カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 福島の甲状腺がん、2次検査を実施したのはわずか半分のみ | トップページ | 福島で行動を起こす:潘基分国連事務総長あて公開書簡 »

2013年7月 2日 (火)

数百年ぶりに地震が発生した、ロシア・ケメロヴォ地区

2013年06月21日


「数百年ぶりに発生した地震」で非常事態宣言が発令されたロシアのケメロヴォ地区

ケメロヴォという地名は、今月のはじめにもこのブログに出てきました。

「完全に異常」とロシアメディアが報道するシベリア地方の夏の雪
 2013年06月04日

という記事で、夏に入ろうとしている季節に「雪が降った」というものでした。

sib-snow-2.jpg



このケメロヴォという場所はロシアの下の場所に位置します。

k-map.jpg



このケメロヴォ州内で、6月19日に「地震」が起きました。
ロシアでは大きく報じられています。

kel-6.jpg

インターファクス通信の報道より。



現在、ケメロヴォ州内では非常事態宣言が発令されているようです。

最大マグニチュード 5.3ということで、比較的大きめとはいっても、日本でならわりと起きる規模の地震です。


では、なぜこれがロシアで大きく報道され、非常事態まで宣言されているかというと、「この州では何百年も地震が起きたことがなかったから」です。



最近は、そういう「何百年も地震が起きていなかった場所」で地震が起きるという事例をわりとよくききます。

地球全体としても、地震の発生そのものに関しての変化というものが起きているような感じもするような気もしたり。



日本語版のロシアの声に短い報道内容がありますので、ご紹介しておきます。





ケメロヴォで強い地震 数百棟が倒壊
VOR 2013.06.20

ケメロヴォ州で数百年ぶりとなる強い地震が発生した。

マグニチュード5以上のこの地震は6月19日に発生したもので、州内3つの地区では非常事態が宣言されている。数百棟の家屋が損害を受け、速報では被害額は 1億 5000ルーブル(約 4億 5000万円)に上るという。

周辺住民らは1日中、通りでの生活を余儀なくされた。


以上は「地球の記録」より

これは起きても不思議ではありません。なぜかと言えば今の時期は78万年ぶりの「地球大異変」の時期を迎えているので当然の出来事です。世界中が揺れており地球自体が地割れを起こしつつあるのです。これからはもっと大きな自然災害を覚悟しておいた方が良いでしょう。日本の安倍政権の原発再稼働は狂気の沙汰です。現実化しつつある「地球大異変」を理解していないから無謀な政治をやってしまうことになるのです。日本国民の不幸は国のリーダーが自然の脅威を知らない無知なことにあります。       以上

 

« 福島の甲状腺がん、2次検査を実施したのはわずか半分のみ | トップページ | 福島で行動を起こす:潘基分国連事務総長あて公開書簡 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 数百年ぶりに地震が発生した、ロシア・ケメロヴォ地区:

« 福島の甲状腺がん、2次検査を実施したのはわずか半分のみ | トップページ | 福島で行動を起こす:潘基分国連事務総長あて公開書簡 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ