カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 宏池会の真髄はリベラル | トップページ | この夏すでに聞こえていた小氷河期の足音 »

2013年9月 4日 (水)

窮地に追い込まれ始めた金融大手

      bankame.jpg

米当局、8.5億ドルのMBS販売めぐりバンカメを民事提訴(8.7)

米司法省と証券取引委員会(SEC)は6日、8億5000万ドルの住宅ローン担保証券
(MBS)の販売をめぐり、バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)をノースカロライナ州の連邦
地裁に民事提訴したことを明らかにした。問題のMBSは、世界的な金融危機の初期
に当たる2008年1月ごろに組成された証券。

訴えでは、バンカメが「BOAMS 2008─A」と呼ばれるMBSの裏付け資産について、
投資家の誤解を招く説明をしたほか、重要な事実を開示しなかったとしている。
また、裏付け資産の多くがバンカメの引受基準を実質的に満たしていなかったとした。

バークレイズなど、証拠隠せば訴追も-新たな調査で抵抗できず
  (8.7)

英銀バークレイズとロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)、スイス
のUBSは、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の不正操作を認め、合計で25億ドル
(約2430億円)の制裁金を支払うことで当局と和解した。金利デリバティブ(金融派生
商品)指標の操作をめぐる新たな調査が行われる中で、これらの銀行は当局に情報
提供せざるを得ない状況に追い込まれている。(抜粋)

JPモルガン:当局の刑事捜査の対象に-MBS販売めぐり(8.7)

     JP-03.jpg

米銀最大手のJPモルガン・チェース は、同行が2005-07年に行った住宅ローン
担保証券(MBS)の販売に関連した慣行について連邦当局の刑事捜査を受けて
いることを明らかにした。米司法省は既に、この慣行は民法に違反したとの暫定
調査結果を同行に伝えたという。(抜粋)

イービックスを米連邦当局が調査、資金洗浄疑惑で(8.7)

米連邦当局は保険業界向けソフトウエアメーカー、イービックス がマネーロンダリング
(資金洗浄)に関与したかどうかを判断するため、国境をまたぐ同社の金融取引を調査
している。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。全世界にわたるイービックスの電子
送金が調査の焦点となっている。(抜粋)

UBS、5000万ドル支払いで米SECと和解-CDOめぐり(8.6)

スイスの銀行最大手UBS は、証券部門が金融商品の担保を確保しておきながら、
顧客から受け取った数百万ドルの前払い金を不適切に留保したと米証券取引委員会
(SEC)から指摘された問題について、約5000万ドル(約49億円)を支払うことで和解
した。(抜粋)

------------------------------------------------------------------

「怪しいHSBCの動き」に関連した動きになるかと思いますが、金融大手が相次いで
米司法省、米証券取引委員会などから調査、訴追、制裁金支払いなどの措置がされ
はじめました。マネーロンダリング、LIBOR、金融派生商品に関することです。
バンカメ、UBS、バークレイズ、JPモルガン、イービックス・・。

これはどう考えても異常でしょうね~。こういった流れがあるから、世界中でテロ行為が
起きると警告されているんですね。このところのNY市場の株価反落も、この動きが背景
にあるでしょうし、「FRBの金融緩和縮小が早まる」という見方が消えないことにも関連し
てくるわけです。

経常黒字5半期ぶり増加 1~6月、投資収益けん引 (8.8)

海外投資からの収益を示す所得収支は円安進行があり、引き続き黒字を確保したので、
経常収支全体としては黒字を維持しました。 ただ、貿易収支は4兆2382億円の赤字と
比較可能な1985年上半期以降、最大の赤字となりました。輸入が12%増、輸出が6.7
%増ということで赤字が続いたものです。今後円高に振れてくれば、所得収支も期待で
きなくなります。貿易収支と経常収支の双子の赤字の影響はいずれやって来るのでは
ないでしょうか。

教えてください

HTMLに詳しい方にお聞きしたいのですが、ブログ本文のフォントサイズを変えることは
出来たのですが、この公式テンプレートではエントリー記事の固定リンクがありません。
この記事だと、「窮地に追い込まれ始めた金融王手」の青字部分です。どうやったら
良いのでしょうか?スタイルシートの以下の部分に手を加えるのではと思うのですが?
宜しくお願いいたします。m(__)m

mainEntryTitleText
{
color: #0000ff;
font-size: 17px;
font-weight: bold;
text-align: center;
margin: 0;
padding: 17px 20px 0 }



関連記事
FC2 Management 以上は「MUのブログ」より
何れ大規模な金融機関の清算が起きることになるでしょう。それが何時かの問題だけです。                                        以上

« 宏池会の真髄はリベラル | トップページ | この夏すでに聞こえていた小氷河期の足音 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 窮地に追い込まれ始めた金融大手:

« 宏池会の真髄はリベラル | トップページ | この夏すでに聞こえていた小氷河期の足音 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ