最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 地球の上空は再び狂乱状態に | トップページ | 沖縄で高杉精神に熱烈な共感 »

2013年9月28日 (土)

モンゴロイドの歴史 ③ 1.4万~1万年前

実現論を塗り重ねてゆく
243124 モンゴロイドの歴史③ 1.4万~1万年前 スンダ・モンゴロイドの拡散
 
案内人 ( 人類史 に 光を照らす ) 10/12/30 AM03 【印刷用へ
■温暖化→スンダランドの縮小・水没
温暖化の影響で極地の氷が縮小していくにつれ、海水面が上昇し、広大な陸地であったスンダランドが1.4万年前頃から水没し始める(6000年前には完全に水没し、東南アジアの海岸線が現在の姿に)。それに伴って、この地で繁栄していたスンダ・モンゴロイドが拡散していく。

1.南アジアを通って、インド亜大陸へ。
(インド亜大陸の原モンゴロイドと混血→ドラヴィダ人に)

2.ガンジス川を遡上して、タリム盆地からモンゴル高原へ。
 【Dスンダ・モンゴロイド】

3.海岸沿いに江南地方から中国全域に移動。
(シナ・モンゴロイド×中亜モンゴロイドと混血→【原中国人】に)

4.北東の東シナ海を航海して、中国・江南地方~日本列島へ。
(江南のシナ・モンゴと混血、日本列島の中亜モンゴ×北方モンゴと混血)

5.南方のオーストラリア大陸へ。
(オーストラリア大陸に先住していたオーストラロイドと混血→アボリジニに)

6.メコン川などの大河を伝って、チベット高原からタリム盆地へ。
(1万年前にはアルタイ山脈~モンゴル高原に到達し、新モンゴロイドO3に)

■1.3万年前~1.15万年前の急激な短期寒冷化期(ヤンガー・ドリアス期)(-7℃~-8℃)
1.3万年前から急激な短期寒冷化期(ヤンガー・ドリアス期)に入る。アジア大陸内部(中央アジア)では乾燥化が進み、砂漠が拡大した。

○バイカル湖地域
急激な寒冷化の影響で、バイカル湖付近に留まっていた中亜モンゴロイドが東回りでアムール川下流域に移動していった。一部はさらに南下し、中国や朝鮮半島、日本列島にも移動したと考えられる。
この時期、シベリアは三度無人の地になった。
○Dスンダ・モンゴロイド
モンゴル高原のDスンダ・モンゴロイドが、急激な寒冷化の影響で、チベット高原(D1,D3)と日本列島(D2)に移動していく。それぞれ、チベット族、縄文人の主構成員に。
 

 以上は「るいネット」より

 

« 地球の上空は再び狂乱状態に | トップページ | 沖縄で高杉精神に熱烈な共感 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モンゴロイドの歴史 ③ 1.4万~1万年前:

« 地球の上空は再び狂乱状態に | トップページ | 沖縄で高杉精神に熱烈な共感 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ