カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 2011年3月11日災害(テロ)から2年、・・顧みてみる | トップページ | CIA:リビアの地対空ミサイルをシリアの反政府勢力側に供給か »

2013年8月22日 (木)

福島原発、津波が来る前に作業員は逃げ始めていた

決定的証言「地震で配管がムチャクチャ、津波が来る前に作業員は逃げはじめていた!」

けさ、寝ぼけまなこで新聞を読んでたら、こんな記事があって、一気に眼が覚めた。



「どうしたの、何があったの?」

一人が叫んだ。

「先生、逃げろ! ここはもう駄目だ。配管がムチャクチャだ」

 まだ津波が来る前だ。それでも彼らは原発から逃げはじめていた。

(朝日新聞「プロメテウスの罠・原発城下町1」2013年7月19日朝刊)

 
どうだろう。
 
これは3.11当時の大熊町の住民が実際に目撃した光景である。
 
津波が来る前に、福島第一原発の配管はムチャクチャに壊れ、それを見た作業員は身の危険を感じて第一原発から逃走していた、というのだ。
 
朝日新聞の連載「プロメテウスの罠」で、きょうからの新シリーズ「原発城下町」に、この記事が載っていた。
 
この記事の重大性から、これはコラム連載の片隅ではなく、巻頭トップぶち抜き見出し級の情報だろう。

もう一度確認しよう。
 
津波が来る前、福島原発は作業員が逃げ出すほどムチャクチャに破壊されたのだ!
 
この決定的証言は原発の脆弱性を明確に示すものだろう。
 
いつ巨大地震が起きても不思議ではない地震列島ニッポンの真上に、そんな脆弱な原発や核施設が建っている……。

« 2011年3月11日災害(テロ)から2年、・・顧みてみる | トップページ | CIA:リビアの地対空ミサイルをシリアの反政府勢力側に供給か »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発、津波が来る前に作業員は逃げ始めていた:

« 2011年3月11日災害(テロ)から2年、・・顧みてみる | トップページ | CIA:リビアの地対空ミサイルをシリアの反政府勢力側に供給か »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ