カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« セシウム検出、コメ出荷弾力運用、13年度産、安倍政権 | トップページ | 「消費税先送りはない」安倍首相が名言、オフレコ懇談の中身 »

2013年9月19日 (木)

巨大なウイルスが発見され、他の惑星から来た可能性も

2013年07月21日


地球上の生命と遺伝子コードが大きく違う巨大なウイルスが発見され、研究者たちは他の惑星から来た可能性を考える

昨日、海外メディアの各紙で下のような報道が見られました。


virus-giant.jpg


非常に巨大なウイルスが発見されたというもので、これは一般的な地球のウイルスの 10倍の大きさがあり、サイズだけではなく、「遺伝子コード」も、地球で知られている生物とはずいぶんと違うもののようです。

実際にどんなものなのかは、研究が進まないとわからないですが、これほど大きなウイルスが最近になって見つかったということは、最近になり、天体からさまざまな生命が「降っている」という可能性もありそうです。

このあたりについては、 In Deep のパンスペルミアという部分でたまに記事にすることがあります。


その巨大ウイルスの記事をご紹介いたします。





Never-before-seen GIANT virus found that's so unusual it may have come from Mars
Daily Mail (英国) 2013.07.19


これまで見られたことのなかった巨大なサイズのウイルスが発見される。この普通ではないサイズのウイルスは火星からやって来たのかもしれない


科学者たちは、これまで地球上で見られた中で最大であると考えられる新種のウイルスを発見した。

このパンドラウイルス( Pandoravirus )と呼ばれるウイルスは、地球上の他のウイルスの最大 10倍の大きさがある。さらには、その遺伝子の中の6パーセントしか地球上で見られるものと似ていないという特徴がある。

調査をしているフランスの研究者たちは、このウイルスが古代に地球にやってきたものか、あるいは火星などの他の惑星から来たものかもしれないと確信している。

この巨大なウイルスは、水中でだけで発見されており、ヒトに深刻なリスクをもたらすとは考えられていない。

しかし、研究結果を科学誌サイエンスに発表した科学者たちは、このウイルスが地球上の生命の歴史についての新しい答えを与えてくれるかもしれないと確信している。

ウイルスを発見したフランスのエクスマルセイユ大学のジャン=ミシェル・クラヴェリー博士は、「我々は、これらの新しいパンドラウイルスは、もはや地上に存在していないタイプの地球の祖先型のものが浮上してきたと考えています」とメディアに語った。

地球の一般的なウイルスの大きさは、約 10ナノメートル(nm)から500ナノメートルの範囲のサイズだ。しかし、このパンドラウイルスの大きさは1000ナノメートルある。

この大きさは、最も基本的な顕微鏡の下でも見ることができる大きさだ。

彼のチームは海水中にそれらの兆候を確認し調査した後、巨大なウイルスの採取をおこなった。

チリの海岸や、オーストラリアでは池の堆積物からも採取をおこなった。

実験室に送られたサンプルから、その巨大ウイルスの遺伝子コードのサイズがこれまでに見つかった中で最大の大きさである 440ナノメートルのサイズのメガウイルス( Megavirus )の二倍であることがわかった。


megavirus-01.jpg

▲ これまで地球上で見つかった中で最大のサイズだったメガウイルス( Megavirus )。大きさは440ナノメートル。


さらに研究者たちがショックを受けたのは、パンドラウイルスの遺伝子の中で、地球上の多くの他の生物の遺伝子と同じものが6パーセントしかなかったことだ。

このことで、クラヴェリー博士はこのパンドラウイルスが現在は存在しない祖先型のウイルスか、あるいは火星など他の惑星から来たものであると考えるようになった。

細胞の形状をしているものがウイルスになった理由はいまだにわかっていないが、生存のための進化である可能性を考えているという。





以上は「地球の記録」より
いずれにせよ現在の地球上にいる生命は宇宙より来たといわれていますので、たとえ宇宙から来たとしてもそれほど驚くことではないように思われます。ルーツが解明されることでも有益です。                                   以上 

« セシウム検出、コメ出荷弾力運用、13年度産、安倍政権 | トップページ | 「消費税先送りはない」安倍首相が名言、オフレコ懇談の中身 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巨大なウイルスが発見され、他の惑星から来た可能性も:

« セシウム検出、コメ出荷弾力運用、13年度産、安倍政権 | トップページ | 「消費税先送りはない」安倍首相が名言、オフレコ懇談の中身 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ