カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 「穏やかな地獄の夏」へ向かう気配の中で | トップページ | 不正選挙確定か!?千葉選挙区 »

2013年7月 4日 (木)

側溝汚泥から1万4,500ベクレル、茨城・取手

側溝汚泥から1万4500ベクレル 取手 住民に清掃自粛を要請

 取手市は十日、地区住民による清掃活動で道路側溝から取り除いた汚泥から、国の基準一キロ当たり八〇〇〇ベクレルを上回る一万四五〇〇ベクレルの放射線量が検出されたと発表した。市は汚泥を回収して庁舎内の敷地に仮置きするとともに、処分について環境省と協議する。

 市によると、今月一日と二日に市内六地区で住民による清掃があり、道路側溝から集めた汚泥は二百四十三袋(約三トン)になった。市が委託した運搬業者が回収したところ、汚泥から、国の基準毎時〇・二三マイクロシーベルトを上回る毎時二マイクロシーベルトの空間放射線量が検出された。

 このため市が汚泥を引き取り再測定した結果、毎時三・八マイクロシーベルトの空間放射線量と、一キロ当たり一万四五〇〇ベクレルの放射線量が検出された。市は各地区が予定している清掃活動の自粛を要請し、詳しい原因を調べている。

 汚泥の袋は、放射線遮へい措置をして庁舎内の敷地に仮置きした。その後の空間放射線量は毎時〇・二〇一マイクロシーベルト。汚泥はほぼ乾燥した状態で、放射性物質を含んだ汚染水が漏れ出す心配はないとしている。(坂入基之)

 

この記事を印刷する

       
 
 

以上は「tokyo web」より

東日本は多かれ少なかれこのような状況がふつうです。汚染地域に暮らしているのです。近い将来恐ろしいことが起きます。起きるまで分からない人々が暮らしているのです。もちろん諦めている人々も含まれます。 この汚染は安倍自民党の実績です。それでも投票する人はいるのです。怖いことです。                  以上

« 「穏やかな地獄の夏」へ向かう気配の中で | トップページ | 不正選挙確定か!?千葉選挙区 »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 側溝汚泥から1万4,500ベクレル、茨城・取手:

« 「穏やかな地獄の夏」へ向かう気配の中で | トップページ | 不正選挙確定か!?千葉選挙区 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ