カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 日銀は一刻も早くインフレターゲットをやめよ  3/3 | トップページ | ロシア・トウデイ:イスラエルのシリア攻撃はトルコの基地から »

2013年8月12日 (月)

ケシの実の粉「やみつきになる味」

ケシの実の粉、北京の飲食業界で調味料に 「やみつきになる味」
         

【大紀元日本6月25日】料理にケシの実の粉を混ぜれば、客はもう「やみつき」になる―。北京の飲食業界ではこんな説がまかり通っており、業者は秘密裏にこの高額な粉を手に入れている。北京の有力紙「京華時報」の記者はこのほど、市内の複数の大型市場で調査を行った。

 同紙記者は、北京市の万源吉慶野菜市場、新発地卸売市場と大洋路市場でおとり取材を行い、ケシの実の粉が大量に闇取引されていることを突き止めた。
 
 飲食業に20年以上携わった人は取材に対して、特にラーメン、鍋料理、屋台の焼肉などによくこの粉を入れていると証言した。「旨味が増すだけでなく、お客さんをやみつきにさせることができる」という。

 万源吉慶市場では、ある女性店主はポケットに隠していたケシの実の粉を取り出して、記者に売り込もうとした。「1キロ450元(約7200円)」。情報を探る記者に対して、店主は「どこの調味料屋でも売っている。『例の物はあるのか』と隠語で聞かないと店側が警戒するから相手にしてくれない」と記者に手ほどきを教えた。
 
 その後のおとり取材で、記者のアプローチに対して、多くの業者は粉を売っていることをほのめかしたという。

 
(翻訳編集・叶子)
(13/06/25 15:36) ソーシャルブックマーク:    twitterでつぶやき    はてなブックマークに追加  Yahoo!ブックマークに登録  livedoorクリップに登録  Buzzurlに登録  del.icio.usに登録 

   
■キーワード
アヘン  おとり取材  ラーメン  鍋料理  フライ料理 


■関連文章
  • 鍋料理にアヘンの原料 固定客をつかむため=南京市(13/04/13)
  • 浦賀・観音崎 夏の終わりの海へ(11/09/12)
  • 【味の話】 豚骨ラーメン(11/06/02)
  • <心の琴線> 一杯のラーメン(11/03/03)
  • 以上は「大紀元」より

    コカ・コーラの中にも同じような「やみつきになる味」の成分が入っていたようです。今ではどうか知りませんが同じようなケースは他にもありそうです。  以上

    « 日銀は一刻も早くインフレターゲットをやめよ  3/3 | トップページ | ロシア・トウデイ:イスラエルのシリア攻撃はトルコの基地から »

    健康」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く

    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック


    この記事へのトラックバック一覧です: ケシの実の粉「やみつきになる味」:

    « 日銀は一刻も早くインフレターゲットをやめよ  3/3 | トップページ | ロシア・トウデイ:イスラエルのシリア攻撃はトルコの基地から »

    2020年7月
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  

    -天気予報コム-

    ウェブページ

    無料ブログはココログ