カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(6月) | トップページ | 除染の効果なし、自然逓減しかない、除染は無意味 »

2013年7月30日 (火)

鹿児島・川内原発近くで数か月内の大地震を懸念

「鹿児島・川内原発近くで数か月内の大規模地震を懸念」東大村井名誉教授

「鹿児島県の北西部、川内(せんだい)原子力発電所近くで、異常な値を計測し続けている。桜島などの火山の影響も考えられるが、地震の前兆ならば、早くて数か月、遅くとも半年以内にはM6級の大規模な地震発生の懸念がある」村井俊治東京大学名誉教授(測量学)

こんな重大かつ緊急を要する情報なのに、一部メディアでは既報となっているものの、マスメディアやネットではほとんど報道されていない。

今回のこの地震予知は、「JESEA 地震科学探査機構」によるGPSの地殻変動分析データに基づいたもの。

GPSの基準点は全国に1240か所あり、2000年から07年に発生したM6以上の地震162回の調査から、そのすべてにおいて地震の前兆と推測される地殻変動が観測された。

この地震予知メソッドで、短期的には1週間、中期的には1カ月、長期的には3年以内に発生する地震の予測が可能である、という。

●参考資料
JESEA 地震科学探査機構」http://www.jesea.co.jp/mail/
「Zakzak2013.07.26」 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130726/dms1307261545019-n2.htm

« 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(6月) | トップページ | 除染の効果なし、自然逓減しかない、除染は無意味 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島・川内原発近くで数か月内の大地震を懸念:

« 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(6月) | トップページ | 除染の効果なし、自然逓減しかない、除染は無意味 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ