カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 倒産:1年ぶり高水準、中小企業の「息切れ」表面化 | トップページ | 池上彰氏が「アベノミクスの副作用」を解説 »

2013年7月 2日 (火)

福島の甲状腺がん、2次検査を実施したのはわずか半分のみ

【驚愕の事実】福島の甲状腺がん、2次検査を実施したのはわずか半分だけ!対象者総数は1140人なのに、まだ検査をしていない方が719人も!甲状腺がんは50人以上?

Papillary Thyroid Carcinoma, FNA, Rapid Pap Stain
悪性甲状腺

今月上旬に福島県の子供12人ががんと診断され、15人にその疑いがあることが公表されましたが、この数字はかなり過小評価されている可能性が浮上しました。
以下は『県民健康管理調査「甲状腺検査」実施状況』という政府が発表した甲状腺調査に関する資料です。この資料には2次検査の対象者総数が1140人もいるのに対して、2次検査を実際に実施したのはわずかに421人だけということが書かれています。
今回発表された悪性の甲状腺がんは全て2次検査から発見されており、対象者が1140人もいるのに実際に検査を実施したのが421人しかいないことを考えると、実際の甲状腺がん患者数は最低でも2倍はいる可能性が考えられるのです!


☆福島県民健康管理調査 甲状腺検査実施状況
URL http://www.pref.fukushima.jp/imu/kenkoukanri/250605siryou2.pdf

koujyousenntyousaettuka0222.jpg
koujyousennganntyousa0333.jpg
koujyousennjittusi011.jpg
nijikennsa9gatu.jpg

☆島県の子ども28人に「甲状腺がん」や「疑い」の診断(福島13/06/05)

koujyousenngannutagai.jpg


しかも、2次検査が全て終了するのは今年の9月です。あまりにも調査が遅すぎますし、マスコミも報道などでこのことを一切書いていないことに悪意を感じます。421人から27人もの悪性の患者が発見されてしまったから、行政や病院側が焦って先延ばしにしたということなんでしょうか。
いずれにせよ、これが事実だとするのならば、福島はチェルノブイリよりも桁違いに早く甲状腺異常が進行しているとうことになります。

当ブログでは前にも書きましたが、海外の最新の甲状腺調査結果などから、福島では明確に異常事態が発生していることは間違いありません。政府や医療関係者は「放射能との関係は不明」「最新の機器で発見数が増えた」などと言っていますが、それを考慮しても福島は桁違いの数値となっています。


☆健康なフィンランド人成人男性のしこり、のう胞保有率は27%
URL http://radiology.rsna.org/content/215/3/801.long

引用:
PURPOSE: To clarify the natural history and frequency of thyroid echo abnormalities in a random adult population by performing a 5-year follow-up study of subjects of a previous thyroid ultrasonographic (US) screening study.

MATERIALS AND METHODS: In the original survey, 253 randomly selected adults were screened by means of thyroid US. US abnormalities were detected in 69 subjects (27%). In the follow-up study, 57 (83%) of those 69 subjects who had abnormalities were reexamined by means of thyroid US, fine-needle aspiration biopsy (FNAB), blood tests, and clinical examination.
:引用終了

☆トルコ成人10万人の甲状腺エコー検査
URL http://www.hindawi.com/isrn/surgery/2011/257943/
 

引用:
Approximately 100,000 people were screened, and a fine-needle aspiration biopsy was performed in 89 patients.. Based on postoperative histopathological examinations, thyroid cancer was diagnosed in six of the 100,000 people screened. As a result, differential thyroid cancer was diagnosed in five patients, who then underwent a total thyroidectomy.
チェルノブイリのフォールアウトを受けた黒海周辺10万人の検査(2008年)
結果
89名が要細胞診(0.089%)
5名が分化型乳頭癌で摘出手術
:引用終了

☆ベラルーシの甲状腺癌推移グラフ
URL http://www.rist.or.jp/atomica/data/fig_pict.php?Pict_No=09-02-03-12-05

05tyruno.gif


ですので、政府は大至急、残りの2次検査対象者も検査をしなければなりません。そして、それがどんなに酷い数字であろうと、政府はしっかりと国民に伝えるべきだと私は思います。


↓関連過去記事
☆【甲状腺異常】福島での甲状腺異常を明確に示す数々の証拠!世界各国と比較してみても、福島の甲状腺癌発症率は異常だ!!福島の甲状腺癌は3万8千人中10人に対して、トルコは10万人中5人!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-291.html


甲状腺の病気―バセドウ病・橋本病・その他の甲状腺疾患 (最新医学がとことんわかる)


低線量汚染地域からの報告―チェルノブイリ 26年後の健康被害


封印された「放射能」の恐怖 フクシマ事故で何人がガンになるのか


GMP基準認可 ヨウ素250mg錠剤


自分と子どもを放射能から守るには(日本語版特別編集)


日本版SOEKS 01M ガイガーカウンター(放射線測定器)ファームウェア最新2.0L-JP


3M スリーエム 8233 N100 防塵マスク 世界最高水準(99.9%以上の捕集効率)5枚 放射能物質対応


エアカウンターS

以上は「真実を探すブログ」より
余りにも被害が大きいので公に出来ないのです。しかし事実は事実なので消すことは出来ません。早く手を打たないとますます悪化するばかりです。安倍内閣の嘘が目立ちます。                           以上

« 倒産:1年ぶり高水準、中小企業の「息切れ」表面化 | トップページ | 池上彰氏が「アベノミクスの副作用」を解説 »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島の甲状腺がん、2次検査を実施したのはわずか半分のみ:

« 倒産:1年ぶり高水準、中小企業の「息切れ」表面化 | トップページ | 池上彰氏が「アベノミクスの副作用」を解説 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ