カテゴリー

  • gesara nesara
  • ウクライナ紛争
  • コロナワクチン
  • サル痘
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 二パウイルス
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味
  • 鳥インフルエンザ
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« モルシの失脚はシリア反政府勢力にとって大きな後退 | トップページ | それでも葉巻型宇宙船(ETV)は天空に存在する! »

2013年8月 1日 (木)

ガコナに続いてデイクソン島の電磁波が完全消失?

2013-07-26

ガコナに続いて、ディクソン島の電磁波が完全消失 ?!

驚嘆すべき事である!
感嘆すべき事である!
大いに喜ぶべき事である!!
あの忌まわしいHAARPが、停止? 閉鎖?
されていくという事は、祝うべき事である!!

 

 シレーッと無関心な方も居るだろう。スルーすれば良いだけだ。でも、何か言いたい気持ちは分かる・・・。認めたくないのも分かる。

 

 これまでの世界が、毀れていくからである。

 

 毀れるべきものは、毀れるべきものは、毀れる。残念だが、自然破壊も、人工改変も人工地震もマインドコントロールも、ましてや、暗殺や人工発ガンなど禍々しい事は許されるはずはない。

 

 自然が許さないのである。地球が許さないのである。地球に住まう人々が決して許さない。

 

 そして、ETV・UFOが許さないのである。

 

 残念だった! これは趨勢であると観る。そういう事に寄りかかって生きてこなかった人々は幸せであろう。小さきものは、大きくせられ、低い者は、高くされる。と言う諺が、今、始まっている。分かる者には、意味が分かるであろう。

 

 まだまだ、頑張っているHAARP施設もあるが、総じて穏やかである。

201105011527077d7

 本来、ニコラ・テスラは電気エネルギーの転送手段として電磁高周波は発明したとされているが、電送施設を生業とする企業家集団に却下された。それが逆に、兵器として再生されたのである。

 民生技術が、本来の民生向上に向かわず、利益欲望のために封ぜられたり、覇権の為の兵器に転用される例は、少なくない。HAARPも例に漏れない。覇権の心根がある限り、何でも兵器化されるのである。

 もう、その繰り返しは許されない。そういう事であろうか?!

 利益欲望の追求と、他を支配しようとする覇権主義が存在する限り、本当の平和と宇宙時代は到来しないのである。勿論、ETV・UFOに接近遭遇する事は無理である。

 素直に、仲良くする思いを発展させ、ノンローカリティー(自我を捨てた心)に立ち戻る必要がある。そうすれば、今にも平和が訪れ、宇宙時代が拓かれるだろう。

 人工地震、気象改変、マインドコントロールetc.の現在のHAARP施設など、不要以外の何物ではないのだ。

 

【転載開始】ディクソン島の電磁波が完全消失

Img_1024042_66522024_0

 


皆さんおはようございます。5月22日から3回にわたって、「ディクソン島電磁波施設完全無力化
無害化波動砲オペレーション」を、全18回実施してはや2カ月。今朝ふと気になって、デ島の電磁波チャートを確認してみたところ! 台風7号のときのように、またまた椅子から転げ落ちそうになりました・・・なななんと、オペレーション後ちょうど2カ月を経過した7月22日を限りに、あの禍々しい

電磁波がキレイに消えてなくなっちゃっているではありませんか!(@@)




<京大地磁気> http://wdc.kugi.kyoto-u.ac.jp/plot_realtime/quick/201307/index_20130725-j.html


<デ島波動砲オペレーション> http://blogs.yahoo.co.jp/rocket_bus_company/66396715.html




それも1日だけではなくて、本日ただいまに至るまで、丸4日にわたって全然ギザギザ電磁が出ており
ません。まさか夏休みで止まっているってこともないでしょうから、このままナッシングでいって欲しいものであります。いやぁ、波動砲ってじわじわーっと効いてくるんですね。なんせこのオペレーションの時はハマッキーに乗って現地まで行って、いろいろ仕掛けてきましたからね~ 2カ月以内に自主停止しなければ、強制終了する装置でもセットしてきたのでしょうか?(笑) このまま止まってて頂戴~(願)



これで、明日の「祝・銀河紀元元年1万人の乾杯オペレーション」にも、花が添えられたっていうわけ
ですね\(^o^)/ アラスカのHAARPのサイトもずーっとダウンしたままだし、さぁ次はどこ行こうか?

って感じですが、私たちの想念とハマッキーのコラボレーションは、向かうところ敵なしですね。明るく
平和な未来のために働くチームロケット、新隊員募集の締切りは7月末です。よろしくお願いします!!!【転載終了】

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.blog.ocn.ne.jp/t/trackback/50682/24316125

この記事へのトラックバック一覧です ガコナに続いて、ディクソン島の電磁波が完全消失 ?!

以上は「つむじ風」より

HAARPの停止も、「9.11テロ」「ロンドンテロ」「3.11テロ」等を引き起こした連中を追い詰めている一つの例と思われます。秘密裏に裏で動いているのは、米国・オバマ、ロシア・プーチン、中国・習近平の3人が協力して動いているものと思われます。やがては日本の悪党も逮捕される日が近いかも知れません。日本のアベ・カンも一味と菅違いしそうです。以上

« モルシの失脚はシリア反政府勢力にとって大きな後退 | トップページ | それでも葉巻型宇宙船(ETV)は天空に存在する! »

平成の「船中八策」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガコナに続いてデイクソン島の電磁波が完全消失?:

« モルシの失脚はシリア反政府勢力にとって大きな後退 | トップページ | それでも葉巻型宇宙船(ETV)は天空に存在する! »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ