カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 関東は放射能複合汚染、人は生息できるか | トップページ | 「アメリカ政府にはカネがない」が国際情勢のキーワードに »

2013年9月21日 (土)

政府は3.11の8日前に地震・津波を知っていた

20130724-14.jpg

2013年7月16日(火)、新宿駅西口で演説する井戸川克隆・元双葉町町長。

「2011年、津波のあった年の3月3日に、地震・津波のあることを日本政府は知ってました。 知ってたんですよ、8日前に。
地震・津波の8日前に知ってました。 

しかし、政府と東京電力と東北電力と日本原電が発表を止めてしまったのです。 こんなことって許されますか?みなさん」。

「日本政府は、3.11の直前、巨大地震・大津波が襲うことを知っていた」

これは、事実であると思います。

すでに、日刊ゲンダイ、週刊ポスト、週刊プレイボーイあたりが動いているかもしれません。ネットなら、なんといっても岩上安身氏のIWJでしょう。

まずは、虚心坦懐に一読あれ。

福島県双葉町の元町長・井戸川 克隆 さんの街頭演説 @ 新宿 (1) [ 2013.07.16 ]


この動画は、みどりの風の公認を得て、参院選に立候補した双葉町元町長・井戸川克隆氏が、7月16日、新宿駅西口で街頭演説を行ったときのものです。

3分45秒から

あのー、今日はもう一つ、とんでもないことを喋らせていただきます…。

20130724-15.jpg

2011年、津波のあった年の3月3日、3月3日に地震・津波のあることを日本政府は知ってました。
知っていたんですよ。

8日前に、地震・津波の8日前に知ってました。

しかし、それを止めたのは、政府東京電力東北電力日本原電が発表を止めてしまったのです。
こんなことって許されますか、みなさん。

国民が知らなければならないのに、この電力会社によって、電力会社の都合によって、津波・地震情報が止められたんです。

恐らく、死ななくてもいい人がいっぱいいたんじゃないでしょうか。
これは、青森から千葉県まで、津波に遭って亡くなられた方のことを思うと、無念で無念でなりません。

もちろん、8日もあれば、東京電力は、地震・津波への予防対策もできたんじゃないでしょうか。


それもしないで、津波のせいにして、原発が壊れたのは津波のせいにしてしまったことは許せないんですよ。

あの(3月)11日のときは、私たちはパニックでした。

本当に、どうしていいか分らない。
津波から避難する、原発事故から避難する、パニックの最中でしたけれども、3月3日、あの日の8日前に、地震、津波のことを分かっていた。そういうことに対して、みなさん、私たちは一方的に犠牲者にされたんです。

これは人災です。

青森から千葉県までの津波に遭った方、津波の被害を受けた方は、人災を受けたんです。

どうぞ、力をお貸しください。
みなさん、私に力を貸してください。

日本が、これ以上、嘘の社会でないように、嘘がはびこることのないように支えてください。
よろしく、お願いします。

…(中略)…

8分55秒から

…この場所で、私がこのようなことを言って、何か罪になるのでしょうか。
私を見張っている方がいるようですけれども、良心が咎めませんか。

20130724-16.jpg

私たちは丸腰です。
今あるのはマイクとスピーカーだけです。
マイクで訴えるしかできないんです。しかも、選挙期間中です。

それを、何か見張っているようですけれども、おかしいんじゃないですか。
なぜ見張るんですか、私を。

主権者は国民だと思います。
ておいて除染ばっかりやったって、除染をやる前に、福島の人たちを、とりわけ子供たちを避難させるのが人の道です。
井戸川元町長のツイッター「井戸川 かつたか (idogawakatsutak) on Twitter」(7月3日からスタート)から拾ってみましょう。(下にいくほど新しいツイート。赤枠のツイートに注目)




井戸川元町長は、このように言っています。

3.11の8日前に、政府は地震・津波のことを知っていた。

しかし、発表を止めたのは、政府東京電力東北電力日本原電だった。
日本原電とは、原子力規制委員会が「敦賀原発2号機直下に活断層がある」と科学的知見を基にして確定したのに、規制委員会に「敦賀原発を動かせ」と恫喝している「日本原子力発電株式会社」のことです。東海第二原発の運転者でもあります。
この会社は社名を変更すべきです。「日本原子力テロ株式会社」と。

さて、井戸川元町長「8日前に、政府は巨大地震が襲うことを知っていた」というのは、どういうことなのでしょう。
それはこれです。

(クリックで拡大表示)
20130724-18.jpg

ソース:「電力会社求め巨大津波警戒を修正 地震調査報告書で文科省」(共同通信 2012年2月25日)

そして、2011年3月に「巨大津波が襲う危険性」を、文部科学省の主導で「削除」されたのです。(下の新聞)
(井戸川元町長のホームページにも掲載されています)

(クリックで拡大表示)
20130724-20.jpg 

要するに、2011年3月の地震直前、文部科学省東京電力東北電力日本原子力発電3社との間で、どんなやり取りがあったのかというと、下記の時系列のとおりです。

●2011年3月前から、文部科学省内に設置された「地震調査委員会事務局」は、巨大津波の危険を指摘する報告書を作成していた。

しかし、地震の起こる8日前の2011年3月3日午前10時から正午まで、省内の会議室で原発を持つ東電、東北電力、日本原子力発電から計9人の出席を得て行われた会議で、電力会社が「危険を指摘」というのはマズイと判断して、警戒を促す表現を変えるよう求め、文部科学省内の事務局が「工夫する」と修正を受け入れてしまった。

東電、東北電力、日本原子力発電からの要望を受け入れた文部科学省は、報告書を修正したものの、3月11日の震災が起こったため公表していない。

●調査委の委員を務める研究者らも知らされておらず、「信じられない」などの声が出ている。
つまり、「地震調査委員会事務局」のメンバー全員が知っていたわけではなく、極秘裏に文部科学省と電力会社3社との間で、なかば馴れ合い的に「削除」が決められた。
巨大地震、巨大津波が近々、起こることが分かっていた」ので、文部科学省の地震調査委員会の報告書には、最初のうちは「巨大地震の警告」と記載されていたのに、「そんなことを発表されたら、原発を止めなければならなくなる」と、東京電力東北電力日本原子力発電の3社が圧力をかけて削除してしまった、ということなのです。

また、当の文部科学省のほうも、電力会社との癒着が常習化していたことを示しています。
ただし、地震調査委員会のメンバーの中には知らなかった人間もいた、らしいということ。

文部科学省は、根拠もなしに2011年4月の段階で「子供に20ミリシーベルトの被曝を強いた」のです。(会議に出た文部科学省の官僚が何も答えられない。つまり、この時点で被曝線量に関する知識がなかった)

このときの文部科学省の大臣・副大臣・大臣政務官は、以下のとおり。

■大臣
高木義明(2010年9月17日~23年9月2日)

■副大臣
鈴木寛 (2010年 9月21日~2011年9月2日)
笹木竜三(2010年 9月21日~2011年9月2日))

■政務官

林久美子(2011年1月18日~2011年9月2日)
笠浩史 (2011年1月18日~2011年9月2日)
SPEEDIのデータを公表させずに福島の子供を甲状腺ガンにしただけでなく、首都圏の住民まで被曝させた当時の文部科学副大臣の鈴木寛は、参院選敗北の理由を、「ネット選挙が解禁されたため、対応できなかった」とのたまわっている。

鈴木寛は、国民にはSPEEDI情報を隠したものの、米軍には3月14日に情報提供していたことが分かっています。
だから、「トモダチ作戦で被曝したから補償しろ」と言っている米兵たちは、結局、ハゲタカのような連中だったということです。まったく恥ずかしいアメリカ人。

ということは、文部科学省次長・渡辺格も知っていたということ。
国会事故調査委員会に呼ばれたのに、このあたりは黙秘か。
もちろん、この国が法治国家であれば、鈴木寛は極刑をまぬかれない。私も、実は一度、二度、呼吸困難になって死ぬような目にあった。

さて、「町民を強制帰還させようとしている加害者」とは?

もちろん野田佳彦内閣のときの原災害担当・細野豪志ほか。
今は、安倍晋三と、福島第一原発から海洋へ高濃度汚染水が漏出しているのにトンズラしてしまった原発災害担当の石原伸晃、細田博之らの自民党のクズ議員たち

細野豪志は、2011年5月の段階では、「福島の児童に20ミリシーベルトなど、とうてい許されることではない」と、テレビに出るたびに言っていた男。だからこそ、私はネットで閲覧者の人たちに呼びかけたのです。

ところが、その後、あれよあれよという間に変節してしまって、NHKクローズアップ現代に出演したときなどは、「浪江町民には、たくさん被曝していただいたと言い出す始末。

さらに、今回の参院選では、党の方針で、急遽、反原発の大河原雅子候補の公認を取り消し、SPEEDI情報隠しの鈴木寛に一本化したのです。

菅直人が、それでも「原発に限っての演説」と言いながら、大河原候補を応援したため、細野自身が8月末で幹事長を辞任するに当たって「反党行為を重ねた菅直人元首相も処分してほしい」と、安愚楽牧場スキャンダルの渦中の男、海江田万里代表に泣きついたとか。

これでは、参院選に敗北したのは、菅直人のせいだといわんばかり。細野豪志の世渡りの上手さ、冷酷さには右に出る者がいないでしょう。



菅直人は、「海水注入を中止させたのは菅直人だ。総理を辞めるべきだ」と自身のフェイスブックと公式ホームページに書いた安倍晋三に、何度も訂正を申し出たにも関わらず、安倍が無視し続け、一向に訂正しないため、自分と民主党に対する選挙前のネガティブ・キャンペーンだと、法的手段に出たのです。

安倍晋三は、7月24日の現在でも訂正していません。

これは、もちろん、安倍の大嘘、デマです。まったく、どうしようもない男です。

「海水注入を一時、ストップしろ」と言ったのは、官邸に東電から詰めていた武黒フェローであることは、国会事故調査委員会の聴き取り調査で明確に判明していることです。
安倍は、東電筋から菅潰しのために、この情報を入手したのです。

なぜ、細野豪志は、幹事長辞任と同時に、菅直人を道連れにしようとしているのでしょう?
幹事長であるなら、参院選の前に安倍晋三に対して、「わが民主党に対して、根も葉もないことを書きたてて有権者に悪印象を植え付けるのを止めて欲しい」と抗議すべきなのです。

それから比べたら、菅直人の大河原雅子候補の応援演説など、取るに足らないことでしょうに。

不思議な男、細野豪志…  そうでしょう、そうでしょうよ、安倍晋三に恩を売っておいて自民党に鞍替え予定ですか。
さすが、政界一の世渡り上手!

マスコミのインタビューに答えて、大震災のときに官邸の模様を告白している菅直人こそが、野心家の細野にとっての最大の悩みのタネだからです。官邸で自分が何をやったか、いつ菅直人に暴露されるか分かったものではないからです。

つまり、3.11の記憶を菅直人と共に消し去ってしまおうというのが細野の本音。
しかし、何をやっても簡単に見抜かれてしまうでしょう。愚かな男です。

「地震予知、政府も一応は信じたんだ」

さて、再び、井戸川元町長の
「日本政府は、3.11の地震・津波の8日前に知ってました。 
しかし、政府と東京電力と東北電力と日本原連が発表を止めてしまったのです」

という話に戻りましょう。

文部科学省内に設置された「地震調査委員会事務局」が書いた地震調査報告書には、2011年3月3日の時点では「巨大地震と津波が東北を襲う危険がある」旨の文言があったのです。

しかしなぜ、これほど断定的な報告書が作成されたのかが謎なのです。

日本の地震研究家は、兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)を予知できなかったことを踏まえて、予知はあきらめ、確率評価に切り替えたのです。「30年以内に地震が起きる確率は50%」というように。
それなのに何故なのか。

さくさく調べてみると……これか?


テーマ:ブログ

一応は信じたんだ
今、ニュースでやってたけど、昨年、核爆発と言う形と、岩手県に大地震。

そして、今年、最終宣告で2月23日、民主党の岡田さんに予言出した事。

本名版に出しましたが、一応信じて報告書はまとめてたんだね。

でも、学者達はそれ止まり。

ハイチ的中させた予言者が、岩手県に大地震来るよ、数万人亡くなるよと言たのに、確率低いから、1000年に一度だから、

ありませんで終わらせたんだ。

予言が外れたとしても、防災対策なんでやらなかった?

地方自治体に情報を流していれば、みんな生きていたんだよ。
鳩山政権時代、民主党はHAARPの動きを監視していたくらいですから、岡田克也が、これを聞いて地震調査委員会を設置したとしても不思議ではないのです。

つまりは、地震予知の世界にも「御用学者」がいて、「安全神話」にどっぷり浸かっていたということです。
文部科学省の官僚たちも、原子力マフィアに完全に篭絡されているということでもあるわけです。

一貫して書いてきたことですが、すべてが無知から来る人災です。

さあ、週刊誌、タブロイド紙の諸君は、どうしますか。

井戸川元双葉町町長のサイト

・井戸川かつたかホームページ

応援のメールを送りたい方は、(画像です)
・後援会FBページ
・ツイッター
以上は「kaleidoscope」より
この当時の内閣は菅内閣でした。「3.11テロ」発生の2日前に首相官邸の菅総理に直接電話して、3月11日の出来事について確認した方が小生の知人にいます。知人によれば「3.11テロ」は菅内閣の確信犯であると言っていました。井戸川氏の8日前に知っていたとのことは事実だと思われます。したがって、「9.11テロ」と同じく「3.11テロ」は特の権力者による権力犯罪だと言えるのです。だから「3.11テロ」を検察は捜査しないのです。ぐるみの犯罪だからです。日本も米国と同じく酷い国になったものです。                       以上 
 

 

     

 

« 関東は放射能複合汚染、人は生息できるか | トップページ | 「アメリカ政府にはカネがない」が国際情勢のキーワードに »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政府は3.11の8日前に地震・津波を知っていた:

« 関東は放射能複合汚染、人は生息できるか | トップページ | 「アメリカ政府にはカネがない」が国際情勢のキーワードに »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ