宇宙へ旅立ちさんのサイトより
http://reptilianisreal.blogspot.jp/2013/05/cia_24.html
<転載開始>

この記事を書いた韓国人(またはレプ)は、もちろんCIA、ユダヤの奴隷です。先日のCIAの「生粋の日本人だったら何人でも殺したかった」三文劇に続く第二段!「Let yellow monkeys kill each other」作戦です。マスゴミを使い、日本人、韓国人、中国人達に、お互い憎しみを植え付けて、なんとか戦争まで持ち込みたいユダヤです。日本では、韓国人が悪者。韓国では、日本人が悪者。

ユダヤ「早く、テメーらイエローマンキーズ!サッサと戦争始めろ!お前ら、人口増えすぎなんだよ!戦争で日本人が韓国人を殺し、韓国人が日本人を殺し、さらに、日本人が中国人を殺し、中国人が日本人を殺し。ああ、楽しい!楽しい!さあ、あとは、ポップコーンとビールでも持って、テレビの前のソファアの上にでも座って、黄色い猿どもがお互いに殺し合うところをエンジョイするか!」

ユダヤ「アジアの黄色い猿共に、早く大量殺人ができる兵器をたくさん売り込まなくては!これからガッポガッポ儲かるな~。」「日本では安倍が、けっこううまく動いてくれているから、早ければ夏ごろには戦争勃発することが可能だな~。」

ユダヤ「オレ達がアジアを完全に支配する前に、バカなイエローマンキーズが勝手に殺し合いをして、オレ達の道をきれいにしておいてくれるさ。アジアの人口が戦争で半分に減ったら、オレ達が王様として君臨するのさ!アッハッハッハー(笑)」





<転載終了>