最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 厚労省”特養”入居基準「要介護3以上」案を提示 | トップページ | 銀河系外の宇宙から10秒周期に発信されている電波の探査始まる »

2013年9月20日 (金)

縄文・弥生の歴史の常識の嘘 6・・・倭国解明~新羅との国交の歴史

日本人の起源(縄文・弥生・大和)
277800 倭国解明~新羅との国交の歴史~
 
彗星 ( 中年 ) 13/06/18 AM00 【印刷用へ

『古代天皇家と日本正史(著:中丸薫)』の「第6章 ついに倭国の謎を解明する時が来た!」よりご紹介します。
著者曰く、「邪馬台国が新羅と深く関連していた事実も、なぜか日本の史家によって無視され続けている。」という。これは、なぜか?という疑問から倭国を解明してゆくとのこと。確かに、シルラ(新羅)との遣使は、ぺクチェ(百済)や唐・隋との遣使ほど、教科書には、クローズアップされていない。日本は、新羅の骨品制や花郎(ファラン)などの影響を受けている可能性も否めないがご紹介します。
-------------------------------転載
■邪馬台国と新羅の密な関係は、故意に隠されている
 邪馬台国を論じる際、中国との関係ばかりがクローズアップされがちだが、卑弥呼が通交したのは中国だけではなかった。『新羅本紀(しらぎほんぎ)』に倭の女王・卑弥呼が使者を遣わしたとあるように、新羅や魏に遣使している。
 卑弥呼が266年に、西晋(せいしん)に使いを送った後、邪馬台国は中国の史書から姿を消す。しかし、だからといって、邪馬台国自体が消滅したわけではない。4世紀の日本や半島に関する記録が中国に乏しい理由は、中国を支配した騎馬民族が、本来の中国人ほど熱心に記録を取らなかったためである。
 ところで、古代の半島や列島においては、漢字は「意味」の媒体としてではなく、「音」の媒体として利用されることが多かった。その例が新羅の郷歌(ヒヤング)であり、日本の『万草集』であり、『日本書紀』にちりばめられた謡歌(わざうた)である。これらの詩を漢字の意味から解釈しようとしても、意味をなさない。そして新羅のあった半島東南部の方言で母音が変化する傾向を考慮すれば、ヤマトもヤマタイも同源だとするのが妥当だろう。
 ところが、その邪馬台国が新羅と深く関連していた事実も、なぜか日本の史家によって無視され続けている。
 「大和(やまと)」と「邪馬台(やまたい)」は漢字こそ異なれ、似たような音であること、「やまと」と読ませる「大和」の漢字は、7世紀の新羅・真徳女王の年号から取った当て字であることなど、新羅と探く関連している以上、邪馬台国の場所は九州や大和地方ではなく、歴史的に新羅の影響が強かった地域ということになる。さらに海岸近くであるならば、大きな候補があるが、これは後の章で言及する。
 そもそも、邪馬台国の位置を傍証するとされるいわゆる『貌志倭人伝』自体、誤りがある。あたかも1人の旅行者が実際に見聞したかのような書きき方がされているが、実際は異なる時代に旅をした何人もの記録や伝聞をまとめたもので、旧聞も伝えているため、時間的に400年もの幅がある。しかも、距離を日数に換算していることから見て、最終的な編者は実際には邪馬台国へは行っていないのである。
 中国の半島経由の使節は、「狗邪韓国」つまり金海あたりから対馬に渡り、壱岐、そして九州に渡った。しかし、当時の中国人は列島が九州から南にたれ下がっていると考えていたために、3世紀の魏の使節が「東行」したと書くべきところを「南行」と誤記してしまった。こうしたことが混迷を招いているのである。
 なお、邪馬台国が温暖であるかのような印象を与える記述は、それ以前に南西諸島に旅行した中国人の記録と混同されているためである。
-------------------------------2に続く

以上は「るいネット」より

« 厚労省”特養”入居基準「要介護3以上」案を提示 | トップページ | 銀河系外の宇宙から10秒周期に発信されている電波の探査始まる »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 厚労省”特養”入居基準「要介護3以上」案を提示 | トップページ | 銀河系外の宇宙から10秒周期に発信されている電波の探査始まる »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ