カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 政府の狙いは一体何なのだろう? | トップページ | 大学卒業は「借金地獄」への道?学生ローンが返せないアメリカ人 »

2013年7月27日 (土)

たった2時間で1ケ月分以上の雨量のカナダ・トロントの洪水

2013年07月10日


たった2時間のあいだに「1ヶ月分以上の雨量」が降ったカナダ・トロントの猛烈な雨と洪水

toronto-1.jpg

▲ 運航中に洪水に巻き込まれて、乗客を乗せたまま止まってしまったトロントの旅客車。救出活動は夜まで続きました。 Extinction Protocol より。




カナダのトロントで、カナダの歴史の中で最も極端かもしれない洪水が発生しています。

どのように「極端」かと言いますと、「あっという間に洪水になった」のです。上の走行中の電車の水没や、下に載せます走行中の自動車が水没している様子を見てもおわかりかと思いますが、気象局さえ予測さえできなかった豪雨が一気に降り落ちたということのようです。

その雨量はタイトルにしました通り、トロントの1ヶ月分の降水量が「2時間ほどのあいだに降り注いだ」とのこと。

今回は、現時点(7月10日)で比較的新しい報道をご紹介したいと思います。

ちなみに、カナダのトロントの場所は、私自身が曖昧にしか把握していなかったですので、地図で調べてみますしたところ、下のの位置で、アメリカとの国境に近い街のようです。

toronto-map-01.jpg


では、ここからです。
カナダの「ザ・スター」より。

写真はカナダのいくつかのメディアから拝借しました。






Monday's storm was officially epic
The Star  2013.07.09

7月8日の嵐は公式に壮絶なものだったと発表


tf-01.jpg

Star より。


たった2時間の間に、90ミリメートル以上の降雨量が記録された。

7月のトロントの通常の雨量は、1ヶ月全体で 75ミリメートルなので、今回の嵐では、1ヶ月以上の雨が2時間で降り注いだということになる。

この嵐は、高速道路を水没させ、あちこちから救助要請があったが、911(緊急コール)は需要に追いつくことができなかった。



tf-02.jpg

blogto より。


専門家はこの嵐を気候変動によるものではないという。しかし、私たちはこのような嵐をさらに見るのかもしれない。

カナダ環境省の上級気候学者であるデビッド・フィリップス氏は「これはトロントの歴史の中で、最も雨量の多い瞬間として記録される可能性がある」と述べた。そして、「しかし、まだ雨は降り続いている。私たちは最終的に、1日の降雨量としての新しい記録を見るのかもしれない」と語った。

これまでの記録では、トロントでの一日での雨量として最も多かったのは、 1954年 10月 15日で、この日は1日全体での雨量が 121.4ミリメートルに達した。

また、7月として最も雨が多かったのは 1980年 7月 28日の 118.5ミリだ。

しかし、今回の豪雨は、たった2時間でそ1ヶ月の雨量を越える雨が降ったわけで、フィリップス氏は「これは信じられないことだ」と言う。


tf-03.jpg

▲ 男性が見ているのは川ではなく、高速道路。完全に水没しています。Business Insider より。


今回の雨はあまりにも急激だったために、街のインフラが雨を吸収する時間的な能力を越えており、洪水は避けられなかったと専門家は見ている。

フィリップス氏は「まだ終わっていない。新たな嵐が接近している」と言う。



以上は「地球の記録」より
このような異常気象は世界各地で起きています。別に珍しいことでもなくなりました。この異常もやがて普通の出来事になるものと思います。異常とは普段あまり起こらないことが稀に起きるからそう言うのであり、この異常も度々のことになればこれが通常となるのです。78万年ぶりの「地球大異変」は今後2,000~3,000年の長きにわたり続くものと思われますので気象の激変は地球の普段の姿になる方向です。この気象が地球本来の気候なのです。今までの温暖な気候は、地球にとってはこの方が異常だったのです。  以上

« 政府の狙いは一体何なのだろう? | トップページ | 大学卒業は「借金地獄」への道?学生ローンが返せないアメリカ人 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たった2時間で1ケ月分以上の雨量のカナダ・トロントの洪水:

« 政府の狙いは一体何なのだろう? | トップページ | 大学卒業は「借金地獄」への道?学生ローンが返せないアメリカ人 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ