最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« NSA監視の別の目的は市場操作による軍事資金の略奪 | トップページ | エジプト情勢:プーチンは軍支持、オバマは迷っている »

2013年8月27日 (火)

this means war

This Means War 
2013/07/13 20:17大山こういちさんのブログからの転載です http://mak55.exblog.jp/19246271

「我々が知らされていない本当の事10」

我々が知らされていない本当の事をお伝えします。政府も政治家もマスコミも弁護士もこの事実を国民に一切、伝えない10の本当の事をお伝えします。

1つ目は「災害があろうとなかろうと我々国民は法律で「一般公衆の被曝年限度は年1㍉」と決められ守られていること。政府が違法に勝手な思惑で100㍉だ20㍉だと時間稼ぎをしているだけなのです。年1㍉の法律に基づいて粛々と対策を取ればいいだけなのです。

知らされない2つ目の真実は 「世界唯一の被爆国日本には「被爆者援護法」が既にあり、現在21万人が、南相馬市民が1日で浴びた外部被曝50μsvで認定され現在、一生涯医療費無料で補償されているということです。さらに放射線影響を考え甲状腺癌や白血病などで生涯毎月13万円以上の手当てが出ているのです。

3つ目は670人の被ばく者を出した東海村JCO事故の時も1㍉基準それ以下で被爆者認定し賠償補償を行っているという事実。今我々は年20㍉迄住めと言われています。桜井市長も法律違反の20ミリ基準を受け入れ、守るべき市民の命を安売りしようとしています。本当の権利を知らされず 10年で200㍉というのはあまりに理不尽です。

政府も政治家もマスコミも弁護士も我々に伝えない本当の事4つ目は「原発は底なしの高い費用が掛かるということ。」現在、原発無くても電気は足りていて、火力発電所は余裕をもって電気を作っています。原発ごみの最終処分場も無し。仮にできたとしても何万年も管理しなければならない政府見積もりのウソが既にばれています。

5つ目は「福島第一原発事故が今の季節だったら日本は終わっていた」ということです。当時3月の西風で8割以上の放射能が海に出ましたが、これがもし「山瀬」という北東風で東京に運ばれて居たら我々もこうしてはいられませんでした。

消費税免除がうわさされるマスコミが伝えない真実6つ目は「原爆と原発は双子の悪魔」だということです。原爆は原発で原料を作るのです。油を売っているアラブの王様は原発で電気を作りたいのではありません。原爆がほしいので原発を買うです。

誰も教えない本当の事7つ目は日本は「世界一の原発大国」であるということ。狭い国土に大勢の国民、国を取り巻き海岸線に54基を並べています。そして世界一の地震国。そして津波という言葉は世界共通語です。日本列島そのものが震源地なのです。世界一の地震大国が世界一の原発大国であり世界一の危ない国です。

さらに政府に都合の悪い8つ目の真実は「世界一の無防備国家」だということです。軍隊に守られることなく無防備に海岸線に原爆何発分の原発を並べてあります。日本はこれまで何十人いやそれ以上の国民が拉致されてきた国です。ボートで原発に乗り付け工作員1人で爆破すれば風向きでこの国は亡びることは賢い官僚でなくとも想像できます。

そして9番目の真実は「電気は足りてるのに、国が亡ぶような危険で底なしコストの理屈に合わない原発推進の目的は「原子力村の利権還流にある」ということです。「原子力村の仕組み」は国民が拒否することのできない第二の税金=アメリカの3倍の電気料金と別途税負担で賄われ、最大経費に利益が上乗せされる「総括原価方式」はシロアリにとっての大変おいしいドル箱利権。官僚の天下りに始まり、建設で儲けるゼネコン、研究費や講演料の欲しい御用学者、電力企業献金や株券が欲しい政治家、年間1000億円の広告収入が欲しいマスコミ等々の一大シロアリ帝国。

彼らは国民の命や国家の安全保障よりも自分たちの懐のために文部科学省や御用学者やマスコミを使い業界キャンペーンと洗脳を繰り広げ国民に本当の事が分からないようにしているということです。

そして我々の最も知らねばならない結論、10番目の真実は「原発推進のために 我々は生贄にされている」ということです。原子力村は「あらゆる手を使い原発推進をして原発村を維持する」ためは被害を最小限に抑えるしかなく、そのために我々被爆者に当然の権利を悟られないように情報は出しません。

「一般公衆の被曝限度が年1㍉」ということも「50μ浴びれば生涯医療費無料であることも」教えない。本来、無限責任の原子力賠償法では時効などないのに電力会社を時効で助け片やに起こっている被ばくによる疾病が原発とは関係ないと、広島長崎、水俣、などのように 何十年かかる医療裁判に逃げ込み責任を果たさず私腹を肥やす魂胆なのです。

皆さんには以上10の真実をお伝えしました。

参議院は良識の府といわれてますが、戦後60年以上、広島長崎で税金で平和式典をしてきながら広島長崎からも被災地福島の国会議員や候補者からも年1㍉を大きく逸脱して被ばくを続ける我々を救うために現在行われている「被爆者援護法」について何も語られるとことはありません。

またお腹に54本の時限爆弾を巻き4本が煙を上げている。背広で隠し世界に行商する。脇からはならず者に鉄砲を突き付けられ取引先からは核のゴミを引きっとってくる。子どもの命や法の下の平等や国民の人権など考えていられない。日本は今、何とも哀れな国に成り下がっております。

FC2 Management 

THEME | GENRE 政治・経済 |
政治・経済 | TB : 0 | CM : 6 - 

COMMENT LIST

【】 by -

最初の「法律」について二つコメントしますが、まず「法律」というのは全く正確ではありません。
この国では法「令」がものを言います。
端的にいうと唯一の立法機関である国会が(一億歩譲って)民主的コントロール下にあるとしても、
実質的な立法をするのは民主的コントロール下にない行政組織です。

例をいくつかあげると、
被曝限度線量を定める電離放射線障害防止規則。
これは規則ー厚生労働省令であり省単独で決められます。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S47/S47F04101000041.html

食品暫定基準値については行政の内部通知ー国民への法的拘束力はないー
という更にひどいやり方で決められました
従って2011年3月17日付という早いスピードでできました。
(法律じゃこうはなかなかいきません)

しかも内容を見ていただければと思いますが、一介の行政組織が恐れ多くも
「国会で決めた食品衛生法の、おそれのある、とはこの基準を超えることだ!」といっているのです。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001558e-img/2r9852000001559v.pdf

人々の健康は、考えられるうちで最も大事な事柄です。
会社でいうなら多額の財産処分など総会決議事項。
これを本部長さんが役員会さえなしに勝手に決められるようなものです。

もう一つ、法令はあくまで決まりなので、誰かかどこかが実行しないといけません。
つまり法は本質的に行政による執行を伴います。
逆にいうと、執行なければ法の意味はありません。
今回の事故に伴い誰も刑法犯に問われてないことや、他にも過労死などの労働問題も
この法の執行の不作為に起因するものですし、逆に法を逸脱した捜査などもあります。

私はこの事故について理系の御用学者が目立ちますが、
余りに多くの基礎法的な問題があるに関わらず、多くの法学者が沈黙しているほうが気になります(まあ予想してましたが)。
しかも委任立法の範囲や行政通達の効力の問題は、憲法や行政法の法学部1年生レベルの話です。

【】 by Yukino

法律的解釈につきまして、丁寧な解説ありがとうございました。自分はそういうことに疎いので大変勉強になります。

【】 by 大山弘一

1年1㍉の法令基準
『交通規則でもなんでもそうだが、「被害を受ける方」の法令や罰則はない。「被害を与える方」の基準や罰則があるだけである。「法令の審議に入る時に一般公衆の被曝限度を1年1ミリとして法令を作っただけで、法令には明記していない。だから、1年1ミリを守る必要は無い」というのはまったくの詭弁であることがわかる。』
http://takedanet.com/2012/10/11_ee90.html

【2013/07/14(日) 16:26:13に投稿された方にレスです。(もち、Yukinoさん読んでね。)】 by Canaries are ARE, considerably.

はじめまして。カナリア体質で放射能が痛いっつうか、かなりイタイ性情のw首都圏住みです。(ハンドルのAREはアレとお読みくださいw)

>私はこの事故について理系の御用学者が目立ちますが、
>余りに多くの基礎法的な問題があるに関わらず、多くの法学者が沈黙しているほうが気になります(まあ予想してましたが)。
>しかも委任立法の範囲や行政通達の効力の問題は、憲法や行政法の法学部1年生レベルの話です。

1年生的で議論するレベルに達していないお粗末さ、というより、当然おっしゃりたいことは奇妙な秩序のことでしょう。法曹界の秩序もさることながら、学者の世界全般に及ぶ奇怪な有様のことでもあるのでしょう。

以下は知り合いのせんせーからの伝聞に過ぎませんが、理系も社会科学系も人文系も、ありとあらゆる学者は御用化しつつあるだけでなく、大学内部の意志決定の秩序は合理性を著しく欠くことも珍しいことではないそうで。
たとえば、全学を律する「学則」に反する「学部内規」を平然と審議し他学部に秘密裏に可決する教授会で、教員のほとんどがノートパソコンを開いて内職をしており、早く会議を終わらせることを公約に当選した学部長は「法学部」出身者で文武魔術省のナントカ審議会の委員、だとか。

そんな光景、日常のミクロポリティクス。身近な場所ですでに起きてる浸透。これに逆らって生きるのが、誇り高き学者先生でも猛烈難しくなってるそうで。問題は、おっしゃる通り原発村に直結する部分だけのことではないと思います。

「せんせーは放射能対策、何かしてるんすかー?」「いや、何にも?」この時、真っすぐ目を見つめて無表情で咎めるように「何にも?」と、どうしてそんなことを聞くんだと言うように諭すような口調、それが学部教員に何人も聞いた結果だっていうんだから(何人に聞いたんだか知りゃしませんが)まさに戦時下の対話です。ちなみに学内にホットスポットある大学だそうですよ。

なぜにこの国の学者がここまでヘタレなのか。
大学に依存しないで研究で喰ってくのが難しいから? 昔ながらの象牙の塔や学閥ヒエラルキーが支配しているから? それほど「シンプルな」話しでもなく、授業の半数を非常勤講師という名の高学歴ワーキングプアによって賄いながら、ごく一部の専任教員があぐらをかいているのが大学の現状こそが病因で、アラフォーに達するか超える頃ようやく専任になれればその職を失いたくないと、すっかり牙を抜かれているというもの。
国家に組織に対立する知性が育たぬよう、非常勤講師制度改革をしないどころか、高学歴ワープアが問題視されれば「本学に非常勤は少ない」と実証するために非常勤講師の首切りとカリキュラム改正を断行する。学位取得までの長い院生時代、その後のポスドクのアルバイト時代、非常勤時代を経てようやく就職するのは何人に一人だろう?

結婚も出来、子供も出来て住宅ローンも組めると喜んで、獲得した年収1000万程度の利権に見苦しくもしがみつく大学教員は、立食パーティで真っ先に生ハムメロンとローストビーフを掻っ攫うそうです。昔は大学のせんせいなんてぇのは金持ち、地主の息子だったりしたのにね。それも問題だったけれど、大学が民主的に開かれた今、貧しい! あまりにも貧しい! 貧すれば鈍するって嫌な言葉ですがコレは、下々の話ぢゃなくって大学の話ですよ?
大学生の就職難で靴底が擦り切れるほどの会社訪問で米つきバッタになってるのは、学生ではなくてゼミの先生だって言うんだから。就職率が下がれば入試の倍率も下がる、定員割れしたら困る。「少子化が来ると知っていながらの」90年代以降の大学・学部学科乱造の挙句の果てに、もはや中堅どころの大学までもが内情は火の車。統廃合も始まるでしょう。この国の学者に何か期待したら可哀想な域だそうで。

放射能プルームが来る中で卒業式も入学式も行われたし、普通にゼミの飲み会ではブラックな居酒屋で刺身とか喰わされるし勘弁してよって。

大山先生の10の真実は、友人11人にメールで拡散しときました。

【】 by -

Canaries are ARE, considerably.さん

最初のコメントの名無しです
コメントありがとうございます

大学の学者事情は詳しくは知りませんがそういう話は聞きますね
全く論文も書かずに肩書だけはみたいな人はかなりいましたねえ

私はヘンテコな観点から。。
私は政治学でしたが学者を目指そうという学生層ってぶっちゃけ「キモい」感じがある気がしてました
法学部の法学研究会みたいなサークルもそうでしたね
Tシャツダルダル、授業なんかでも独特の話し方や空気を発するようで、
俺はああはなりたくない、俺も司法試験受けるけどあんな世間知らずで一体どうなるんだ、と法学部の友人は常々言ってました

人は見かけによらずといいますが結構その辺の感覚って私は大事だと思ってます

でもスーツとかジャケットという洋服は非常に便利なもので、
どんな人でもあれを着れば大体まともに見えちゃうんですね(笑)
そこになんとか大学の教授なんて肩書がつこうものなら

そんな人ばかりでは当然ありませんが、私は御用学者のスーツの影に
そうした「キモさ」をずっと感じてきました
御用学者は研究費がとか色々動機はあるのでしょうが
彼らの本質は、常識がなく、視野が狭く、キモいところにあると実は思います(笑)

【コメント恐縮でっす!】 by Canaries are ARE, considerably.

最初のコメントの名無し様

こちらこそ、コメント感謝です(^^)

>全く論文も書かずに肩書だけはみたいな人はかなりいましたねえ

それは大学の先生がまだ多少は特権階級だった時代ではないでしょうか?
まあ、昭和の時代までが悪すぎましたから自業自得ですかね(笑)
でも、そういう奴らはとうに年金貰って悠々自適でしょうから、割食ってんのはこの職業も同様に若い層でしょうけど。

最近では、構造改革で大学も聖域じゃなくなっているようで。
教授会でまともな議論もせずに内職してまで論文書かなきゃって視野狭窄に陥ってるんでしょう。
そんな風に書いた論文が、誰に届くのか、「学会という名の招待制SNS」の中だけの世界でしょうが。

Tシャツダルダルw…さいきんは某宮さん(社怪学)の影響か、髪染めてアロハでバミューダでクロックスつっかけて来る先生もいますよ~(できることならビーサン所望w)

僕から話をずらしちゃってすみません。元の議論は原発、放射能関連の法的問題でしたね。おつきあいいただき、さんくすです!

Close △

<<Cassandra | HOME | Mother-Fucker>>
COMMENT
【】最初の「法律」について二つコメントしますが、まず「法律」というのは全く正確ではありません。
この国では法「令」がものを言います。
端的にいうと唯一の立法機関である国会が(一億歩譲って)民主的コントロール下にあるとしても、
実質的な立法をするのは民主的コントロール下にない行政組織です。

例をいくつかあげると、
被曝限度線量を定める電離放射線障害防止規則。
これは規則ー厚生労働省令であり省単独で決められます。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S47/S47F04101000041.html

食品暫定基準値については行政の内部通知ー国民への法的拘束力はないー
という更にひどいやり方で決められました
従って2011年3月17日付という早いスピードでできました。
(法律じゃこうはなかなかいきません)

しかも内容を見ていただければと思いますが、一介の行政組織が恐れ多くも
「国会で決めた食品衛生法の、おそれのある、とはこの基準を超えることだ!」といっているのです。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001558e-img/2r9852000001559v.pdf

人々の健康は、考えられるうちで最も大事な事柄です。
会社でいうなら多額の財産処分など総会決議事項。
これを本部長さんが役員会さえなしに勝手に決められるようなものです。

もう一つ、法令はあくまで決まりなので、誰かかどこかが実行しないといけません。
つまり法は本質的に行政による執行を伴います。
逆にいうと、執行なければ法の意味はありません。
今回の事故に伴い誰も刑法犯に問われてないことや、他にも過労死などの労働問題も
この法の執行の不作為に起因するものですし、逆に法を逸脱した捜査などもあります。

私はこの事故について理系の御用学者が目立ちますが、
余りに多くの基礎法的な問題があるに関わらず、多くの法学者が沈黙しているほうが気になります(まあ予想してましたが)。
しかも委任立法の範囲や行政通達の効力の問題は、憲法や行政法の法学部1年生レベルの話です。2013/07/14(日) 16:26:13 | URL | #- [ Edit ]【】法律的解釈につきまして、丁寧な解説ありがとうございました。自分はそういうことに疎いので大変勉強になります。2013/07/15(月) 22:02:41 | URL | Yukino #- [ Edit ]【】1年1㍉の法令基準
『交通規則でもなんでもそうだが、「被害を受ける方」の法令や罰則はない。「被害を与える方」の基準や罰則があるだけである。「法令の審議に入る時に一般公衆の被曝限度を1年1ミリとして法令を作っただけで、法令には明記していない。だから、1年1ミリを守る必要は無い」というのはまったくの詭弁であることがわかる。』
http://takedanet.com/2012/10/11_ee90.html2013/07/15(月) 22:39:33 | URL | 大山弘一 #JalddpaA [ Edit ]【2013/07/14(日) 16:26:13に投稿された方にレスです。(もち、Yukinoさん読んでね。)】はじめまして。カナリア体質で放射能が痛いっつうか、かなりイタイ性情のw首都圏住みです。(ハンドルのAREはアレとお読みくださいw)

>私はこの事故について理系の御用学者が目立ちますが、
>余りに多くの基礎法的な問題があるに関わらず、多くの法学者が沈黙しているほうが気になります(まあ予想してましたが)。
>しかも委任立法の範囲や行政通達の効力の問題は、憲法や行政法の法学部1年生レベルの話です。

1年生的で議論するレベルに達していないお粗末さ、というより、当然おっしゃりたいことは奇妙な秩序のことでしょう。法曹界の秩序もさることながら、学者の世界全般に及ぶ奇怪な有様のことでもあるのでしょう。

以下は知り合いのせんせーからの伝聞に過ぎませんが、理系も社会科学系も人文系も、ありとあらゆる学者は御用化しつつあるだけでなく、大学内部の意志決定の秩序は合理性を著しく欠くことも珍しいことではないそうで。
たとえば、全学を律する「学則」に反する「学部内規」を平然と審議し他学部に秘密裏に可決する教授会で、教員のほとんどがノートパソコンを開いて内職をしており、早く会議を終わらせることを公約に当選した学部長は「法学部」出身者で文武魔術省のナントカ審議会の委員、だとか。

そんな光景、日常のミクロポリティクス。身近な場所ですでに起きてる浸透。これに逆らって生きるのが、誇り高き学者先生でも猛烈難しくなってるそうで。問題は、おっしゃる通り原発村に直結する部分だけのことではないと思います。

「せんせーは放射能対策、何かしてるんすかー?」「いや、何にも?」この時、真っすぐ目を見つめて無表情で咎めるように「何にも?」と、どうしてそんなことを聞くんだと言うように諭すような口調、それが学部教員に何人も聞いた結果だっていうんだから(何人に聞いたんだか知りゃしませんが)まさに戦時下の対話です。ちなみに学内にホットスポットある大学だそうですよ。

なぜにこの国の学者がここまでヘタレなのか。
大学に依存しないで研究で喰ってくのが難しいから? 昔ながらの象牙の塔や学閥ヒエラルキーが支配しているから? それほど「シンプルな」話しでもなく、授業の半数を非常勤講師という名の高学歴ワーキングプアによって賄いながら、ごく一部の専任教員があぐらをかいているのが大学の現状こそが病因で、アラフォーに達するか超える頃ようやく専任になれればその職を失いたくないと、すっかり牙を抜かれているというもの。
国家に組織に対立する知性が育たぬよう、非常勤講師制度改革をしないどころか、高学歴ワープアが問題視されれば「本学に非常勤は少ない」と実証するために非常勤講師の首切りとカリキュラム改正を断行する。学位取得までの長い院生時代、その後のポスドクのアルバイト時代、非常勤時代を経てようやく就職するのは何人に一人だろう?

結婚も出来、子供も出来て住宅ローンも組めると喜んで、獲得した年収1000万程度の利権に見苦しくもしがみつく大学教員は、立食パーティで真っ先に生ハムメロンとローストビーフを掻っ攫うそうです。昔は大学のせんせいなんてぇのは金持ち、地主の息子だったりしたのにね。それも問題だったけれど、大学が民主的に開かれた今、貧しい! あまりにも貧しい! 貧すれば鈍するって嫌な言葉ですがコレは、下々の話ぢゃなくって大学の話ですよ?
大学生の就職難で靴底が擦り切れるほどの会社訪問で米つきバッタになってるのは、学生ではなくてゼミの先生だって言うんだから。就職率が下がれば入試の倍率も下がる、定員割れしたら困る。「少子化が来ると知っていながらの」90年代以降の大学・学部学科乱造の挙句の果てに、もはや中堅どころの大学までもが内情は火の車。統廃合も始まるでしょう。この国の学者に何か期待したら可哀想な域だそうで。

放射能プルームが来る中で卒業式も入学式も行われたし、普通にゼミの飲み会ではブラックな居酒屋で刺身とか喰わされるし勘弁してよって。

大山先生の10の真実は、友人11人にメールで拡散しときました。2013/07/17(水) 17:27:06 | URL | Canaries are ARE, considerably. #- [ Edit ]【】Canaries are ARE, considerably.さん

最初のコメントの名無しです
コメントありがとうございます

大学の学者事情は詳しくは知りませんがそういう話は聞きますね
全く論文も書かずに肩書だけはみたいな人はかなりいましたねえ

私はヘンテコな観点から。。
私は政治学でしたが学者を目指そうという学生層ってぶっちゃけ「キモい」感じがある気がしてました
法学部の法学研究会みたいなサークルもそうでしたね
Tシャツダルダル、授業なんかでも独特の話し方や空気を発するようで、
俺はああはなりたくない、俺も司法試験受けるけどあんな世間知らずで一体どうなるんだ、と法学部の友人は常々言ってました

人は見かけによらずといいますが結構その辺の感覚って私は大事だと思ってます

でもスーツとかジャケットという洋服は非常に便利なもので、
どんな人でもあれを着れば大体まともに見えちゃうんですね(笑)
そこになんとか大学の教授なんて肩書がつこうものなら

そんな人ばかりでは当然ありませんが、私は御用学者のスーツの影に
そうした「キモさ」をずっと感じてきました
御用学者は研究費がとか色々動機はあるのでしょうが
彼らの本質は、常識がなく、視野が狭く、キモいところにあると実は思います(笑)2013/07/17(水) 21:48:14 | URL | #- [ Edit ]【コメント恐縮でっす!】最初のコメントの名無し様

こちらこそ、コメント感謝です(^^)

>全く論文も書かずに肩書だけはみたいな人はかなりいましたねえ

それは大学の先生がまだ多少は特権階級だった時代ではないでしょうか?
まあ、昭和の時代までが悪すぎましたから自業自得ですかね(笑)
でも、そういう奴らはとうに年金貰って悠々自適でしょうから、割食ってんのはこの職業も同様に若い層でしょうけど。

最近では、構造改革で大学も聖域じゃなくなっているようで。
教授会でまともな議論もせずに内職してまで論文書かなきゃって視野狭窄に陥ってるんでしょう。
そんな風に書いた論文が、誰に届くのか、「学会という名の招待制SNS」の中だけの世界でしょうが。

Tシャツダルダルw…さいきんは某宮さん(社怪学)の影響か、髪染めてアロハでバミューダでクロックスつっかけて来る先生もいますよ~(できることならビーサン所望w)

僕から話をずらしちゃってすみません。元の議論は原発、放射能関連の法的問題でしたね。おつきあいいただき、さんくすです!2013/07/18(木) 23:48:08 | URL | Canaries are ARE, considerably. #- [ Edit ]

以上は「独りファシズム」より

日本政府とマスゴミは国民に真実を知らせず、偽りを報道しています。すでに遺憾ともしがたいまでに腐敗してしまったようです。                     以上

« NSA監視の別の目的は市場操作による軍事資金の略奪 | トップページ | エジプト情勢:プーチンは軍支持、オバマは迷っている »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: this means war:

« NSA監視の別の目的は市場操作による軍事資金の略奪 | トップページ | エジプト情勢:プーチンは軍支持、オバマは迷っている »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ