺がんが確定した子ども)を設定して、計算した場合の数値だ。

        鈴木教授は記者会見での「(甲状腺がんは)多発と言えるのではないか」とのフリージャーナリストの質問に対して、「最新の超音波機器を用いて専門医が実施したうえでの発見率。想定の範囲ではないか」と述べているが、実際のデータは「100万人に1~2人」という従来の説明からは、かい離がかなり大きいようにも見える。

        福島県によれば、甲状腺検査の対象となる子どもは全部で、約37万人だ。

        11年度からの2年間では、約17万5000人の子どもが超音波検査(一次検査、11年度4万0764人、12年度13万4735人)を受けており、そのうち5.1ミリメートル以上のしこり(結節)が見つかったことなどで精密検査(二次検査)の対象となった子どもは、1140人(11年度分205人、12年度分935人、2つの表参照)にのぼる。

        そのうち、すでに二次検査を受けた421人から27人が「甲状腺がんまたはその疑い」とされた(11年度11人、12年度16人、2つの表参照)。

        次ページ本当に原発事故の影響はないのか?
        Topic Board トピックボード
         

        以上は「東洋経済」より

        « 減り続ける人工ー日本とイラン | トップページ | 「私が日本株をすべて売り払った理由を話そう」2/3 »

        放射能汚染対策」カテゴリの記事

        コメント

        コメントを書く

        コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

        (ウェブ上には掲載しません)

        トラックバック


        この記事へのトラックバック一覧です: 「福島の子供、12人甲状腺がん」の謎 2/3:

        « 減り続ける人工ー日本とイラン | トップページ | 「私が日本株をすべて売り払った理由を話そう」2/3 »

        2020年9月
            1 2 3 4 5
        6 7 8 9 10 11 12
        13 14 15 16 17 18 19
        20 21 22 23 24 25 26
        27 28 29 30      

        -天気予報コム-

        ウェブページ

        無料ブログはココログ